FC2ブログ

4/11 トライアンフ・オブ・ラブ

2008年04月12日
toraiannfu

2008年4月11日『トライアンフ・オブ・ラブ』@銀河劇場

修辞・訳詞・演出:小池修一郎
出演:朝海ひかる 武田真治 瀬戸カトリーヌ tekkan 右近健一 藤木孝 杜けあき


収穫、杜けあき。

ぶっちゃけちゃおう。
TMPの映像ぐらいでしかカリンチョさんのことは見たことがなかったけれど、
それでも私、なんだかカリンチョさんが苦手だった。

歌とか、お芝居とか、男役芸とか、
「宝塚」における「スター」の要素を過不足なく満たしている人なんだろうな、凄いな、
とは思っていたけれど、
「スターです!私!」オーラが全面に出ているようなところが、苦手だった。
難しいラインなんだけどね。
宝塚のトップとして、スターらしく堂々としていて欲しい、って気持ちもあるし、
その座に甘んじることのない、謙虚な姿勢に好感を抱くこともあるし・・・
複雑なヅカファン心理w

なんとなくだけど、映像で私が見たカリンチョさんから、不必要なプライド。
みたいなモノを感じてたんだ。
ところがだね、今日見てみたら・・・

それが、全くなかった。
すっごい良い女優さんじゃん、杜けあき様。


一応、コムちゃんと真治君と右近さん辺りも気にして見に行ってみたんだけど、
やだぁーカリンチョさんに持ってかれちゃったじゃん。
男装したコムちゃんに惚れてしまう、真面目な女性役。
真面目でお堅い人が、コムちゃんにメロメロになって行く姿がとっても可愛らしかった。
歌も、そりゃ杜けあき、安心して聞いていられる。
ドレスの着こなしも綺麗だし、扇の使い方とか、やっぱり自分の魅せ方を知ってるねw
そんなところにも好感を持つ。

役者さん個人の感想を書く前に、
話全体について触れておく。
あのさ、

紙芝居みたいな夢物語やりたいんだったら、実力ある人、揃えようよ。

武田君は、マテ×ズンコのコンサートの時に好感を抱いた人だし、
コムちゃんも、もちろんヅカファンとして好きだ。
でも「好き」って気持ちだけで、作品の出来に目をつぶれるほどのファンじゃないからさ、私。
いや、大好きだけどね!朝海ひかるっ!

いいんですよ。
コムちゃんが可愛けりゃ、それでいいの。

って気持ちもアル、正直。
でも、それだけで納得できない気持ちもアル。

やっぱり歌えないねぇ~・・・
男役キーならまだしも、女としてあの歌で、それでダンスがないとコムちゃんキツイだろう。
歌キー高い、ダンスなし、だとしたら、
最低限、朝海ひかるにピッタリハマる役を振ってもらえればいいんだろうけど、
私は今回の役が朝海ひかるの魅力を最大限引き出していたとは、到底思えない。

朝海ひかるって、オールマイティーにはほど遠いっていうか、
ハマった時は最強だけど、はずすと目も当てられない。
そんな印象が強い人なんだよな。
今回どっちかっていうか、後者じゃないか?
いや、可愛いんだけどねwでも可愛い朝海ひかるより、美しい朝海ひかるが見たい~私は~

そんなコムちゃんを、引っ張れるほどの余裕は武田君は持ってないし。
武田君も顔立ち綺麗だし、歌もダメな人はダメっていうのかもしれないけど、
私は特に・・・普通に許容範囲内。
ただなんか、変な前のめりで、固まったまま台詞言うのはどうかと思った。
癖なのかな?直して欲しいわ。

この見た目綺麗なんだけど、どうも噛みあわない二人に、
瀬戸カトさんとか、右近健一が絡んでいくんですよ?
右近健一ですよ?!
更に空回るだろう~(笑)

右近さんなんて、空回りさせてなんぼ。空回りさせるのが仕事。
みたいなところあると思うから、別にいいんだけどさw
なんか久々に右近さんを見た気がする。

この人がふざけないで歌うのをちゃんと聞いてみたいな~
(と言っても、歌唱指導CDみたいなのを買う気はない。)

瀬戸カトさんはとにかくパワフル。
彼女の歌声は、作品のスパイスになるね。

右近さん、瀬戸カトさん、tekkanのトリオは、まぁ悪くなかったと思う。
空回ってたときもあったけど。

藤木さんってのは、歌える正に良い声のおじ様だな。
ただ、こういうキャラってむつかしいよ。
こちらもお堅い人だったのが、コム姫の可愛さにメロメロになって、
下心全開まで行ってしまうんだけど、
このくらいの年齢のおじ様が、下心全開って、舞台で見ると引くよな。
上手くやらないと、引く。
今回、私は引いた。

ストーリーは『十二夜』と『ロミオとジュリエット』を足して二で割ったような感じだった。
敵同士のような間柄の二人。
でも一目惚れ。
一目惚れしちゃったから、男装してお屋敷に侵入。
男装姿をそこの主人にも惚れられちゃって、
「でも僕本当は女なんです~!!別に好きな人がいるの~!!」
バタバタ。
みたいな。

それが絵本の世界のような場所で繰り広げられる。
絵本の世界を舞台で表現するのは難しいことだと思う。
でも、それをやるからこそ上演する意味があるし、お金も取れるんだって。
正直、華のある学芸会っていうか・・・こんなこと言いたくないけど、でもなぁ。

お客さんが凄く優しいです。
みんな朝海ひかるが好きなんだと思う。
私も好き。

でもそれとこれとは、話が別。
そんな舞台。

一日経って、でも気になるので追記。
あの、11日夜、見に来てた明らかに男役さんと娘役さんは誰でしたかね?

まっさか、オヅキじゃないよな!?

遠目で見て、姿形から判断仕切れなかったのが辛い。
完璧に否定できる容姿ならまだしも、ビミョーだったんだよなぁ。

オヅキだろうが、オヅキじゃなかろうが、まぁ良いんだけど、
でもオヅキだったら今からでも相当テンション上げることが可能なので、
どなたか同じ日、同じ時間に劇場に居たかた、リークお願いします。

イタタ、なファンだわ、全く。
Comment

管理者のみに表示