FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/8 シャープさんフラットさん ホワイトチーム

2008年10月09日
hanon

2008年10月8日『シャープさんフラットさん』@本多劇場

作・演出
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演
【ホワイトチーム】
三宅弘城 松永玲子 村岡希美 廣川三憲 新谷真弓 安澤千草
藤田秀世 吉増裕士 皆戸麻衣 杉山薫 眼鏡太郎 大倉孝二
佐藤江梨子 清水宏 六角慎司 河原雅彦

【ブラックチーム】
大倉孝二 犬山イヌコ みのすけ 峯村リエ 長田奈麻 植木夏十
喜安浩平 大山鎬則 廻飛雄 柚木幹斗 三宅弘城
小池栄子 坂井真紀 住田隆 マギー


今日は、ホワイトチーム観劇。
私、今までどのくらいケラさんの作品、見たんだろうか。

『砂の上の植物群』
『ヤング・マーブル・ジャイアンツ』
『トーキョーあたり』
『労働者M』
『カラフルメリィでオハヨ』
『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』
『噂の男』
『漂う電球』
『ナイス・エイジ』
『禿禿祭』
『犬は鎖に繋ぐべからず』
『狐狸狐狸ばなし』
『犯さん哉』
『わが闇』
『どん底』

こんなもんか~
多いような少ないような。
演劇を見出したのがここ2、3年のことだから、こんなもんか。
なんだか、初期のケラさんを全く知らないからあれだけど、
成熟期のケラさんの作品に出会えてるような気がするな。
『ヴァージニア~』から、『犬は鎖に~』、『わが闇』、『どん底』。
この辺りの流れは凄まじいモノがあったから。
色は違うのに、傑作に次ぐ傑作。
しかも途中に『犯さん哉』とか挟んでる所が、凄まじいw

なんで、ケラさんの舞台は、見たいって思うんだろう。
えっと、初めてケラさんを知ったのは、『カメレオンズ・リップ』。

カメリプ見て衝撃を受けたのは、笑いまでの持って行き方だったかも。
こんな笑ったことはない!ってくらい、笑った気がする。
こんな笑ったことはない!っていうか、
こんな風に笑ったことはない!の方が、感覚近いかな。

笑いの作り方が、TV的じゃなくて、
もっともっと乾いてて、皮肉ってて、突拍子もないのに、本人大真面目。
みたいな、その真面目にズレてる人や言葉に惹かれたんだと思う。
そのズレ方の方が、私のツボには合ったんだよ。
だから、好きだ。と思ってからずっと、ほぼ欠かさず観に行くようになった。
毎回毎回、期待を大きく裏切らず、面白いものが見れる。

今回はどーだろー。
真剣に持っていくにしては、長いよね。
ホント、どんなに面白くても2時間半は無理!
尻が言うことを聞かなくなります。
イタイから、ね。

でも正直、ゲラゲラ笑ってりゃ、2時間半もあっと言う間に過ぎちゃうと思うんだ。
言ってること矛盾してるけど、でも早く感じる。

割とシビアな部分が多くて、
その内容は面白いんだけど、
中だるみしているように感じられる場面もあって、
ちょっと引き込まれる感には欠けた。

そういえば、ケラさんの半自伝的作品だって、言ってたよな~
と、見始めて割とすぐ思い出して、ちょっとそんな目でこの作品を見たりもした。
母酒浸りで、外に男作る。とか、
ひねくれざるを得ない状況の対極に、こんな無意味な笑いの世界があったのかな。
最初のインコのくだりとか、まさにですよね。
あの映画?も凄かった。
命がけのくだらない笑い。
半自伝なので、これが全てケラさん自身の話だとは思わないけれど、
でも『あ、もしかして、こうだったから、あぁなったのね。』ぐらいには思っておきたい。

何を面白いと思うかなんて、人それぞれの感覚の違い。
たまたま多くの人の共感を得られれば、登りつめるのも早いし、
だけど、共感が得られなかったら、本当に訳わかんなくなっちゃうし、
作家さんって、えらい大変だな。
こんな不安定さを抱えながら、自分貫いて、何かを生み出してるのか~

三宅っちの煙と、大倉君の煙を見比べるのが楽しみだ。

サトエリは良くも目立たないし、悪くも目立たない。
スタイルの良さでは目を引くけど、空気としては、なぜそこにいるのやら。
ここを小池栄子が演じるとなると、
天然だったぼけぼけが、結構計算っぽく見えるかもな。
頭良いと思うんだ、小池栄子って。嫌いじゃない。

と思ったら、サトエリの役は、小池ちゃんじゃない!
酒井真紀だ!
で、美果が小池栄子なの!?へぇ~!!面白そうっ!
配役だけでも全然空気が変わるぞ。
あ、絶対、両方見たほうが面白いに決まってる。

大倉君と峯村さんで、あの世間一般から半音ズレた笑いを繰り広げるんだよね。
「カフカって素敵ね。カとカの間に「ふ」♪」
みたいな、アレを。
ひゃー、それだけでもたまらんわ。

笑いの面でも、見えてくるドラマの面でも、
全ての事が違って見えてきそうだ。

なんだか、改めて楽しみになってきましたです。
長くて尻は辛かったけど、とりあえずブラックも楽しみにしとくっす。
話自体は好きだから。長いけど。
覚悟してても長いから、長いんだよ、やっぱり。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。