FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/9 キル

2008年01月10日
kiru

2008年1月9日『キル』@Bunkamuraシアターコクーン

作・演出:野田秀樹
出演:妻夫木聡/広末涼子/勝村政信/高田聖子/山田まりや/村岡希美
    市川しんぺー/中山祐一朗/小林勝也/高橋惠子/野田秀樹


前回、12月14日に観た時が何も感じられず、
『キル』を見て何も感じられないこと自体が、結構ショックだったので、
今日見るのも怖かったんだけど、お友達に誘われ、立ち見で突如観劇してきました。

14日よりはマシだったけど、でもダメだぁ・・・。

立ち見で見て、しっかり『キル』の世界を感じられた人ももちろんいるに決まってる。
だけど、私には無理かも。

14日もそうだったけど、今日もそう。
『キル』の世界に入り込むことが出来ない。
初日を見たときの、あの胸の高鳴りを感じることができない。

視界が悪くて舞台が見切れるんじゃない。
『キル』の世界が見切れてしまう。


劇場というちょっとした異空間から、永遠に広がっていくモンゴルの青い空。
それを私は立ち見からだと感じることができないらしい。
言い訳かもしれないけれど、今日はそう思った。

初日はちゃんとS席を取って、1階席の真ん中辺りで見た。
この時は、私の中に確かにモンゴルの青い空が広がって、
気持ちが浄化されていくような、懐かしいような、暖かい気持ちになれた。

その後、立ち見で2回観劇。
2回とも話しに入り込めず、気持ちだけが空回り。
『キル』は大好きな舞台だからこそ、大切にしたい舞台だからこそ、
空回りしてしまうことが、辛い。
だから、『キル』は立ち見で見るのもうやめるー。

舞台の奥行きを感じられることが大切な作品であるように思う。
それは、草原を思わせる広さ。
だから9500円取るんだと思うけれど、
『キル』の世界と、自分との間を遮る障害物は、できるだけ省きたい。
人の頭も視野に入れたくないし、照明器具も見たくない。
舞台の上は作られた現実じゃなく、テムジンたちが生きている別の世界。
『キル』はそこが良い。
別世界により近づくための切符だから、9500円もするんだ。

一方、立ち見は3500円。
うん、我慢するしかないかな。(笑)

嫌でも見えてしまう袖。設置されている照明。バルコニー席のお客さん。
色んなモノ、人が、『キル』までの距離を遠くしている感じ。歯がゆい。

実質的な距離は、1階の最後列よりも中2階の立ち見の方が近いかもしれないけれど、
『キル』は、真正面から見て、がっちり受け止めたい舞台。少なくとも私にとっては。

客観的に見て、ちょっと変わってきたかも!と思えた役者さんのことを、つらつらと。

高橋惠子さんが、以前見たときと比べると、だい~ぶ空気に慣れてきて、
良い感じに突っ走るトワになっているのが、とっても嬉しい。
大リーグボール2号も、もはやお手の物。
キレてきましたよ、高橋惠子がキレてきてますよ。

勝村さんのしつこさもちょっとづつ軽減されてきたような。
他の人の感想等を読むと、勝村さんがかなり高評価されてるんですが、
私は実は、今回勝村さんがあまり受け入れられなくて・・・
とにかく細かく芝居し過ぎていて、それが暑苦しくてw
暑苦しいのは相変わらずだったけれど、それでもちょっと締まったかな。
空気がダレるような場面が少なくなった気がする。

聖子さんは、着実に迫力が増してきている。
後半の人形は特に良いなぁ。
聖子さんの間の一つ一つが、場の緊迫感を高めてくれる。

不満なのが、中山君かなー
「なんちゃって」がポロロンの決め台詞の一つなのに、
活舌が悪くってなんて言っているのやら。間も良くない。
笑わせられるところで、キチっと笑わせてくれないと、空気が緩む。
緩ませて欲しくないの。
その最たる台詞が「なんちゃって」だと思うんだけどな。

元々、中山祐一朗って役者さんは、空気を読めるタイプじゃないよなぁ。
有り得ないほど場の空気を読めなくて、その有り得なさが逆に魅力的!
みたいな人だから、テンポがズレない芝居をしようとすると、
面白味がなくなってしまう人なんじゃないだろうか。

逆にほんの少しだけど生き生きとし始めてるように感じられたのが、村岡さん。
村岡の姉さんに、あの衣装って、似合うとは思わないんだけど、
でも段々、村岡さんっぽい弾けっぷりがJ.J.の中にも見えてきた。
フリフリとJ.J.、キャスティング逆でも面白かったかも。なんて思ったり。
フリフリな村岡希美を、ほんのちょっとだけ見てみたい。

野田さんはまだまだ余裕はありそうだけど、ほんの少し声がかすれ気味。
でも元気そうでしたので、安心。
未だに誰よりも飛び跳ねてるのが、もう私には糸惜しい。

妻夫木君のテムジンは相変わらず、ラストの表情が絶品。
声はやっぱりかすれ気味だけど、舞台用の声を出す技術が伴っていないからで、
喉は結構強い人なんじゃないかなぁーと、思い始めたんですが、どうだろう?
だって初日見たときからずっと、あんな声してたしさ~

ということで、今日のキルの感想でした。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。