FC2ブログ

6/7 外伝ベルサイユのばら-ジェローデル編-/ミロワール

2008年06月07日
ジェロ格好良かった。

2008年6月7日『外伝 ベルサイユのばら-ジェローデル編-/ミロワール』
@市川市民文化会館

作・演出・出演者→こちら

6月6日→1回目


いいよな~組長。
私もミズに、ツンって突っついてもらいたいっての。

思い返してみると、何気にここが一番のツボポイントかもしれない。(笑)

そんな『外伝ベルサイユのばら』です。

ツンってのは、舞踏会のシーン。
オスカルさまファンクラブ代表のマロングラッセ(ナガさん)が、
ジェローデルの美貌にコロっとなる時があるんですね。
その際にナガさんは、かなり乙女な感じで、
水先輩の腕を人差し指で「ツン」と指します。
で、ジェローデルもお返しに、マロングラッセの腕を人差し指で、ツンって。

私もこれやってもらいたい訳。

あの、うっすーい微笑もたまらない訳。

私はどうやら水夏希のスポットライトが絞られていく際の表情が、すごく好きなようで。
完全に見えなくなるまで見ていたいから、拍手ができないんですよね。
でも本当にライトが消える寸前の表情が綺麗なんですよ、水しぇん。
男役さん、みんな意識することだろうとは思うけど、
私が意識してその瞬間を見たい。と思うのは今のところ水夏希だけ。

昨日川口で見て、今日は地元千葉は市川。
本当は市川で昼夜観るだけにしたかったんだけど、
市川が簡単には取れなくて・・・。
しょうがないから川口を取って、その後、市川の昼だけなんとか入手して、
それで計2回観劇となりました。

市川はまぁ、私としても準地元ぐらいの感じだし、
何より水しぇんの地元でもあるから、やっぱり1回は見ておきたかった。

今日は昼公演見終わって何を思ったか、普通に電車乗って帰ればいいものを、
「会館から家まで歩いて帰ってみよう!」
となり、一人で黙々と家まで歩きましたよ。
1時間半ぐらいかかったし。普通に疲れたし。
遠いよ本八幡。
でも楽しかった。

ベルばらはやっぱり今日も泣けた。
今日見て、泣いてしまう理由がわかった。

真波そら、だ

私、思っていた以上に真波君好きなのかもなぁー
ひたむきさを感じるんですよね。
演じている役に対して、踊りに対して、男役であることに対して・・・
色んな事にひたむきに向き合っている。
そのひたむきさが、革命の場面で特に強く伝わってきて、
それで見てると泣く。
切れのあるダンスを踊る、良いダンサーだよな~真波君。

ミロワールはもう生で見る機会がないのか。
寂しいなー。
だけど、黒燕尾もしっかり見たし、悔いはなし!
2階の後方端で見ていたけれど、水しぇんの目線がちょいちょい来て、
それだけでも嬉しいですよw

ご当地ジェンヌは一樹さんと、水夏希。
組長さんに紹介される前から、どうも落ち着かない様子の水しぇんが可愛い。
頭撫でて、照れてた。(笑)
普段は、組長さんが一人で名前を呼ぶだろうところを、
「ご当地出身者は・・・」「(組子全員で)水夏希!!!!」となっていて、
これまた嬉しそうに「えぇ~?!」って感じで驚くミズが可愛い。
ちなみに今日は原作者の池田先生もご観劇でした。

「私事ではございますが、『ベルばら』を見て宝塚に入りたいと思い、
今こうして『ベルばら』に主演として立たせていただいて、
そしてまた原作の池田先生にも見ていただけて、幸せでございます。
この幸せを忘れないように!宝塚人生を歩いてまいりたいと思います!
本日は本当に、ありがとうございました!!」

ってな感じのご挨拶だったかな。

ミズの挨拶の前に、ナガさんから池田先生が見ていらっしゃるという挨拶があって、
池田先生も立ち上がっていた。
先生に送られる拍手の大きいこと。
そうだよな~『ベルサイユのばら』って漫画を知らない人の方が、
世の中少ないんじゃないかと思うぐらいだもんな~

池田先生観劇もあり、盛り上がった客席。
カーテンコールが2回ありました。
「次皆様にお会いできるのは、宝塚大劇場公演です!お待ちしております!」
と、しっかりムラまで見に来い!宣伝をし、市川昼公演は終了。

大劇場公演か・・・どうせ見に行くんだろうな、私。

全ツはこれにてmy楽です。
相模大野まで無事に公演が終えられますように。
Comment

管理者のみに表示