FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/3 黎明の風/Passion 愛の旅

2008年05月03日
ウメ待ってるぞー

2008年5月3日『黎明の風/Passion 愛の旅』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら

4月17日→1回目
4月24日→2回目


わ~い!!ルンパちゃんだぁ~!!
男役じゃない、もう宝塚歌劇団の生徒じゃない、
でも真山葉瑠は真山葉瑠。
私が大好きな月組の、大好きだった雰囲気を作っていてくれた人の一人。
ルンパさんが、ルンパさんで、ただそれだけで、私、嬉しい。

5月3日15時30分からの公演は、阪急交通社の貸切公演。

司会:真山葉瑠

この文字に惹かれて、わざわざ阪急交通社に電話かけて、
インターネットで簡単にチケットが買えるこの時代に、
郵送→振込み→郵送・・・の手間をかけ、わざわざこの日のチケットを買った。

幕開き前。
まずは組長・美郷真也からご挨拶。
ちなみに前回の阪急交通社の貸切公演でも司会を務めたルンパちゃん。
今回の公演でマリエッタさんが退団と言うことで、
退団後の心配をした、真山さんは、
公然とマリエッタさんの結婚相手探しを始めたらしい。
客席に向って、立候補者はいないか尋ねたり・・・とw

さてさて、今日もその続き。
組長らしく、マリエッタさんが挨拶をした後、ルンパさんのお遊びタイム突入。

「さて、組長の美郷真也さんは今回の公演で卒業されるということですが、
前回の貸切公演の際に、結婚相手を募集したんですね。
今日の公演までに釣書を送ってくださいと、1通も来ませんでしたが。
美郷さん、ご希望等はここで言っておかなくてよろしいですか?」

「そんなことは言ってられません。」

「そうでございますかw
ではワタクシの方から・・・まずはですね、10人中7、8人が見てカッコイイと言うイケメン。
あと、年収は高ければ高いほうが・・・」

「(笑)そのくらいで・・・!!」

「そうですか。(笑)では今日もお客様に聞いてみましょうか。
立候補される方いらっしゃいますか~!?」

・・・・・・

「どなたもいらっしゃらない!!(笑)・・・あ!居た!オーケストラピットの!!
指揮者の方、あ!あちらのオケピの方も!ありがとうございます!
ちなみに独身ですか!?あ、独身・・では年収は年収・・・」

「もういいです。(笑)」

「はいwではそろそろお時間になりますので。
お芝居できますか?」

「はい、切り替えて」

「切り替えてねw組長の美郷真也さんでしたー」

みたいな。こんな感じですよ、雰囲気は。
真山葉瑠だなぁ、全く。
ルンパちゃんは、ユーモアの塊のような人だけど、知的なんですよ。
頭が良い人の笑わせ方なんですよ。

芝居等の感想に入る前に、このまま幕間のお楽しみ抽選会。

抽選会のお手伝いは、星吹彩翔(ホシブキ アヤト)君。
小林少年的な格好をした、白州家のおぼっちゃまか。
名前をお客様に覚えていただくために、
自分の名前を言ってから、抽選することに@ルンパちゃんの指示。もちろん。

出身が京都ということで、京都弁で引け。
だの、
男役全開で引け。
だの、
大和悠河の真似をして引け。
だの、
ルンパちゃん、星吹君に振りまくる。

戸惑いつつも頑張る、星吹君が可愛かった。

最後は、頑張る星吹君に同情してか
「3があるチケットを引いたら、私も変になるから・・・(3を引け)。」
と、真山氏自らネタ振りをしていたんだけど、
3は出ず。
ちっちゃーい声で(マイクには入ってるけどね)
「さっ、さん、3入ってないじゃない~」
と、星吹君を責めていた。残念そうだった。私も残念だった。(笑)

終演後は、轟悠、大和悠河と共にご挨拶。
イシちゃんは71期で、ルンパちゃんが72期ですよね?
タモ・マミ・イシ・ノルの期で、
ルンパちゃんの同期で男役トップになったのは、タータンとリカさんだったかな。
ってことで、イシちゃんとルンパちゃんは、本科予科。
ルンパちゃんとタニは、だいぶ学年離れた先輩後輩。

「今の季節はね、北海道辺りが旅行するには、凄く良い季節ですよね。
轟さん、旅行と言えば・・・」

「阪急交通社。」
(ここのイシちゃんの言い方が、シレっとしてて可愛かったー)

「ですよね。(笑)」

「んもう、あまりにも当たり前過ぎる質問なんで、驚いてしまいましたよ。」
(やっぱり、なんだか可愛いイシちゃん)

「では、旅行で北海道に行きました。北海道で食べたいものは?轟さん!?」

札幌ラーメン、ぼくイケメン。(バッチリ決め顔)」
(ぼく、ぼくって!イシちゃん!笑)

「ありがとうございます~w」

「指示通りにね。(笑)」
(ルンパちゃんの指示通りに決めてくれる、轟悠が好きだぞ、私は)

「さて、大和さん。わかってますよね?先輩がここまでやったんですからね?」

(タニちゃんたじたじ。ニヤニヤ。)

「大和さん、札幌空港?に着きました。着いて一番、なんて叫ぶ?」

「札幌空港、キターーーーーーーーーーーーー!!!!」
(って叫んだっぽいんだけど、タニオカ!
何言ってるかわかんなかったから!似てなかったしね!笑)

「(会場が若干微妙な笑いに包まれたので)わかりました?
今の、織田裕二さんの、キターーーーー!!って物真似なんですけどw」
(似てたよ、るんぱちゃん、あなたのが。)

と、いうようなことがありました、今日の貸切公演でございます。
ルンパちゃんが嬉しくって、オペラグラスでガン見しちゃったよ。
タカラヅカをわかっている人、そして話せる人が司会をしてくれると、
ちょっとしたことも楽しくなるね。
とにかく、初ルンパさんが嬉しかった、私です。

ここまででだいぶ長くなったけれど、本編の感想も。

まずお芝居。
あのルンパちゃんとの掛け合いの後、すぐ本舞台に立つマリエッタさんが、
なんだかおかしかった。
マリエッタさん自身はキチンと切り替えていたけれど、私が切り替わらなくってw

1、2回目ほどの号泣はしなかったけれど、
でもやっぱり涙が出る。そして鼻水も出る。鼻水が困るんだよ、正直。

ボーナス貰ったサラリーマンのカツラが、金八みたいなさらさらヘアーで、
彼女もそんな感じで、二人のやり取りも、サラっとしたおかしさがあって楽しかった。

どの場面が一番好きかなぁ。
吉田茂が泣いてしまう場面が一番好きかもなぁ。
あのユーちゃんさんの演技が、もうたまらんのですよ。
最後のコーラスにもジーンとする。

通うに苦にならない芝居ですわ。

で、ショーなんだけどさ、中詰めのね、ダイの髪がね、
サラッサラでしたの!!
このブログでも、何度か言っているけれど、
どうやら私は男役の髪の揺れがツボポイントび一つらしく、
前髪が、パラっとしたりすると、ドキっとする人なんですね。

過去2回私が見た鳳翔大の髪型は、遊びのある気合入った髪型でしたね。
それが、今日、割とサラサラ系で攻めてきた訳ですよ!
踊るたびに揺れる髪の毛が、はっきり言ってツボ!
そしてその逆を突いて、コントラストでツボだったのが、
お隣のGOのヤンキーみたいなリーゼント

GOといえば、フィナーレのお辞儀も、気合入ってて格好良かった。

大ちゃんはですね、好きになるタイプの人ではないんですが、
原石を見ているような気持ちになるんです。
こう、磨かれていく様子を見ていたら、絶対楽しいだろうな、と。
激弱な組、宙組なので、今まで知らなかったけれど、
いざ覗いてみれば、やっぱりここにも楽しみな生徒はいっぱい居て。
その中でもダイちゃんは、磨けばどこまでも輝きが増していきそうだぞ。
というワクワク感を私に与えてくれる人のようです。

あとあと、トドタニのデュエットダンス。
タニの髪が今までと違った!
私が見たことあったのは、割と短めの、ってか地毛?にアクセサリーだったんだけど、
今日は、ミディアムぐらいの長さにカールがかかった、カツラつけてた!
この方が女らしくて綺麗かも!

他意はないけど、この場面でタニちゃんが着てる衣装、
女装した篠井英介が着そうだなぁ。

今日はマリエッタさんに注目していよう、と思って、
どの場面でも、割とまりえさんを追っていたのだけれど、
やっぱり男役ってのは、「芸」なんだね。
マリエッタさんの確かな芸がもう見れなくなるなんて、毎回言うけど、寂しいよ。
だって格好良いもん、男役だもん、マリエッタさん。

身長だとか、顔立ちだとか、そういう部分でパッと見の男役ってのはできるかもしれない。
でも動いてみた時、声を発してみた時、男役であり続けられるか。
ファンも最終的にはここを求める。
美郷真也はそりゃ、スターとしては容姿にそこまで恵まれてない人だろうとは思う。
だけど、素敵な男役です。
すっごい格好良いです。
宝塚の男役です。

踊りも地味だけど、上手いよね。
基本がしっかりしているというか、見ていて気持ちが良い踊り。
演技も同様。

芝居の時、ユーちゃんさんを見ていて、パッと隣りに並ぶマリエッタさんを見て思う。
「この人も、ずっと居てくれたら、
いつかこんな風に、こんな役を演じる人になってくれただろうな。」

将来、汝鳥伶になり得る人が退団するんですよ。
惜しい。
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
先日はコメントありがとうございました。
しかし、あれですね。
読むのを待っててくれるひとがいると思うと、書くのにめちゃくちゃ張り合いが出ますね。
はりきりすぎて記事アップが一日遅れましたが(苦笑)

ルンパさんめっちゃ面白い(爆笑)
黎明の阪急交通社貸切行けばよかったなあ・・・。
タニさんのたじろぐ様子が目に浮かぶようです。

ところでおとといの記事の、越乃リュウさん。
渋くて素敵ですよねー!めちゃかっこいい!
不覚にも越乃リュウさんのかっこよさに気付いたのは3回目の観劇でして。
1回目はストーリー理解とあさこさんにとらわれ、
2回目はかなみんときりやんに釘付け、
3回目はタキさんとのえるさんに注目していて、
終盤やっとリュウさんに気付いたようなわけです。
だから4回目はリュウさんとみりおくんを見ておりました。
かなみん退団は寂しいけど、越リュウさんのおかげで月組を見る楽しみが増えましたー☆

ムラは明日いよいよ楽日を迎えます。
東京月公演の感想待ってます♪
★かおりさん★
同じく。
どうやら寿ではないようですがw、幸せになってほしいです。
あと私は知らなかったんですが、マリエッタさん、雪にも組替えしてるんですよね。
トド様トップの時辺りには雪組生。
ずっと月にいて、宙組ができて宙に移った人だと思っていたので、驚きました。

宙組公演ですが、そんな中で月っぽさを感じることができて、嬉しかったです。
いやでも、宙は宙でまた良いんですけどね~!

★Naoさん★
なんだかなっがいコメントを残してしまって、失礼しました。
自分でもPCから見て驚いたんですよw
携帯からだと、文章の長さとかがイマイチわからないもんだなぁーと。

私も今更こう思い始めたんですけど、
月組で一番芸風が好きなのが、実はリュウ様なんじゃないかと。
あんな若くて格好良い組長がいるのは、月組だけですからねー。
他の組の組長もそれぞれ良い味出してるのは、もちろんですが、
でもとりあえず、越リュウの渋い色気は越リュウだけのモノでしょう!

東宝公演、6月に入ってからの観劇予定です!
1回目はわかってくれる友達と見ないと、面白さが半減する!と思って、
友達と見る日まで、当日券観劇とかも全て我慢します。(笑)
私も宙組公演観に行ってきました!
なつさんの「黎明の風」のどの記事にコメントしようか、
迷わずココです(笑)
劇場で、なつさんのブログの内容思い出しながら、
ルンパさんと美郷さんのやり取りを思い浮かべ
ながら観劇していましたw
TAKARAZUKAオーレ!のMCを思い出しちゃい
ますね。
ルンパさんの司会っぷり、面白すぎです。
お金払ってでも観たいです(笑)
轟さんの「ぼくイケメン♪」聞きたかったなぁ。
美郷さん退団とは淋しい限りだけれど新たな幸せを
みつけて欲しいですね。
ついでに汝鳥さんのお芝居たくさんみれてうれしかったです。
ほんと「役者」さんですよね。
あとなつさんが大和悠河のことを「月を飛び立った人」という
表現もすごい納得です。
おまけに今のルンパさんは大分女らしくなっているというウワサ
を聞きましたが本当でしょうか?
たくさん書いちゃってごめんなさい~。
★マキさん★
もーちょっとは迷いましょうよ~
全く、迷わずルンパさんネタにコメントだなんて。(笑)

二人のやり取りは、もうまさしくTAKARAZUKAオーレ!ですね。
あそこにはマリエさんいなかったけれど、
まぁ、ありんこさんでも、まゆさんでもw、
あの感じを想像していただければ、なんら問題ありません。
私も「お金払ってでも見るべきだ!」と思って、この日の観劇を決めたんですよ。
いっつも2500円の当日B席でしか見ていなかったのに、
この日ばかりは3500円のB席で見ました。(えっへん!)
イシちゃんは、可愛かったですよ~完璧キメ顔に、キメポーズですから!
この公演見て確信しましたが、お茶目な轟が好きです、私は。

ルンパちゃんは、女らしくなってたのかな?
私には髪が伸びただけに見えました。(笑)
声も変わってないし、存在感もあのままだし・・・
ただルンパちゃんが司会してるのに、ぞろぞろと席を立つ客席あり得ないな~
と思いつつ、オペラ構えてました。

MY楽は、汝鳥伶ばっかり見ちゃったんですが、
背中がツボにハマってしまって、イシちゃんとタニが、中央で重要な芝居してるのに、
汝鳥伶の背中だけをオペラグラスで見ている時間が結構あってw
気がついた時、「はっ、何をしてたんだ、私は。」みたいな。
でもそれが正しかったと思ってます。
ユーちゃんさんが、月組に居たってのも、月組ファンの誇りですよね。

管理者のみに表示
« ふらふら | HOME | 拍手レス »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。