FC2ブログ

10/16 ソロモンの指輪/マリポーサの花

2008年10月17日
もしもサンバ きっとルンバ
2008年10月16日『ソロモンの指輪/マリポーサの花』@東京宝塚劇場 18:30

作・演出・出演者→こちら

8月30日→1回目・2回目
8月31日→3回目・4回目
10月10日→5回目
10月12日→6回目
10月14日→7回目


あぁ、ムラから通算8回目にして、
やっとウィンク見れた。
『ミロワール』の時も、11回見て、
1回ぐらいしかウィンクした瞬間を目撃してない気がする。
そんな人なのか、キタロウさんは。
まぁ、その適度なレア感がいいっちゃ、いい。
ってことでオヅキさん、フィナーレの男役群舞の終わりでウィンクしてました。
もうウィンク見れただけで、結構満足しちゃったよ、私w

今日はオペラなしでも、大体表情が分かる席・・・
というか、東宝初1階席だったんですが、また見え方が違って面白かった~!
『ソロモンの指輪』はホント、全然違う。

全体見れれば良かったんだけど、上手だったから、
ここぞとばかりに、ジャングルのミドリマン緒月に魅入ってしまい、
シナキリンの登場すら曖昧な、ヒドイ状態。
延長線上は、目線もらってるみたいな感覚になれるから楽しい。
他の場面も同じく。
近くで見れたら見れたで、贔屓をひたすら追いたくなる。

でも、海の場面は緒月さん出ておりません。
で、気づいた。
ワタシ、ゆめみ姉さんが好きだ。
ゆめみ姉さんのダンス見てると元気出る!
周りまで元気に、明るくするオーラを持った人。
でも明るく元気に!だけじゃなく、美しさを求められる場面では、
踊りも含め本当に綺麗だし、それでいて男前な雰囲気も好みだ~
ショーでも芝居でも、一度はゆめみ姉さんを探す。

フィナーレの娘役ダンスは、ホントひめが凄いよなぁ。
濃い、濃い。
口の動きまで見てると、「あぁこの気合入った掛け声はやっぱりひめか。」とw
毎回必ずウィンクしてるんじゃないかな?
バリバリ濃い、個性的な娘役さんも好き。

ちょっとづつではあるけれど、雪娘も判別できるようになってきてるので、
引き続き、チェック続けます。

ショーはとにかく全てが見どころと言っても、過言じゃないぐらいなんだけど、
今日気になったのは、海の女が出てくる前の、
水しぇんとテル天使の、微妙な絡みかな。
テルの天使は上から、すごく切なそうにミズのことを眺めてる。
「救ってあげたい。でも・・・」みたいな、そんな。
ミズも存在に気づいて、救いを一瞬求めるけど、でも叶わない。

指輪の精の行方を、ただ見つめる天使。

ここからだけでも、色々物語が広がっていきそうだ。

本当はもっと見ていたいんだけど、
30分という短さと、その中に込められた世界の濃さに、
なんとなくだけど、慣れてきたような気もする。
ショーが好きだから長いに越したことはないけれど、
でもラインダンスがあるソロモンも嫌だし、これはこれで大好き。

まぁ、隣に座ってた人とかの反応は、
「・・・え?これで終わりなの・・・?(苦笑)」
って感じが多い。嫌でも耳に入ってくるw

最近、マリポーサを見終わった後、もう一度ソロモンが見たくなる。
実際無理な話なんだけど、
もしマリポサの後、ショーがあっても絶対テンション高く見れる気がするんだよね。
疲れて、眠くなったりもしないと思う。

マリポサは今日、未沙さんに泣かされちゃいました。
イスマヨールって、良いお父さん!
もし自分の息子が反政府運動に加担してるようだったら、
「首根っこをひっ掴まえて引きずり回してやるところだ。」
なんて言っているんだけど、
拷問され入院し、謝るリナレスを見て自然に、
「いいんだ、無事なら」
という言葉が出てくる、その普通さ。暖かさ。

息子のしたことを咎める訳でもない。
ただ無事でいてくれたことに感謝していて、
だけど、息子の様子に気がつくことができなかった、
父親としての自分を恥じている。愚かな父親だと。
やっぱり、気持ちの流れが、自然だし、普通なんだ。

なかなか宝塚でそういう風に感じられることってないから、嬉しい。

あとはやっぱりエスコバル。
「俺は生きて何を この世界の何を 変えることがあるだろう」
と歌っているけど、
ネロにとって、エスコバルの存在がどれだけ大きかったか、これは計り知れない。
エスコバルにとってネロの存在が大きかったのは、わかる。
でもネロにとってもエスコバルの存在は大きかったから。
だからあんなに駄々をこねるだよ、ネロは。
ネロと関わることだけが、エスコバルの全てだったんだよなぁ・・・
ネロに必要とされた、たった一人の親友、ってだけでも自信を持て、エスコバル!

ネロもエスコバルも、軍にいた時に、人を殺している。
他人の命を奪っている。
これがどれだけ二人の肩に重く圧し掛かっているか。
責任とか、償いとか、そんなんじゃなく、「命」そのものを背負っているから、
逃げるわけにはいかないんだよね。

あー何度見ても良い芝居。
飽きは来るけど、でもやっぱり良いもん。
戦場はテンション上がるし。

あ、そうだ、コマに他意があるわけじゃないんだけど(あれコマだよね?)、
最後の兵隊達に退却の命令を出すの、ラギじゃダメだったのかなー。
ラギにやって欲しかった、個人的には。
センター向かって右がコマちゃんで、左がラギだよね?

戦場の場面で、ネロがロジャーに向って、
ニヤって笑みを浮かべる所とか、大好き。
その後のテルの「チャモローー!!!!(激走)」も良いよ。
テルは成長したんじゃないかなぁ、本当に。
リナレスを掴まえに来たときの表情とか、冷え冷えとしていて、たまらないですよ。

あとですね、やっぱり1階上手から見ると、
ラストのイメージのダンスで、テルキタが本当に素晴らしい角度でオペラに収まります。
(・・・って下手から見ても、いい感じだったりして。下手から見たことないわー)
とりあえずテルキタ好きにとっては、たまらない!

2階からとかだと、オヅキだけしか見れない所を、
テルキタ、二人同時に見ることができる。しかも同じ振りで踊ってるところを。
イメージのダンスは役柄とは離れているので、
かなめちゃん、もの凄い優しい笑顔で、娘役さんと踊ってます。(ゆめみ姉さんかな?)
オヅキから離れて、ちょっとその笑顔にときめいたわ。
Comment
はじめまして。雪組とテルキタさんが好きです。ムラで14回見たけれど1回も眠くならなかったくらいこのお芝居好きです。ちなみにキタさんのウインク(^_-)はフィナーレのお辞儀の時1回だけ貰いました~!ところで退却の合図はひろみちゃんだと思うのですが。違ってたらごめんなさい(__)
柊巴さんです!!
★ayaさん・韓国のりさん★
ちゃんと確認できていないのに、曖昧なまま記事にしてしまってスミマセン!
退却の合図・・・

ayaさんは、ひろみちゃんだと。
そして、韓国のりさんは、ラギちゃんだと・・・
で、私に至っては、コマちゃんだと。

まだまだ観に行く機会があるので、しっかり確認してまいります。
個人的には、やっぱりラギだと良いなぁ、と思いつつ。

管理者のみに表示