FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三部門ノミネート。

2007年07月12日
7月9日、10日、11日と読売演劇大賞の中間選考発表があった。
ウチは読売を取ってるんで、毎年この時期は楽しみ。

まず9日、【作品賞】。

ノミネート作品は、

『スウィーニー・トッド』
『コンフィダント・絆』
『CLEANSKINS/きれいな肌』
『宝塚BOYS』
『THE BEE』

の5本。
『宝塚BOYS』見ればよかったなぁー
『スウィーニー・トッド』がちょっと謎だけど、まぁ妥当な5本なのかな。
さてここからですよ。
翌日10日。10日は男優賞と女優賞のノミネート者発表。

まずは【女優賞】。

池内淳子、岡まゆみ、笠木泉、倉野章子、堀内敬子、松たか子

の5人。
コンフィダントの堀内さんは、
憎めない可愛さのある役を演じきって、歌声で劇場包んで、見事だったよね。
ひばりのお松は真っ直ぐさが群を抜いていた。
あんなに透明感のある女優さんってなかなかいない。

そして【男優賞】。

相島一之、尾上菊五郎、北村有起哉、野田秀樹、橋爪功

ん?
男優賞だよ?
野田秀樹??

ちょっと驚いたけど、
でもあの『THE BEE』の井戸の演技を見てしまったので、当然だと思える。
といってもね、6月に1回見たときはそこまで凄いと思わなかったんだ。
でも千秋楽見たとき、あそこまでの狂気を出せる役者はいない。と思った。
狂気だけが怖かったんじゃなくて、
プツっとキレる瞬間瞬間が怖かった。
どんどんキレるスイッチが入っていくような、底知れない怖さがあったから。
野田さん自身もパンフレットで言っていたけど、
全て偶然だったんだろうね。
安直殴って殺したのも、銃を天井に向けてぶっ放したのも・・・
全部その時の一瞬の感情による偶然。
その一瞬がわかったから怖かったんだよ。ただ狂ってたからじゃない。

さぁ、ここまでくればもうおわかりでしょう、11日、【演出家賞】。

木村光一、鈴木忠志、鈴木裕美、野田秀樹、本谷有希子

鈴木姓が日本にいかに多いかを表す結果になりました。

って、違うからね。
野田さん、作品賞、男優賞、演出家賞の三部門でノミネートだよ。
凄いなぁー凄いと思うけど、でも当然の結果だよなぁ。
あれをやっちゃう野田秀樹をノミネートしないで、他に誰をノミネートするんですか。

話はちょっと変わるんだけど、『THE BEE』のパンフ、
野田さんと筒井康隆さんの対談の中で、

ニュースバラエティなんかは、事件後に『なぜ起きたか』と
もっともらしく説明を加えようとするじゃないですか?
暴力が起きる理由がわかったら、それを『認める』、
ある種殺人を認めることになる。だからわかってはいけないし、
わかるはずがないのだけれど・・・


と野田さんが言っていた。
この野田さんの言葉で、ふと思い出したのが『贋作・罪と罰』の英。
9回再演の贋作・罪と罰を見たけれど、
何度見ても殺人を犯す英の感情が理解できなかった。
今となっては理解しようとしていたことが、とんでもないと思うんだけど、
これは理解できなくて当然。ってことで良かったんだよね?
英の感情が見えてきたのは、才谷目線から英を見たときだったんだよね。

『贋作・罪と罰』→『ロープ』→『THE BEE』→(『キル』)

並べてみると、なんとなく野田さんの傾向が見えてくるような気がする。
それと同時に、野田秀樹の目から見た“今”ってのも見えてくるような感じ。
野田さんの舞台見たり、蜷川さんの舞台見たりするのはそこが面白い。
彼らの目を通した“今の社会の姿”が見えてくるから。
何を考えているのか、どう思っているのか、舞台を通して伝わってくる。
それを見る側は出来る限り受け止める。

ここが楽しいんだよなぁ~

三部門とも残る可能性も大きいと思うけど、
少なくとも作品賞では『THE BEE』、最終まで残るだろうな。
だって日本Ver.だけの評価なんだから。
明日からのロンドンVer.も間違いなく評価されるでしょ。

河原リーダー、ケラさん、松尾ちゃん・・・

各演劇人たちも見に行って、褒めまくってますからね。
褒めるというか、刺激を受けて、圧倒されてる感じ。
世界のNODAになる日もそう遠くない気がするよ。
現世界の人よりも、私は野田秀樹の方が凄いと思ってる。あーあ、言っちゃったよ。(笑)


相変わらず15位に留まって頑張ってます!ヤッタゼ!
良かったら引き続き応援クリックしてやってください。


拍手の一言コメントも引き続きちょっとづつではありますが、
楽しませてもらっています。どうもです!

*naturalness*まだなっつんさんの『お気に召すまま』感想読んでません。
自分が見るまで読んでたまるかw

『富士丸な日々』と『羊の国のラブラドール絵日記』
みたいなことがやれたら面白いなぁ、嬉しいなぁ、
と思ったんですが、なっつんさん、どうでしょう!?
リンク+お互いのブログに対する一言コメントを、みたいな。
お互い面倒な時はつけない。といったかなりラフな感じでw

あーバリバリバリューは見逃したよぉー
富士丸もたけひろしも可愛いなぁ。(おい、たけひろしは違うんじゃないか?)
Comment
>鈴木姓が日本にいかに多いかを表す結果になりました。
ここ。ここの部分が一番引っかかった私って・・・
野田秀樹もスゴいが、おもしろいなあ、なっちゃん。

『お気に召すまま』なっつん評は、じつのところ今回かなり美化して書いちゃいました。追々そのことについて書きますが・・・
私は今”ガツン”系が見たいらしい。

そして!なかなか楽しい企画!やるやる~!!ノッタよ、その話。
でもじつは、『富士丸な日々』の存在、今初めて知った。必死で検索(汗)
有名犬なんだね~。かわいい。かわいすぎる。
しかも、サイトの作りが私好み。バリバリバリュー、見たかったー!
★なっつんさん★
わーい。じゃあリンクとコメントし合いましょう!
よろしくです!

富士丸な日々、絶対なっつんさんも好きじゃないかなぁ~
と思ったんですよ。
まず富士丸が可愛いし、文章も面白いしで、オススメです。

ガツンとくるものが見たいときあります、あります!
で、その後はたいてい楽に見ていられる物が見たくなり、
最近だと宝塚に走りがちな私です。(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。