FC2ブログ

ソロモンの指輪。

2008年10月29日
あーなるほど!
いつも読ませていただいているヅカブログさんの、
『ソロモンの指輪』感想を読んで、納得。

このショーのいびつな感じだったり、
訳がわからない感じは、
ひろみの青年と、ラギのルンペン。
二人の存在が途中で消えちゃう所からくるのかもしれない。

消えるのは、水夏希の存在を前に出さなきゃいけなくなるから??

ジャングルまでは、この二人と一緒に、
観客の私も迷えるんだけど、その後がない。
ミズの場面になって、繋がらなくなる。
だから、おかしな形で訳がわからなくなる。
んや、白い風として繋がるのかもしれないけど、その辺りはよくわからない。

番手的に、ひろみの所にテルを持ってくることも可能だよね?
(だとすると、ルンペンが緒月なんだけど、デカイなぁ。見た目も存在感も笑えるほどにw)
でも、私がひろみとテル、どちらをこのショーの「青年」役として、使うか?
って選択を迫られても、彩那音を選ぶわ。

ひろみの方が、繊細に傷ついていきそうな空気感があるし、
迷っていく、堕ちていく、翻弄される存在として、合う気がするもん。
ちょっと儚げな感じを持ち合わせてる人というか。

そもそも翻弄される青年として、水夏希を配役することだって可能で、
そうすれば真ん中に一本筋が通るのに、それもしないんだー。

ジャングルの後、
ラギとシナちゃんが手を繋いで走っていくのを追う青年。
その時にすれ違う、淑女。
青年はその美しさに心奪われるけれど、
決してその女は青年に心を開かない。
また奥深く迷う。
独りで、迷う。
美しさにとりつかれた彼の周りからは、誰もいなくなってしまうのかも。

怖いなぁ・・・
Comment

管理者のみに表示