FC2ブログ

5/29 95kgと97kgのあいだ

2008年05月30日
2008年5月29日『95㎏と97㎏のあいだ』@彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場

作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄
出演:横田栄司、さいたまゴールド・シアター、NINAGAWA STUDIO、新川將人、 
    野辺富三、宮田幸輝、西村篤、市川貴之、太田馨子


あーもう。
ぶっ壊してやりたくなるな。

君は、真情あふるる軽薄な君は、忍びより、おおいかぶさり、
なおも執拗に埋めつくそうとする闇に対して、
敢然と戦いをいどむ時がきた。
恥知らずになれ、軽薄さを忘れるな。


殻を破って、今の世界を破壊して、
一つ外の世界に行けた人が羨ましいよ。
格好良い。

羨ましいと思うんだったら、
自分も破壊するだけの強い気持ちを持てば良いんだろうけど、
どこに向けて、何を破壊すれば良いのかも、わっかんない。
ただなんか、今の状況が歯がゆくて、不安定で、イラつく。

ここ数日、気持ちと体がばらばら、いびつな感じ。
どっち向いても自分が望む光がないような気がして、暗い。
ってか、何を望んでるのか、これもわからないの。

いや、ただ観てたいんだけどさ、
「観る」ためには、お金がいるじゃん。
今は父が働いてくれてるから、生活できるけど、
それはもうなくなるものとして、これから先は考えなきゃいけない訳で。
そしたら「生きる」ことが先になるから、「観る」ことは後回しにせざるを得ないでしょ。
働かずに「観る」為に残された最後の手段は、
『宝くじを当てる』
これだけだー。(笑)

ゴールドさん達は人としての重みとか、深さを持っている。
だけどあの人たち、そこで得たモノを一度捨てて、それから演劇してる。
なんで捨てられたんですか?
なんであんな顔して笑えるの?

くっやしいなぁ・・・
本当に悔しい。

私もあぁなれるかな。
ならなきゃいけないんですよ。
負けねえ。
大丈夫、頑張れる。

あーなんか、カリギュラだな。
Comment

管理者のみに表示
« Joyfull | HOME | ムサシ。 »