FC2ブログ

歌劇8月号

2008年08月06日
今月の歌劇の座談会は雪組。
今まで歌劇もGRAPHもほとんど買うことはなかったけど、
最近、緒月見たさに買うことが増えた~

正塚センセ、緒月遠麻を鍛えてやってくんちぇ。
良い感じに力抜くことの感覚を、ちょっと味あわせてあげて欲しい。
そうしたら、また一歩伸びるから。

「緒月には、芝居をしなければ良いのにと思うところがずっとある。」
「ちゃんとやらなければ!と、ちゃんとやるからアカンというのかな。
 頭で分かっていても、中々出来ないのかもしれないけど、
 稽古していくうちに何とかなるでしょう。」(正塚談)

ちゃんとやらなければ!と力んでしまう、その真面目な姿勢も魅力なんだけどさ~
え?褒めたいだけだろうって?
当たり前じゃん。やっと出来た贔屓ですからデレデレしますよ積極的に!
東宝の後半とか楽しみだな。
上手い具合に正塚色に染まってくれれば・・・

にしても、『マリポーサの花』座談会読んでて、改めて思ったけど、
久世さんは本当に正塚芝居にハマる男役だったんだなぁ。
正塚先生が水しぇんに要求する男役像。
それがまさに私が久世星佳に対してずっと抱いてきた男役像そのもので!

笑ったわー。
ただ笑えたけど、嬉しくて笑えるのも含む。

あくまでもイメージだけど、久世さんだったら、
「足元が綺麗すぎる。」って注意は受けない気がするw
(逆にジェローデルができないけど)

ミズは考えない男役はできない。って言うけど、
久世さんはそれ、やってたよ、たぶん。
私は生で見れなかった人だけど、でも映像で見ても感じるから。
男っぽい感じでリラックスして、舞台に立ってた、久世さんは。

久世さんが出来てたからと言って、ミズがダメな訳じゃない。
ミズにはミズの良さがある。
そもそも私は、水夏希好きですから!
みんな良いところがあって、悪いところもある。
でもそれをひっくるめて自分の魅力に変換していける人が、
きっと宝塚のスターなんだ。

ミズの考える・計算するっていうやり方は、
正塚先生の思う芝居とは、今の時点では相反しているのかもしれないけれど、
でも、隅々まで計算された美しさのある水夏希の芝居が、
抜群に映える芝居もある。
正塚先生の芝居の中でも、やっぱりミズのそういう綺麗さって映えると思うんだ。
銀橋でスポットライト絞らしたいわー

とにかくマリポーサの花、どんな風に仕上がってるのが楽しみ。
ソロモンの指輪ももちろん楽しみ!
もう初日が近いんだよ。
ウズウズする。

にしても、正塚×久世のゴールデンコンビの芝居が見てみたいなぁ。
正塚先生、外部演出でおいでよw
女優・久世星佳を演出してみてくれないかなぁ。
パンフで対談とかしちゃっても絶対面白いから!
共演者は橋本さとしさんとか、新納慎也さん辺りでどうだ。
なんでこの二人が出てきたのかわかんないけど、パッと名前が浮かんだ。
あまり大きくない劇場、トラムぐらいの劇場でやれば、勝算あり!でしょ。
正塚晴彦と久世星佳の芝居が見たいよー!

あ、白華れみちゃんが、若手スターへ28の質問、好きな曲は?の問いに、
『バロンの末裔』 I WISH
と答えていて、なんて良い子なんだ!と思いました。
いいぞ!サミーラ!
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★baronさん★
ふふふ、鍵コメにしてらっしゃるので、
ワタシにしかわかりませんが、タイトルと名前が逆になってましたよぉ~w
「同感」さんって、誰だ!?って思っちゃったw

『フラガール』はチケットが妙に高かったので、
安くならないかな~と買い渋っていたら(ケチ)、行く機会を失ってしまって・・・
慌てて前楽に赤坂にかけつけました。
久世星佳の舞台を見逃すわけには行かない!!

私は久世さんがいなくなった後の正塚作品ってあまり見ていないので、
あれなんですが、長年宝塚を見ているヅカファンのブログとか読むと、
正塚晴彦の迷走っぷりを感じます。
『マリポーサの花』も楽しみなんですけど、どこか不安もあるんですよね、実はw

福田沙紀ちゃんは頑張ってましたよね!
脚本通りに、素直に演じていた、そんな印象です。
これで脚本が良かったら、本当に良い紀美子になっただろうに・・・
素直にわがまま娘になってしまったのが、好演してただけ可愛そうでした。

久世さんって、やっぱり品がありますよね。
その品の良さが、邪魔してた部分もあったような気がします。
かといって映画版の富士純子さんには、
久世さんを凌ぐ程の気品があったようにも思うし・・・
一概に品の良さが邪魔してた、とは言えないのかなぁ。

ただ、色々思うことはあっても、カーテンコールの笑顔で、
全てチャラにできる、この自分のファンっぷり!(笑)
久世姐が楽しかったんなら、いっか。って・・・バカだなぁ、わたしもw

baronさんも夏バテにはお気をつけて!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
れみちゃんの☆最近涙したこと
 「凍てついた明日」を観劇し、感動してと答えています。
これも、嬉しい。

久世さんは、宝塚にあっては異色だったと思います。うん、水さんは、芝居の作り方が違うのはわかりますね。緻密そうだもん。
久世さんは、陰では苦労していても、そうは感じさせない感性芝居の人ですよね。だからこそ、正塚先生とは相性がよかったのでしょうね。
I WISH 私も好きです。
★baronさん★
また、指摘しちゃおうかなw
baronさんだから、遠慮なく言っちゃえ~!
知らない作品だったんで、
調べてみたら『フリーダム』は、正塚ではなくキムシンでしたよ。
でもビデオのパッケージの樹里ぴょんが、格好良かった!
タキシードで、キメ顔、キメポーズばっちり!
樹里は今もCSで大活躍してますが、
この人も、あの時代の月組で育った子なんですよねぇ。
それこそ一緒の時代を過ごしている、水しぇんとかとトークしてると、
自然と月組話題が出たりするのが、微笑ましいんです。

久々、久世さんが辞めるときやらの歌劇を読んでみたんですが、
正塚先生が、「今のままで居てもらいたい~」、「貴重な男役だから残念~」
「久世がやめることは、ダメージ大きい~」
とかなんとか、口々に言ってて、もはや可愛いですよw
おまえ、そんなに寂しいか!とw

石井さんの、久世さんに対する褒めっぷりは、
あれ同じ久世ファンとしては、たまらなく嬉しいですよねw
「世界は久世を待っている!」(笑)
私のヅカ師匠は、そのうち石井さんの本を紹介しようと思ってたらしいんです。
初期の頃には、刺激が強いので、やめておこうと。
だけど、私が一人で勝手に本を見つけてきて、一生懸命読んでたもんだから、
「もう見つけちゃったのねw!」って笑ってました。

『凍てついた明日』の時は、情報シャットアウト、ネタバレ厳禁!で望んだんですが、
今回の大劇場は、ガンガンネタバレ読んで、見に行きます。
さーて、何回見るのかな~
雪組見たさに、そして雪組子な2人目の贔屓の見たさに、アホほど通います。
元々アホっぽかったですが、アホを二乗するぐらいの勢いでw

★kaoriyaさん★
そうそう!そこも嬉しかったです、れみちゃん!
もう、めちゃくちゃ良い子だって!(笑)

本当に久世さんは、パッと見考えてそうに見えるのに、
実は全く考えていない、気持ちの動きだけで芝居してる、
感性の人だったと思います。
逆に、男役なんだから、ちょっとは考えたほうがいいんじゃ?って思うぐらいw

今回のミズを見たら、ミズの中にある久世さんの遺伝子も感じるかもしれないけれど、
それ以上に、久世星佳と水夏希の持ち味は全く違うんだということを、実感しそうな気がします。
それでもきっと、ミズの事、好きだろうなぁ、私。
で、やっぱり正塚芝居も好きなんだろうなぁ、私w
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★baronさん★
キムシン立場ないなぁ~(笑)
正塚晴彦、高橋城、大橋泰弘の3人は、格好良い親父達ですよね。
宝塚の中でもオタクっぽくない人達っていうか。
でもキムシンも好きですよw
『扉のこちら』なんて、あれ大好きです。

クロスロードはちょっと知ってるかも~!
樹里と、タカコ?

そうそう、スカステで正塚特集をやるのに、
一本も久世出演作を放送しないのが、不服です。(笑)

管理者のみに表示