FC2ブログ

8/15 ガラスの仮面

2008年08月16日
2008年8月15日『ガラスの仮面』@彩の国さいたま芸術劇場

劇場に着くまでに、暑くて死ぬかと思ったわ。
またここ2、3日ダラダラ生活を送っているので体力低下中。
はよ就活せい。

ってことで、死ぬ思いで向かったさいたま芸術劇場で、『ガラスの仮面』見てきました。

ほぉー普通に面白かったわ~。
なんか全ての人に優しい音楽劇で。
トゲトゲしてない。まぁるい。
別にこれ蜷川さんがやらなくても。って思うけど、
別にこれを蜷川さんがやっても良い訳で。
まぁ、私は蜷川幸雄にまぁるさって求めてないけど。

主演の大和田美帆ちゃんは、ニイロ氏がブログで、
「七光なんかじゃない!彼女の実力だ!」
って声を大にして言っていたけれど、うん、納得。
でも芝居がかった芝居するなぁ。
マヤだからあぁなのかもしれないけど、ちょっと古いタイプの演技派というか、
彼女の演技は懐かしい匂いがする。
発声も良いし、それなりに魅力的なんだけど、
やっぱりその演技のタイプが気になるかな。
テレビとかだと、浮いてしまいそうな感じというか。

亜弓を演じた子は初舞台?
元々、バレエやってた子なんだよね?(横田氏のブログより)
最初のバーレッスンの安定した綺麗な動きとかは流石経験者。
劇中劇サロメの時もすごく綺麗。
歌も台詞も無難にこなし、品のある立ち姿をつくって、
きちんとマヤのライバルやってました。

私は『ガラスの仮面』、漫画も読んだことない人で・・・
原作のことも良く知らないし、イメージだけで観劇。

だったんですけど~
夏木マリ姉さん面白過ぎるだろ、あれ!
始まる前にちょっと予習しようと、劇場内にあった展示を見たりしてたんですが、
漫画から出てきちゃった人がいる!

しなりしなりとした色気あり、威厳ありな、あの後ろ姿、歩き方。
漫画の月影先生は知らないけど、でもきっとあんな感じなんだろうな。
物凄いキャラ立ちしてる、マリ姐さんはやっぱり素敵。

横田さんは、見た目がもうちょいスラっとしてた方がイメージなのかな?
複雑に絡みそうで絡み切れてない役。
敵対する立場でありながら、マヤの演技に惹かれる人なんだよね?
もっと強く惹かれてるって描写が描かれてれば、もっとお面白くなりそうだったけど、
そこまで書き込まれてはいなかったと思う。

ただこれは、脚本の割合の問題というか、
よこちんのせいではないと思う。
やれば出来る人だもん。エリコン大好きさ。

脚本は良くまとまってたんじゃないかな~?
2時間強の中に、漫画に詰まったたくさんのエピソードを全て詰め込もうとしても、
それは無理な話で、ポイントポイントを違和感なく、上手く繋げていたのでは?
『フラガール』も青木さんが書けば面白かったんじゃないか・・・
なんて、思ったり思わなかったり。

月影瞳、グンちゃんはあの役似合ってたな。
一幕出番なくて、初めのダンスシーンとかで普通に踊ってたよ、グンちゃん。
開演前は、フツーにコンサート聞いてたし。
「あ、グンちゃんだ。ボニーだ・・・」
ってちょっとドキっとしちゃったじゃないか。
『凍てついた明日』引きずってるんだよ、私は。
役に合ってたから、あれだけど、キャスティングする際、
名前の印象で浮上してきたんじゃないかと思っちゃうよねw
月影先生は、マリ姐さんですが、グンちゃんの役は亜弓の母です。

とにかく楽に見れると思う。
んで、そこそこ楽しめます。
物足りない部分はあるかもしれないけど、
あのチケット代とかを考えると、及第点。
マリ姐さんが面白いですよ、本当に。

なんで蜷川さんは、こういう形でガラスの仮面を上演しようと思ったのかなー。
パッと浮かんだ理由は2つ。

ひとつは、若手女優を発掘したかった。
もうひとつは、演劇の純粋な楽しさを子供にも味わって欲しかった。

蜷川演出で育てられた若手俳優っていうと、まず藤原竜也が浮かんできて、
他、小栗旬あたりが思い浮かぶ。
でも女優となると、いないんだよね。
藤原竜也と張れるような女優さんが。
鈴木杏ちゃんぐらい?
でも、杏ちゃんを超えるぐらいの新しい人材を探して見たかったんじゃないだろうか。

あとこのお芝居、舞台の面白さ・・・
役者と観客が同じ空気を感じることの面白さを伝えようとしていた気がする。
ものすごい、ベタで恥ずかしい感じだったけどw
でもわかりやすく伝えることで、素直に楽しんでもらいたかったんだと思う。
だからファミリー向けというか、子供向けな雰囲気があるんだ。

あのあれなんだよね、さい芸とかではなく、
市民文化ホールとかでやりそうな舞台。
良くも悪くも、そんな舞台。
Comment
はじめまして。
私も再来週に観に行くんです。
私は原作読んだことがあって、ちょっと舞台に不安を抱いてたんですがなかなかのようでちょっと楽しみになってきました。
夏木マリさん、期待して観に行きたいと思います♪
★おゆさん★
はじめまして!コメントありがとうございます。
そうですね~お返事遅れてしまって、もうご覧になっていたらアレですが、
ちょっと・・・ほんのちょっと楽しみにして見に行くぐらいが丁度良いかもしれません。
私は書いた通り、原作も知らない人ですが、
夏木マリさんは納得していただけるのではないか、と!
気軽に楽しんできてくださいね。
お、ちょっとニアミス?
わたしは14日に観ました。初のさい芸、遠かったです(笑)

良くも悪くもうざい舞台だなーと思いました。(※褒めてます)
原作を読んだことのある者にとって、舞台版ガラかめなんて、
聞いただけで「フンッ(鼻で笑う)」てなもんですが、
観ないで「フンッ」はまずいかと思って観に行ったのでした。
思っていたよりちゃんと『ガラスの仮面』で、アチコチつっこみ入れつつ嬉しかったです。

現在改めて原作通読中。アチコチつっこみ入れつつ読み出したらとまりません~。
★青瑪瑙さん★
私、原作も読んだ事ないくせに、
「フンッ(鼻で笑う)」って感じでしたよ。(サイテーだぁ。笑)
でもそれじゃ駄目ですよね。って事で、埼玉まで行ってきたら、
「へぇ~これもありだ~」と。
原作に、ちょっと興味湧きました。
マヤちゃんは、どんだけ凄い演技してるのかな、と。

管理者のみに表示