FC2ブログ

10/17 シャープさんフラットさん ブラックチーム

2008年10月18日
hanon

2008年10月17日『シャープさんフラットさん』@本多劇場

作・演出
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演
【ホワイトチーム】
三宅弘城 松永玲子 村岡希美 廣川三憲 新谷真弓 安澤千草
藤田秀世 吉増裕士 皆戸麻衣 杉山薫 眼鏡太郎 大倉孝二
佐藤江梨子 清水宏 六角慎司 河原雅彦

【ブラックチーム】
大倉孝二 犬山イヌコ みのすけ 峯村リエ 長田奈麻 植木夏十
喜安浩平 大山鎬則 廻飛雄 柚木幹斗 三宅弘城
小池栄子 坂井真紀 住田隆 マギー


今度はブラックチームを観劇。

最初のインコのくだりとか、
結末だとか、ちょいちょいホワイトと、ブラックでは違いが。

最初にホワイトを見たせいなのか、
ホワイトの方が、まとまりは感じたかもしれない。
役者的にどちらかというと華があるのは、ブラックのような気がするんだけど、
でもホワイトの方が、上手く噛みあっていたというか。

個人的に、イヌちゃんの煙母・春奈よりも、
村岡さんの煙母・春奈の方がキャラとして好みだったり・・・
なんだか色々なんだよな。
このキャラはこっちの人の方が良いけど、
でもこの人との絡みを考えると、この人の方が・・・
っていうのが、全てに!

でもまぁ、そこがまたほとんど同じ脚本なのに、
演じる人でここまで色が変わるんだよ。っていう、
この企画の意図、面白さなのかもしれないけどね。

客演の人がダメだったとか、そういう訳じゃないけれど、
全員ナイロンの役者さんで見てみたかったな。とは思った。
やっぱり、ナイロンにはナイロン独特のズレっぷりがあるんだと思う。
それこそ、半音ずれた人たちの集まり、というか。
ズレているのに、不思議と噛みあってしまう所が、面白いんじゃん。

両バージョン見て印象に残ったのが、ナイロンの人が多い。

ただ、坂井真紀だとか、小池栄子、河原リーダー・・・もとい抹茶、マギー・・・
客演陣も好演なんだよなー。

ホワイト見てから、ブラックを見て、
で、大倉君の器用さ、上手さに、小池栄子のやっぱり器用さに、感心した。
真面目なキャラの大倉孝二って、最近見てなかったのかな?
覚えがない、というか、役イメージがいつも、頭のネジ4、5本抜けちゃってる人。
って感じだったから、三宅っちに遜色なく、
煙を演じることができるその力量に改めて驚いた。
三宅っちよりもシャープで、キレた印象のある煙。

小池栄子はやっぱり頭の良い人だと思った。
自分に求められる事をキチっと嗅ぎ取って、ちゃんとそれをやれる人。
バラエティとか見てても、その印象強いんだ。
だから、割と好きで。
女優っていう演じる作業の中でも、例に漏れず、ちゃんとこなす。
思っていた以上に美果だった。

掃除のおばちゃんや、サニー関口。
これは三宅っち不利だと、つくづく思ったわ~
勝てないよ、こういうのやらせちゃ、大倉君には。
スヌーピーがビーグル犬とか、どうでもいいねんw
頭のネジがしっかり締まってるところが、
大倉君にはない、三宅弘城の良い所なんじゃないでしょうか。
でもまぁ、ホワイトの大倉君には笑った。
無駄にデカイし。

純粋に比較をしてみたかったので、
ラストとか、変えなくても良かったのでは?
なんてことも思ったよね。
全く一緒で、だけど演じる役者によって、どこまで色が変化するか。

んーどうなんだろう。
正直、そこまで深く楽しめた訳ではないので、
そんな私が言うことでもないのか。
Comment

管理者のみに表示