FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二本柱。

2008年03月12日
ウケるなぁ~
『身毒丸』を見に行ったら大学の友達に会った。
彼女と偶然観劇日がかぶるのは、
『白夜の女騎士』、『朧の森に棲む鬼』に続いて3回目ぐらいかな?

普段、大学の中では一番多く一緒にいる子。

終演後、与野本町のホームで携帯の電源を付けると着信アリ。
「どうした~?今身毒見てた。」
とメールで返信したら、即電話がかかってきた。

「私も見てたんだけど。」

あ、そうっすか。(笑)

今どこにいるか聞くと与野本町のホームとな。
同じじゃん。
電話越しにお互いの場所を確認し合って、無事ご対面。
私も友達と二人で観劇。彼女も友達と一緒。計4人。

ホームで身毒でデビューしてしまった藤原竜也の幸運と不幸について語っていたら、
品川徹さんが目の前を歩いていくではないか。
はえぇなぁー品川さん。観客と乗る電車が一緒か。

白石加代子と蜷川幸雄の子として生まれ、育てられてしまった藤原竜也は、
もう一生普通の世界には戻れない。
4人で話していたのはそんな内容の話だ。

藤原竜也はここまできたら男版白石加代子、すなわち平幹二朗になるしかない。

日本演劇界の宝、藤原竜也。
宝は誰が何と言おうと宝だ。
しかし同じ宝はもういらない。
と、すると…

小栗旬を救え!!!!!!

話題はここに向かう。
藤原竜也に現代的なバランスを要求するのが無理なら、
もうそっちは小栗旬に任せるしかない。
彼も次また蜷川さんの舞台に出たら危ない。
ドラマとか挟んでるけど、でも危ない。
『カリギュラ』の時点で既に危ない。

藤原竜也と小栗旬。

将来の日本演劇界を支える二本柱なんだから、くれぐれも大切に扱ってくれ~
観客としても大切にするからさぁー

藤原君のあの入り込んでしまう、深く暗いところに行ってしまう、
救いようのない感情的な美しい演技は確かにあなたの目には魅力的に映るかもしれない。
でもあれをそのまま目標にはしないでくれ、くれぐれも。

藤原君あの良い意味での土臭い生々しい感じは、あなたの持つ魅力とはきっと違う。
旬君、あなたには藤原竜也にはないスタイリッシュで現代的な華があるから。
藤原竜也とは違う美しさを目指してほしい。
その上で切磋琢磨してほしい。

旬君がどこを目指すか、彼がどの道を選ぶか。
注目せずにはいられない。
レールを敷く人にも、よろしく頼みます!とそう伝えたい。

身毒がデビューだった時点で藤原君が進む道は決まってたんだなぁ。
今日見てみて、それがよーくわかった。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。