FC2ブログ

3/10 さらば、わが愛 覇王別姫

2008年03月11日
2008年3月10日『さらば、わが愛 覇王別姫』@Bunkamuraシアターコクーン

原作:李碧華(リー・ピクワー)
脚本:岸田理生
演出:蜷川幸雄
音楽:宮川彬良
出演:東山紀之 木村佳乃 遠藤憲一 沢竜二 西岡馬


んーっと、昨日が初日ですか?
うーんとね、もっと心理描写が濃い舞台になっても良い気がする。
京劇の衣装の色の使い方は、鮮烈だ。
原色を躊躇なく使った配色に艶やかさがある。
そんな世界で生きる役者の愛憎を描いた作品なんだとしたら、
衣装と同じように、心も鮮烈であるべきだと思う。

まだまだ心が衣装に負けてるような気がしたよ。

ヒガシ(あえて呼び捨て)は、とっても綺麗だった。
男なんだけど女。女なんだけど男。
ヒガシの存在自体は艶かしい。そして、目が冷たくなるようなところが良い。
元々、男としても隙がない美しさを持った人だと思う。
人形みたいだった。
「この人は芯がぶれることなく生きてきた人なんじゃないだろうか?」
見ていて、そんな気がした。

舞台上の動作に表れると思うんだ、その人の生き方が。
ヒガシは動作に隙がない。
日本舞踊をやっている人みたいな隙のなさというか。
踊りで私が好きだな、と思うのは、手先の動きを追っていると線が見える人。
指先がなめらかに途切れることなく流れて見える人ってのがいるんですが、
ヒガシもそんな感じに近かった。ちょっと驚き。
(ちなみに勘太郎でしょ、きりやんもかな、線が見える人。)

ベットの上で割ったスイカ。
この汁が自分の服にはつかないように、
綺麗に、ある意味神経質に動いていたのも、良い意味で目に付いた。
潔癖なのかなぁ?演出なのかなぁ?両方っぽいかも。

動作は良かったんだけど、声がなぁ。
後ろ向かれて歌われると特に何を言ってるんだかわからない。
歌詞がわからないと、損した気分だ。
話にもその分、入り込めなくなる。
これはヒガシだけじゃなくて、遠藤さんにしても同じ。
予想以上に歌えていて、「おぉ!」と思ったのが木村佳乃。
結構、歌良いんだ、木村さん!
ミュージカルとか出たことあるのかな?

常に一定以上の結果を残してくる徳馬さん。
今回の徳馬さんねぇ、良いですよ。
なんていうか、美しいものには性別も何も関係ない。的な金持ち。権力者。
美しいものは、どんな汚い手を使ってでも手に入れそうな、腐った人間な雰囲気も醸し出す。
(富樫の漫画に出てきそうな人じゃ。)
で、ヒガシを触る指がエロい。目線も色気たっぷり。
私が見た位置からは見えなかったけれど、たぶん本当にキスしてたんだろうな。
服は脱がないけど、ベットシーンまであって・・・
徳馬さんが良い感じだっただけに、
徳馬さんが演じる役にはもう少し長生きして欲しかったよ。
もう少し、ヒガシと絡んで欲しかった。

今回、三方を囲むのは壁ではなくカーテン。
『オセロー』のデズデモーナのベットのあの感じ。
紗幕なので、赤い照明をあてれば当然赤になり、青い照明なら青になり・・・
色の変化が綺麗だった。雰囲気がガラっと変るね。
可動式の楽屋内のセットと、あとは京劇用の幕が下がってくるぐらいかな。
特筆すべきは、コクーン全体!
ちょうちんが、ホワイエから客席内まで飾られてました。
中国版新橋演舞場みたいな。
コクーンがちょっと違う劇場
この装飾はとっても面白かった。テンション上がるよ~!

客席内に入るとちょうちんにも驚くけれど、あれ、舞台上に人がいますね。
アップしてる人、多数。しかも搬入口全開。外から丸見え。
舞台が始まる前の段階をあえて見せることで、演じられた世界との差を強調したいのかなぁ。
今日見た限りだと、アップを見せる理由も、搬入口全開の理由も、
いまいち私には理解できない。

アップをしていた兄さん達はおそらく、アクロバティック担当。
ばく転したら、ばく宙したり、新体操見てるみたいで、凄かった。
中国ってなんか、そんなイメージだ。

場面として私が一番好きだったのは、最初と最後のスローモーション。
子役の男の子のスローモーションがお見事。
子供の頃、別姫は6本あった指の1本を母に刀で切られてしまう。
逃げる別姫。刀を持って追う母。
そのスローモーション。

娼婦であった母に指を切られた痛み。
母に売られた痛み。
娼婦の子だと罵られた痛み。
京劇の俳優になるための痛み。
男から女になる痛み。

様々な痛みを抱えて生きている別姫は、
痛みの始めにあった刀に畏怖と、ある種の憧れを感じているように見えた。
この痛みから一時的であっても救ってくれたのが、兄と慕う覇王。
(あ、別姫と覇王ってのは、劇中劇の中の役名ね。
ホントの名前は中国名なんで良く聞き取れなかった)

絶望から救ってくれた存在っていうのは、いつまでも大きいものだろう。
ずっとずっと別姫は覇王を想い続けている。
しかし、覇王は娼婦の女と結婚する。

また別姫は痛みを増やす。

「痛み」の話だと思って見ていた。

話としてはとっても興味深い。
でも、その痛みが辛くなるほど伝わってきはしなかったのが、残念。
もっと救いようのない気持ちにさせてほしかった。
色彩は派手なのに、内面は淡白な印象。

楽に向けて、内面もど派手になってくれたら、もっと面白くなると思う。
Comment
なっちゃん、なっちゃん、
木村佳乃さんは、『モーツアルト!』のコンスタンツェもやってるし、東宝『ミーマイ』のサリーも経験ずみよー。

『さらばわが愛/覇王別姫』は、私なんかは、やっぱり映画の衝撃が強いんで、舞台観てどうなのかしらねー?と思いますが。短いって聞いてほっとしているところ。

で、で、『覇王別姫(京劇の方)』と言えば項羽と劉邦です。項羽の寵姫の虞姫が「別姫」なのよ。
そうです。『虞美人』@宝塚ですよー。
一番、近い再演でも、やっと安奈淳さんとか瀬戸内美八とかだから、私も観たことはありませんが。
主題歌くらいは、聞いたことあるでしょう?
意外なところに宝塚ネタ でした。
★ぷらむさん★
おー!!そうかー。
言われてみれば唐沢さんのお隣に、木村サリーがいる姿が浮かんできました。
全然、思い浮かばなかったですよ。歌えるはずだw

覇王別姫、短かったですが感覚的には長かったような。
立ち見で見てたせいかもしれませんが。
『虜美人』名前だけは、なんとか!
安奈淳さんと言えば、現在久世氏と共演中なので実際に見る機会がありました。
小柄だけど、キリっとしてて素敵な雰囲気。
久世さんの役が、しどころのない、どうしようもない役なので、
その分?安奈さんに目が行きました。
久世さんと安奈さんが手を繋ぐ場面があったりして、「おー。」ってなったりもw
はじめまして。
こんばんわ。
私も10日の日にヒガシ様の覇王別姫を見てきました。
心理描写がもっと濃くできないかっていうのと、最初と最後のスローモーションシーンが一番好きだというのは、全く同意見だったので嬉しくなり書き込みさせて頂きました。
最後に同じスローモーションが出てきた時、案外長くてまた最初から始まったりして、とか思いました。

映画の方にはかなり思い入れがありまして、あれをきっかけにレスリーに嵌り、6回香港へ行きました。
レスリーが死んじゃって覇王別姫の事を考えないようにして封印してしまい、
長年経ちましたが、去年のテレビで東山さんがちょっと胸に刺さっていた所、
覇王別姫を演じると聞いて、これは観ておかなくちゃなぁと思って。

特にヒガシ様のファンじゃなくて映画も観ていないっていう人は、
あの舞台がどうだったか、とても興味があります。(中にはいますよね)

私には少ども時代の過酷さと兄との絆の描写が薄くて説得力に欠ける気がして物足りなかった部分もありました。

蝶衣が剣で死ぬ場面もあっさりしてて、あれ、もっと衝撃的だったような・・と思いましたが、
剣を床にすべらせたり、かざして見つめるあの演出?演技は素敵でした。

ヒガシちゃんは可愛かったし体当たりで、他のキャストの方々も濃くて、まずは満足の舞台でしたが、映画見てない人はわかったのかな?て、そこが知りたいですー。。そんな私も本までは読んでいませんが。。

終盤で機会が合えばまた観たいです。
これを期におかげで封印も解けまして、まためでたく映画の方を観たいと思うようになれたのは嬉しいことです。

ではでは失礼いたしました。
★まこみーさん★
>特にヒガシ様のファンじゃなくて映画も観ていないっていう人は、
あの舞台がどうだったか、とても興味があります。(中にはいますよね)

初めまして!コメントありがとうございます。
あの早速なんですが、まさに私がそんな人ですよ!
映画も見ていませんし、東山さんのファンでもなく、でもあの舞台を見に行きました。
しいて言うなら蜷川幸雄ファンです。
で、↑こんな感想だったんですが、理解はできているのかな?自分ではよくわかりませんw

蝶衣がもっともっと兄に複雑な深い愛情を抱いているのが見えれば、
木村さんが、兄を奪っていくその衝撃も増すし、
そこからまた、憎悪の念が生まれたり・・・と、舞台自体の深みも増しそうですよね。
決して悪い舞台ではなかったですが、「もっともっと!」と思う部分は確かにありました。

でもヒガシさんの身のこなしと美しさは予想以上でしたー。
本当に人間として綺麗な人だぁ。

私はこれを期に、映画版を見てみたいな。という気持ちにはなりました。
なかなか家でじっくりとDVDを見る時間もとれないので、
実行できるかは微妙なところですが・・・(^▽^;)
でもとりあえず、興味だけは湧いてます!

日程後半での観劇が叶うといいですね!
その時までに舞台も進化していれば・・・

ではでは、コメントありがとうございましたっ。
あらあら☆
色付きの文字なつさん、レスをありがとうございます。
ええーーそうでしたか!なつさんは「まさに」の人でしたか~~。
ヒガシファンでもなく映画も見ていない。
ここにお邪魔したのはぴったんこだったんですね。

あ、この人はなんだか的確だ、しかも冷静だ、と思い
(この頃、興奮のベタ褒めコメントばっかりだったので)
プロフィールでヒガシファンではないだろうなと思いましたが、
映画は見てる人だとすっかり思ってました。

映画見てないのに?
それであのコメントですか~。いや~そうですか~~。
私だったらきっと、??ワケわからん??だったですよー。

それで心理描写が薄い、もっともっとできるはずと感じられたと。
それが私が知りたかった部分でありました。

そして、映画も見たくなったわけですね?
素晴らしいですね!
なつさんの感性がとても豊かなんですね。
文章表現もナイスセンスです♪

うーーんどうなんだろ??っていう疑問が一つ晴れました。
わーい☆ありがとごじゃいます。

「ぶれることなく生きてきた」についても、
ヒガシ様が最近ジャニwebサイトの日記で、
「既にいろんな声が聞こえてますが、僕はぶれませんよ」と言っておられましたよ。

私は舞台は舞台で別物だからなるべく真っ白な頭で観たいと思って見に行きましたが、
割と始めの方から、あれ?これは映画を見てる事が前提の舞台なのか?それもアリなのか?いや、まさか?それにしても?と、ずっと頭がふらふらしながら見てしまっていたのでした。

そして、一番ほほぉ~ぅと思ったのがあのスローモーションだったのでぇす。
京劇の動きは、さすがというか、よくここまで、と思いましたが、
ここは比べてはいけないという感じで少し目を瞑りました。

中華の空気むんむんで良かったし、視覚的には予想以上に入り込めました。

ですが・・蜷川さんはこれを世界に持っていきたいみたいなことを書いてたと思いますが、
ぶっちゃけ世界には行かないでほしいです。もっともっと練ってもらえれば。。(エラソー)

さて、ぜひいつの日か映画を見て頂きたいので多くは語れませんが、
衝撃・壮絶・その他もろもろ~!です。
実は私は一度しか観ていないのですが、細部に渡り鮮明に心と脳みそに焼き付いております。大事にしすぎててそうそう気軽に観れないとか言ってて
封印になっちゃったんです。
と、あまり期待を強くしても何ですね。

あと、めでたく3月30日東京楽前日のチケをゲトしました。
この日以外ではダメでしたのでラッキーーです。

前回は肉眼でお顔が見える距離だったので、スイカがとても匂っていましたが、今度は割りと後ろの方で、全体が見れてグーです。

大きくは舞台の育ち具合なんかを期待してなわけですが、
いやいや2回観させるって、なかなかですよね。(エラソー)

ではでは長々すみません。お邪魔いたしました。
ありがとうございました☆☆

















★まこみーさん★
いやいや、お役に立てたっぽい上に、感謝の言葉までいただいちゃって、
こちらこそありがとうございますです!

私がわけわからなくならなかったのは、
逆に映画を見ていなかったからかもなぁ~と思いました。
先入観なく、舞台の上だけの情報で、話を成立させるしかなかったので。

一回途切れてしまったら、自力で話に戻ってくるのが大変そうな舞台だったから、
見ている間中、
「今、何を思ってるの?」「何を感じてるの?」
って、読み取ろうと必死でしたw
で、読み取る相手は主にヒガシに定めて・・・
東山さんが、日記でそんな発言してたんですねぇ。
「おー私が感じたこと、あながち間違ってないぞ!」と嬉しかったです。
素の東山さんを1度見たことがあるんですが、
その時も、迷いがないというか、スッとその場所に立っているような印象を受けました。
京劇の動作を短期間であれだけ身につけられたのも、
普段の生活の動作から無駄がなく、綺麗だったからじゃないかと、勝手に推測しています。

パンフは買わなかったのですが、これを世界ですか・・・(パンフ情報ですかね?それともTV特番?)
いや~どうですかね?私も正直やめていただきたいですw
見た目はすっごく綺麗でしたけどね。でもやっぱりもう少しどうにかしてほしいもんです。

あまりにも衝撃が大きすぎて、自分で勝手に封印!ありますよね、わかります!
私も何度か舞台でそういう経験を味わって、それで舞台にハマっちゃった、っていう。(笑)
「自分の中に残っている余韻だけでいいもん!!」
「あとから映像で見て、その余韻に余計な情報を加えたくないもん!!」
みたいな感じでw、映像で見ることを避けてます。

30日、チケット購入できたようで良かったです。
格段に良くなっている事は、難しいかもしれませんが、
やっぱり舞台って進化しますもんね!
進化を是非見届けてきてくださいませ♪

管理者のみに表示