FC2ブログ

7/3 ミー&マイガール

2008年07月04日
きりやんのヒゲがすき

2008年7月3日『ミー&マイガール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら

6月8日→1回目
6月23日→2回目


ミーマイMY楽終了!
3回観劇したのみ。
いや、「のみ」って普通に書きたくなるけど、
好きな役者さんが出ていない普通の芝居を3回見ることってまずないからなぁ。
タカラヅカってやっぱり特殊。

私は正直に言うと、彩乃かなみにも、出雲綾にもこれという特別な思い入れはない。
ないけど、でも今日はこの二人に泣かされてしまった。
ずっと、どこをどう基準にして、誰にどう感情移入して、
このミーマイを見ればいいかわからなかった。

サリーとマリアを見てれば良かったのかもなぁ。

3回目のMY楽にして思う。

彩乃かなみのサリーを見ていて、
あのサリーに幸せになって欲しい、と心から思った。
サリーが幸せになれれば、きっとみほこも幸せになれるだろうから、
やっぱりサリーに幸せになって欲しいと思った。

「一度ハートを失ったら」が凄いです。

胸に優しく染み入り、一緒に切ない気持ちにさせる澄んだ歌声。
ずっとオペラグラスでみほこサリーの表情を追っていたんだけど、
途中から『あ、これは全身で感じなきゃいけない歌声だ』と思って、オペラを下げた。
私が聞ける最後の宝塚歌劇団の彩乃かなみの歌声を堪能。
今更ながら、彩乃かなみの実力を思い知る。

サリーがビルを思う気持ち。
大好きだからこそ身を引く決意を固める、そのいじらしさ。
全部全部、あの歌声から伝わってきて、自然と泣けてくる。
頼むから幸せになって!サリー!!

タキさんのマリア。
あなたの甥にキス~の場面の演技が大好き。
ビルのことを本当に愛してくれた。
最初は、「なんなのこの人は?下品だわ。」って感じだったのに、
最後はビルを家族だと認め、心から愛してくれた。
タキさんの演技の暖かさが嬉しい。
やっぱりここでも泣く。

みほこのサリーの気持ちになって、一緒にビルを思う。
タキさんのマリアの気持ちになって、一緒にビルを思う。
これが、私にとって一番感情移入できる形だったのかもしれない。

3回見てみて、それぞれの演技の質がバラバラかも?
なんていう風にも感じられた。

あさこは「宝塚」。
きりやんは「海外ミュージカル」。
みほこは「ミュージカル」。
あひは「頑張れ」。
マヤさんは「初演」。
タキさんは「ミュージカル」。

上手く言えないけど、あさこはやっぱり宝塚だと思うんですよ。
きりやんは、キャラ立ちし過ぎてるというか、
遠くから見てもキャラがわかるだろうなっていう、作りこみ感がある。
『君を愛してる』の美穂姉さんのレイチェルみたいな作りこみ感。
美穂姉さん同様、上手いし、的確なキャラ作りなんだけど、
全員がそういう方向で役を作ってはいないから、全体を見るとちょっと浮くような気がする。
でまた、その作りこむ上手さが良くも悪くもミュージカルだなぁ、といった感じ。
しかも海外っぽいの。

みほこはみほこで、どっちかというときりやんよりなんだけど、
でもあそこまで濃いキャラの立て方はしていなくて、
割と等身大でサリーって役を捉えて、丁寧に丁寧に演じてる印象なのね。
タキさんもこっち方向だと思う。

マヤさんは、独自の道を歩いていて、
あひは正直それ以前の問題だし。

「月組」という組全体ではまとまっているのかもしれないけど、
でも作品全体の方向性が、ちょっと謎。

あさこのビルはもう少し落ち着きがあってもいいんじゃないですか?って思う。
一幕の冒頭なんて特に、ビルは「間」も取らず早口でまくし立てるし、
他の台詞と台詞の間にも「間」がないから、見ていてちょっとだけ疲れる。
『凍てついた明日』も同じような感じだったんだよなぁ。
力いっぱい過ぎで、見ているほうも、息つく暇がないんですよ。

二幕、「街灯に寄りかかって」辺りの雰囲気は凄く良いのに。
あの落ち着きの片鱗を、一幕でも見せて欲しい。
ずーっとおちゃらけっぱなしだと、
サリーへの想いもおちゃらけてるように見えてしまうんじゃないかなぁ。
「ミー&マイガール」とか、「私の手を握って」を歌う時は、
急に大人っぽく、セクシーになってる気がするんですよ、あさこのビルはw
歌では、サリーの事愛してるんだな、ってわかる。
あと後ろから抱きしめた時の表情とかね。(笑)

これから見る機会がある方は、毎回やってる事なのか確かめていただきたいんですけど、
マギー!!!!
あいつ、なんだ!?あの抜かりない客席アピールは!!(笑)
ジャッキーの「自分のことだけ考えて」の時、仲買人3人が、寝そべりますよね?
寝そべった時に、ウィンクかましてるのを偶然見てしまったよっ。

面白い、面白い子だ、やっぱり面白いぞ、マギー。

いっつもやってたのかなぁ、ウィンク。
戦闘意欲が高くて非常に良し。

感心しました、城咲あいのジャッキー。
『あぁ、金目当てだな』と一目見てわかるジャッキー。
先ほどの位置づけにあいあいを当てはめるとすると、宝塚よりの海外ミュージカル。
あさこときりやんの丁度間ぐらいの役作りしてると思う。
適度に宝塚で、適度にキャラも立てつつ。
魅せ方を知っている、娘役ならではのジャッキーだなぁ。
椅子の座り方とかが綺麗。
演技も的確で、ジャッキーっていう人物がわかりやすい。
ビルに対してやっぱり戦闘意欲満々。
「結婚」という言葉を明らかに意識している、タカビーさw
でも憎めなくって、可愛いジャッキーだった。
みりおのジャッキーより、ジャッキーだったと思う。

まぁ、それぞれの感想はこんなところで、
あとは未沙のえるの不思議を追っていたり、越リュウの顔芸を眺めたりしてました。
リュウ様ヘザーセット、たまに人の話聞いてなかったりするよねw?
マヤさんは、身体の動きの独特さが・・・もう見ているだけで笑いを誘う。

MY楽で、サリーの幸せを心から願うことができて良かったな。
残り数日、退団者はもちろん、みんなで無事千秋楽が迎えられますように。
Comment
先日は語りすぎ失礼しました(笑)
やっぱり なつさんは私のツボをついてくれます
私がうまく表現できなかったこと 的確に言葉にしてくれます
ありがとう!
そうか みなさんの演技の質がバラバラで 私の中でそれを一つのものとして捉えられないままに 終わってしまったから モヤッと感が残ったんだわ
と再確認できましたよ
私も ”みほこのみ” ひたすら見てた記憶しか残ってない
それくらい サリーの印象が強かったです
ほんと サリーに そしてこれからのみほこにも 幸せになって欲しい
そんな気持ちにさせてくれました
ありがとう!
    

いえいえ。またお待ちしております。(笑)
★薇瑠さん★
コメントいただいて、また色々考えてしまいましたよー。

主にきりやんについてなんですが、
きりやんは、あぁ作りこまないとジョン卿を演じられなかったんじゃないかと思いました。
久世さんだったら、持ち味をそのままスライドさせればジョン卿に辿り着くけれど、
きりやんは、そうはいかない。
だから、作りこむ必要があったんだな、と。
そして上手い人だから、技術がきちんとある人だから、こなせてしまうんですよね。
魅力的に見せることもできてしまう。
でも、それは霧矢大夢が上手いからであって、
役ときりやん本人の芸風が合っていたとは言えない。
初演・再演はここん所の無理がなかったかも?

同じようにあさこのビルに話を変えれば、あさこの場合は割りと、
瀬奈じゅんという男役の持ち味でビルに近づけたと思うんですよね。

みほこはみほこで、リアルな演技をしていた印象があって、
サリーにも、もちろん見えたけれど、サリーから透ける彩乃かなみも感じました。

で、きりやんがビルやったらどうなるんですかね!?
ちょっと作りこむ感じは軽減されて、
男役・霧矢大夢がちょっと顔を出す感じになるんでしょうか。
博多は遠いなぁ~!!(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★かおりさん★
曲のアレンジ!
これは確かに、私もガクっとさせられました~。
特に再演を聞きまくっていたので、少しの違いでも、違和感が大きくて。
でも逆に今まで聞き取れなかった歌詞が、聞き取れたりもしたんですけどね。

私も考えてみれば、きりやんの芝居にシンクロできたことないかもしれません。
好きなんですけどね、きりやん。
ボルディジャールも、同じくです。
悪意はなく、ただ素直に聞いていただきたいのですが、
瀬奈じゅんの下にいる霧矢大夢だから、あぁなるんじゃないか?
って感じたことがあります。

きりやんが、一年でもいいから、久世さんとかぶってくれていたら・・・
最近思うんですよねぇ、凄く。惜しい!とw

で、歌劇ですが、買ってきました。あれだけですが、一応ご贔屓さんなんでw
いいでしょ、いいでしょ!緒月遠麻!
と思わず宣伝したくなります。(笑)
オヅキ氏はファン時代が、ちょうど天海時代の月組だったらしいです。
(スカイステージトークwith陽月華にて発言)
更に、ウメちゃんに「何組に配属されると思った?」と尋ねられ、ケロッと、

「月組。」

と答えた逸材でもあります。
案の定ウメに「それ、ファンだったからじゃないのw?」と突っ込まれておりましたが。
ウメはオールラウンダーでもありつつ、でも月組に惹かれていて、
「そう、私も月組。なんか月組だったんだよね、あの時代。」
と、よーく気持ちがわかることを言っておりました。
上手く言えないけど『なんか月組』なんですよね。(笑)
だから余計に好きです、オヅキもウメも。

久世さんが好きなら、絶対に嫌いなタイプではないと思うので、
生で見る機会があったら、また注目してやってくださいませ~。
と、また宣伝して終ります。(笑)
ホント、ファンですね、私w
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★かおりさん★
きりやんは声に頼りすぎ。

それだ!!!!

きりやんに感じる違和感にその言葉がピタっとハマりました。
あとかおりさんも気にされてたと思いますが、
登場して初めて椅子に座った時の、足を組む様子ですよね。
毎っっ回、良くも悪くも『あ~作ってるなぁ』っていうのを感じる動作でした。

かおりさん、雪バウご覧になってましたか!
もしかしたらコメントもいただいてましたかね。(汗)
だとしたら忘れていてスミマセン(>_<)
緒月はこれからまた更に今の宝塚では絶滅危惧種な無骨な男役像に、
磨きをかけてくれるのではないかと、期待してます。

あさこさんそんなこと言ってましたかぁ~
私たちがイヂワルなのかもしれませんがw、
でも思っちゃいますよね、どうしても。
まぁしょうがないですよ!!開き直ります!!
★←→さん★
お名前でレスができないのが惜しい!

そうなんですよね、凍てついた例え話。
私には90年代月組っていう、アニスがいるのかもしれません。
時代が違えば愛し合う事ができたかもしれないけれど、
今となっては、どうすることもできず、思い出にすがり、
過去に向かって想いは一方通行です。(笑)
だからって、今の宝塚が道連れのボニーって訳でもないですが・・・
今は今で本気ですw!

『かもめ』のターコ様は、やはり良いですよ~!
高飛車なのに絶対かわいらしさを失いません。
品があるのに無神経です。
自己愛が強い役がなんともハマるw

こうしてブログを書くことは、なんとなく始めて、
そして今もなんとなく続いています。
でもそれも、たくさんの人がこうして反応を返してくれるからだなぁ、と。
あとはやっぱり、言葉にすることで、頭の中が整理されて、楽しいです!
できるかぎり、無理のない範囲で長く続けていければなぁーと思ってます。
また覗いてやってくださいね~!

管理者のみに表示