FC2ブログ

7/19 道元の冒険

2008年07月20日
do-gen

2008年7月19日『道元の冒険』@Bunkamuraシアターコクーン

作:井上ひさし
演出:蜷川幸雄
音楽:伊藤ヨタロウ
出演:阿部寛、栗山千明、北村有起哉、横山めぐみ
    高橋洋、大石継太、片岡サチ、池谷のぶえ、神保共子、木場勝己


正直全ての面で『SISTERS』の方が、衝撃度が高かったので、
先に感想を書きましたが、『SISTERS』はソワレ。
で、マチネに道元を見てみました、今日は。

これもなぁ~
『SISTERS』とは別の意味で、苦笑いしちゃった。

途中までどう見たら良いのか、どう楽しんだら良いのかが掴めなかった。
掴んだ、と思ったのは、風鈴の唄(歌?)あたり。
「禅を組むことで、世界と一体化する。」
というような事を、洋さんが言っていて、
『私も、目に見えるありのままの舞台を受け入れられるような、
それこそ禅を組んでいるような観客になりたい。』

と思った。
思ったけれど・・・・

難易度高い。

あくまでも理想であって、
自分をそこまでの状態に持っていくのは、至難の業。
だからこそ禅を組み、修行をするんでしょうが、
私には時期尚早。
まだまだ演劇君にとって、相応しい観客にはなれそうにない。

それこそ蜷川さんは、禅を組んでいるように、
この芝居の演出に取り組んでいたのではないかな?

目に見えるありのままを、ありのまま見る。
読んだありのままを、ありのまま表現した。

それができるようになったら、

そのありのままを、違う角度から見てみる。
戯曲のありのままに、一応蜷川視点が加わる。

でも大人しい、激しくない。
この舞台、一番の衝撃は、阿部寛のデカさだよ。
コクーンの舞台で見た人間の中で、彼が一番大きい!
中2階で見たけれど、中2階から阿部ちゃんまでの距離が異様に近い気がする。
なんで、あの人あんなに大きいんだろうw
袈裟を着て、坊主だと、迫力も倍増。
あまりの大きさに出てきた瞬間、笑いそうになった。
ごめんよ、阿部ちゃん。

演技がどうこうってほど、道元ってキャラがなかったように思う。
なので、余計にデカさが印象に残る。
栗山千明ちゃんが、本当に少年に見える。

栗山千明は美少年だったなぁ。
目鼻立ちがはっきりしていて、男役メイクやってみてほしくなった。
(そっちいっちゃうのか、私)
演技は可もなく不可もなく。
全ての人に言えるかもしれないけれど、
「別にこの人がやらなくても。」って思ってしまうような役。

そっち行きかけたんで、行っちゃいますか。
汐風幸改め、片岡サチ。
懐かしい想いが、この舞台を見る上で、私にとって良いスパイスに。
だってコウちゃんだよ?パーちゃんだよ?ヤスだよ?
嬉しいじゃん。
音楽劇ってことで、ちょこちょこ歌う場面があったけれど、
コウちゃんは、ソロなし。コーラスのみだった。
歌声聴いて見たかったなぁ~。
全体的に楽しそうにその場にいた、コウちゃんが、私にとっては喜び。

笑いが劣化ドリフのようで・・・
って言っても、あんまり私はドリフ世代ではないので、
別の言い方をすると、劣化新感線。
新感線は新感線だからあのネタ笑いが成り立つんであって、
あれ以下のレベルでああいう笑いやられちゃうと、ねぇ。
ってか、蜷川さんって、人を笑わす才能はあんまりないんじゃない?
・・・うん、そーかもしんない。
きっと、そうだw
言葉自体とか、展開の面白さで笑わすことはできても、
テンポで笑いを取ることができない。

結局は、宗教を広めていた優秀な僧も、現世の犯罪者も紙一重。
ってことなのかな。
そんなことを伝えたかったのかな。
夢と劇中劇での構成は面白かったけれど、メリハリなし。

舞台美術があれだけっていうのも、
どうもお金がかかってない感じがしてしまう。
一幕のラストとかさぁ。
ああいうのも、今まで散々派手にやってきて、アレなら、それがメリハリだよ。
夏祭浪花鑑の立ち回りだよ。決闘!高田馬場でも同じような人形を使った場面があった。
メリハリがないから、真面目に受け取ればいいのか、
ギャグとして受け取ればいいのか、判断できない。
そこら辺が辛い。

向こうが目指したものを理解しようともせず、
私が過剰に求めすぎなのかな?
いや、でも個人的にあんまり面白くなかった。と思ったのは事実。
うーむ。
Comment

管理者のみに表示
« 拍手レス | HOME | 7/19 SISTERS »