FC2ブログ

1/15 スウィーニー・トッド

2007年01月16日
2006年1月15日『スウィーニー・トッド』@日生劇場

脚本:ヒュー・ホィラー
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
演出・振付:宮本亜門
出演:市村正親/大竹しのぶ/キムラ緑子/ソニン/城田優
   立川三貴/斉藤暁/武田真治/他

きっと初演『贋作・罪と罰』状態~

良くも悪くも時期が・・・

いや良くないな、悪いよ。(笑)
・・・って笑ってられない感じですからね、新年早々。

巷を騒がすバラバラ殺人事件と、かぶってしまうのです。
私は見てないけれど、野田地図初演の贋作・罪と罰もこんな感じで、
なおかつもっと衝撃が強かったのかな。

演劇は今を表す芸術で、
だから、社会とかぶってしまうと言う点で、
こういうジャストヒットなことも起こりうるわけだけど、
起こって欲しくないよねぇ~

社会を反映させる部分がないと演劇は成り立たないと思う。
この場合、偶然にも反映されすぎちゃったから、
生々しくって気持ちが悪いんだ。

そもそも、この舞台自体が不穏な空気が漂った、
嫌な感じ、嫌な匂いがぷんぷんする舞台だったのね。
嫌な暗さ。
私、この手の暗さ苦手。
なんちゅーか、笑うせーるすまん的というか。(笑)
暗さの中の笑いがある。
とにかく見てみればわかる。
気持ちが悪い。

でも、逆に考えると、劇場全体にこの気持ち悪い嫌な空気を
漂わすことに成功していた舞台だとも言える。

舞台美術が結構凄かった。
張り巡らせた鉄パイプ。移動する部屋。階段。
回ったり、移動したりで、場面が次々と変化する。

大竹しのぶ・市村正親に惹かれて観に行ったわけだけど、
とりあえずこの2人は置いておいて、ソニン。
いい顔してた。
そしてミュージカルな歌いっぷりだった。
ビブラートだっけ?声震わすのは。
ちょっと常にビブラートかかってて、私はそれがあんまり・・・
だったんだけど、でも声質は澄んでいて好きだ。
ミュージカル女優としてイケるんだね。なんだか嬉しい発見だった。

で、大竹しのぶ。
彼女は演じる役ごとに表情が全く変わる。
喋り方のクセまで変わる。
その辺、さすがだ。
私はメディア見ても、ヴァージニアウルフ見ても、
実は周りが言うほど、この人の演技に鳥肌が立つような経験を
したことがないんだけれど(段田さんの演技には鳥肌たった。)、
でもやっぱり、もの凄く見たいと思わせる女優さん。
芝居がかった歌い方。
上手い。
なんだか大竹しのぶってのは、特別な女優だよなぁ。
市村さんと一緒でも堂々としているので、歌でも張り合って行ける。

市村正親。
おふざけでない演技を見ることができて安心した。
私は、『ペテン師と詐欺師』のような市村さんの演技は苦手。
暑苦しいと感じてしまう。
だけど今日は復讐に命を燃やす、ただそれだけのために生きている男。
っていうのをまず、化粧から表現。
クマが凄い。そしてまさに顔面蒼白。
あー怖かった。

キーンと耳障りに鳴り響く高音。
音の衝撃。
群集の迫力。
場面転換の上手さ。
斬新な照明。

初宮本亜門演出だった。
そうそう市村さんと大竹さんだけでなく、この人の舞台も観てみたかったんだ。
なんだって見てみないと比べようがないからね。

復讐しても、その先に幸せはないのかもね。
でもトッドの場合、復讐って言う理由があるだけマシかもしれない。
とかちびっと考えてしまった。



さっさと寝たかったけど、もはや意地の感想更新。(笑)
よほどのことがない限り、今までずっと24時間以内に感想更新してるから、
もはや意地。

変な意地は張らないほうがいい。
Comment
「朧」と「スゥィーニー・トッド」は見に行くから感想読むの我慢してる……読みたいww
★ピース★
読みたい人だけ読んでくれりゃーありがたい。

の精神で(笑)ブログ書いてるから、
ネタバレへの気遣い皆無だからね、我がブログは。
辛いだろうけど我慢してくださいhttp://blog85.fc2.com/image/icon/i/F8A4.gif" alt="" width="12" height="12">http://blog85.fc2.com/image/icon/i/F9A5.gif" alt="" width="12" height="12">

私も朧MY初日まで感想避けるの辛かったぁ~!

管理者のみに表示