FC2ブログ

3/4 君を愛してる/ミロワール

2008年03月06日
mirowa-ru

2008年3月4日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目


確実に回数を重ねて、4回目。
えー、前回見たときに気になったことがあったので、今日もそのことについて確認。
やっぱり、間違いないな。

この公演、マイクを2つ付けている人が、一人いる。
誰って?

ハマコ。

みんなが付けている通常のマイクに加え、ハマコは内蔵マイクを装備。
マイク2個。

サーカス団員じゃない。
神父なのに、誰よりもデカイ声でサーカス魂を歌う未来優希が大好きです。

芝居は、まだとりあえず退屈せずに見ていられるけれど、
ちょっと飽きがきたようなところもある。
でもその分、細かいところを見る余裕が増してきた。
コーラスで、一人一人の声を聞き分けようという意識が出てきたり。
それで気が付いて、笑ったのが、ハマコだ。

声デカイって。(笑)

「それがぁ~サーカスだましぃぃ~♪」
って爆裂してるけど、あなた神父だから!神に仕える人だから!
ただ、もう一度言っておく。
私はそんな未来優希が大好きだ。

思い出せる限りの最新版のツボを挙げてみることにする。
まず、アンリ・ド・シャレットの葬式にて。
袖に捌けて行く様子がみんな、すごい可愛いです。
ペンギンが横歩きしてるみたいに捌けていきます。(来る時もそう)
ここのオヅキを見るのが、個人的なチェックポイント。

ジョルジュもてもてぇ~♪のもてもてぇの水しぇんの声の裏返り具合が、
これまたいつ聞いてもツボ。
だけどいつまで経っても、上流階級の女達が誰が誰だかわからない私。
あー奏乃はるとはわかるかぁ。
あ、この場面ではわからないけれど、涼瀬みうと君はおそらくわかるようになったぞ。
顔と名前と存在が、星組の真風涼帆とかぶる。
みんな美形過ぎるから、いけないんだな、うん。

あと、水しぇんの歌声でツボるのはラストのプロポーズのところですかね。
歌詞忘れちゃったけど、一段階、音が上がる。その時の声が!もうっ!
(マルキーーィーズ♪って言ってるんだっけか?)

「どうかしてる、手鏡を置き忘れるなんて」
の台詞にはいつも違和感。
そんなに大事な手鏡ってなんなの、マルキーズ。
あと、場面は飛ぶけれどフェンシングした形跡ないのに、
「あらフェンシング?私強いわよ。(おたま振り回す)」もないんじゃないかなぁ。
あの場面、剣が置いてあるだけだよねぇ?
ジョルジュと、せめてシャルルあたりが剣を持った状態なら、
マルキーズがふざけておたまで戦い出すのも理解できるんだけどね。
ここで、べーってする水しぇんにも注目。
オペラで追ってて、べーってする瞬間を見てしまったら、あまりの可愛さにドキっとしました。
そんなこんなで、ポケカレを迷わず買うに至るわけですよ。
(オヅキがなぁ、なんででないかなぁー。
他組見渡しても、オヅキぐらいまでなら出してもいいぐらいじゃんかよぉ。)

可愛いと言えば、クレープにかぶりつくフィラントも。
いつも見てしまう。甘いもの好きなんだろうなぁ~

好きな場面。
クレアントとジョルジュがじゃれ合いの喧嘩をするところ。もちろん。
何?!あの兄弟は!!
仲良しオーラ出しすぎ。
何気なく跳び箱してるクレアント。
声高くなってるんだけど、でも男役だよなぁーオヅキ。

順不同でどんどん挙げるけれど、「曲芸三姉妹♪」の時、
ラギとかかなぁ?男役サーカス団員も同じ振りをしていたのに気づく。
誰だっただろう。今度良く見てみよう。

変らず私のツボを刺激し続けるのが、アルガンですよねぇ。
あとセットで、レイチェルも。
レイチェルが振られちゃったアルガンを見て、
オロオロ心配している様子が、いつ見ても可愛らしいのです。
キャラとして一つ確立されたものがある。
そのうち、もう一組カップルが成立することを祈ってるからね、レイチェル。
ブーケもゲットしていたし、君の未来は明るいはずさ。

私はテルキタの並びが好きなんだ。
っていうのを、ラストのプロポーズシーンで実感しました。
(↑NEW GENERATIONがいつの間にか家にある。なぜだ。なぜなんだ。)
二人隣同士に座ってて、ことある毎に会話をしあう。その微笑ましいこと。
綺麗なカナメ氏と、男っぽいオヅキの並びはイイ。
兄のプロポーズを眺めているクレアントの表情は優しくって、好きだなぁ。
この場面のオヅキ、特に好きかも。

オヅキとコマとのダンスだけれど、これ最初オヅキはちょい拒絶気味の反応を示してた。
「お前、アルガンのサーカス団に行こうとしたヤツだろ?」で、ちょっと嫌そうな顔をして、
でも「それはもう気にしないでくれよ。(ニコ)」のコマの笑顔で、
クレアントも恐る恐る笑顔を返す。でまたコマが笑うから、そこからは二人して笑顔。
あーちゃんと、役に沿った小芝居してるぞー、この人たち~。
つーか、コマに微笑みかけられたら、帳消しだよねぇ。
コマちっこくて、格好良くて、綺麗で、それプラス緒月ってのが、面白いのだ。好きなのだ。

ショーはホント、緒月しか見られませんね。
4回目にして、『あーそろそろ他も見なければ。』と思ったんですが、
レムに泊まってスカステのタカラヅカニュース見て、前言撤回。

DVDになったら、真ん中がメインになるんだ・・・。忘れていたよ。

センターからはちょいずれるオヅキが画面に映るシーンは、
当たり前に水夏希より少ないんだ。
真ん中の人は、DVDでも見れる。

じゃあ、私は緒月遠麻を見なければいけない。
これ義務。

みんなそうだと思うけど、髪型をキチっと変えてきてくれるところが好きですね。
あと右耳の耳飾。あれ大きくて目立つ。
私は、オールバックにひと筋前髪を垂らされるのに、滅法弱い!!
それで男全開で、娘役さんと絡んでみなさいよ。
メロメロですから。メロメロですよ。目がエロい。明日も見に行こうかな。

娘役に対するそっけない態度、ってのも好きみたいですね。
目線は他を見ているんだけど、手だけで腕を掴んで引っ張り寄せる・・・
みたいな、なんかバトラー的な?
超好き。
ここに好みの色気を感じる男役さんを好きになるんだなぁ、私は。

どこだったけかなぁ~?えっと、シルバーキラッキラなみずとな、歌うゆみこ。
になる前の盆回りですかね。
ここで、袖に捌けるまでのオヅキも、結構追ってます。
他の男役さんと娘役さんの絡みを、チラっと見ていたり、
手を挙げて挨拶してたり、格好良いんですよー。気合入ってるんですよー。

ユミコの歌声には、毎回本当に癒される。
Aquaの鏡での銀橋渡りとか、癒し以外の何物でもないですよね。
個人的に中詰めでヒートアップし過ぎた部分を、スーッとユミコが落ち着かせてくれる。

今回ショーを見て、微妙にだけど熱量が上がったような気がした。
全体的に熱くなってきた、かな?
その温度上げの中心にいたのが、音月桂だと思う。
どこでショーの温度を上げたかって、SingSingSingなんだよね。
キム、気合入ってると思う。男役らしく魅力的に、彼熱いですよ。
つられてカナメの温度も上がってるのね。
で、更につられて、みんなの温度も上がってる。
どこまで温度が上がるのか、確かめたいぞー。

芝居も許容範囲だし、ショーは何度も見れそうなので、
オヅキ落ち記念に、出来る限り見て行きたいな、と思ってます。
就活だからってチケット購入を抑えているので、その分なのか、余裕もあるし。
安く多く見て、時にちょっと奮発できたらベストかな。
舞台見る息抜きに就活できたら、これもまたベストですね。
Comment

管理者のみに表示