FC2ブログ

12/20 ロープ 3回目

2006年12月21日
ろぷ


2006年12月20日 野田地図第12回公演『ロープ』@シアターコクーン 3回目

[作・演出]野田秀樹
[出演]宮沢りえ/藤原竜也/渡辺えり子/宇梶剛士/橋本じゅん/三宅弘城
   松村武/中村まこと/明星真由美/明樂哲典/AKIRA/野田秀樹

12月5日→1回目
12月13日→2回目

1回目見たときから思ったことですが、
これは複数回見る芝居じゃないなぁ・・・

今日は見て疲れてしまった。

もうなんかただそれだけです。

『ロープ』って舞台が面白いのかどうか、
私にはサッパリわかんなくなってきたわ。

私が野田秀樹を好きになったキッカケが
『走れメルス』であることが、そもそもやっかいなんだ。
メルスは野田さんが二十歳だかそこらの時に書いた若い戯曲。
それを30年経って、野田地図として再演したものを見て、
私は野田秀樹のファンになってる。

で、だ。
今の野田秀樹に、私がファンになった野田秀樹の面影は、
残っているのか、いないのか。
私一体野田さんの舞台のどこが好きなんでしょーか。

メルスを見たときに強烈に好きだ!
と感じてしまった想いは、簡単に消えるようなものでもなく、
今もしつこく尾を引いて残っているんだけど、
その尾っぽが好きなのかもしれない・・・とか最近思ってしまう。

つまるところ、遊眠社が好きなんじゃないかと。

うーん、自分でもよくわからない。
でも、今日ロープ見て、一番ときめいたのは(笑)、
野田さんの声色が変わった時だ。
演技は変わっていない。
野田秀樹独特の演技の調子、リズム、嫌いじゃないなぁw

最初の出会いが衝撃的過ぎて、
野田さんの存在だけは、自分の中でフラットなものにできないでいる。

今日はカメラが入る収録日。
収録日に野田秀樹が眼鏡かけた役で出ていると、
女にひっぱたかれた時、眼鏡は客席に落ちる運命なのか?
えり子さんにひっぱたかれて、野田さんの眼鏡が客席に落ちた。
『オイル』なのか?(笑)



押していただけるのも嬉しいけれど、
逆に入ってきてくれるのも嬉しかったりします。

野田秀樹については、ただいま迷走中だな、私w
ただ、今後も見続けることだけは確かだと。
迷走しつつも見ますよ。見ずにはいられないだろう。
Comment

管理者のみに表示