FC2ブログ

今となっては珍しく。

2007年07月06日
やっぱり堤真一は格好良いわ~
写楽考について、つっつんが語るWOWOWの15分番組を遅ればせながら見る。

つい最近、好きな男のタイプはGackt!!と豪語する趣味正反対な友達に、
堤真一ファンであることを告げたところ、

「堤真一、絶対ない。え?」

と、真顔で真面目に否定されましたが、

いや、ありだろ。え?じゃないよ。
この人をありにしなきゃ、世の中どうなるよ。

まぁ、実際には世の中どうにもなりませんが、
確かにGacktと堤真一は相容れないよなぁ、どう考えても。
私もこう一般的な目で見ればGacktが格好良いってのはわかるけど、
好きな色気を感じるか、感じないか、っていったら、感じない。
人の好みは色々ですねー
未だに舞台について考え込んで眠れなくなる彼。
舞台に立つことは修行だと言い切る彼。

ストイックさがたまらなく格好良いじゃないですか。
このストイックさと、お茶目さのギャップが堤ファンのツボかと思われます。
ドイツ行って、スポーツカーから降りたとき、
速さに感動して思わず叫んじゃうような、あの感じがね。
う、久々にドイツ通見たくなってきたな。

私は2000年の『やまとなでしこ』で堤真一を好きな役者として認識し、
03年『ビギナー』で松雪姉さんとセットで、堤さんのファンに。

2000年・・・今から7年前っていうと私は中1で、
4年前だと、えっと高3ですかね。
ずーっと「好きな芸能人は?」と問われれば、
「堤真一。」と即答してきて、もう大学3年になっちゃったよ。
早いなぁー。

最近のブログを読んでいただいてもわかる通り、
どんどんタカラヅカ方面に走っていくワタクシですが、
ずーーーっと、堤さんが好きなのは変わりません。
好きの配分が、ちょっとね、変わってるけどね、うん。(ちょっとか?)

それこそ舞台を通じて堤真一の生き様に触れて、
そうすることで背筋を正されるというか。
堤さんの演技を見ると、すっと気持ちが真っ直ぐになるような、そんな気がするよ。
堤真一は年を取ったら、
その年齢であるからこその輝きを魅せてくれる役者だと私は信じて疑わないので、
堤さんが舞台に立つ姿をずーっと見ていきたいと思うのさ。

今年はもう舞台ないのかなぁー。
というか、私、早く『舞妓Haaaan!!!』見に行け?
舞台と違って映画だと、「いつでも見に行けるや~」とか思って、
結局後手後手に回ってしまう。
でも行こうよ、早く。
筋肉質ななで肩を早く見に行かねばっ!
阿部ちゃんにお茶かけられるのもちゃんと見なくちゃ!

元々、小学校低学年ぐらいから超が付くほどのテレビドラマ好きだった私。
テレビで見ていて好きだと思った役者さんを実際に見たい!と追っかけたら、
いつの間にか舞台にハマってしまった。
この流れは、我ながらなかなか凄いものがある気がするぞ。
舞台見始めた18歳から今までって、怒涛の2年間ですよ。
めちゃくちゃ面白い2年間だったけどね。それで今も面白い。
堤真一はテレビから舞台に・・・その橋をかけてくれた一人だなぁ。


最近にしては珍しく(笑)、まるまる堤話題でした。
当たり障りない堤さん話ですが、楽しんでいただけましたら、
クリックしてやってくださいませ。
16位までちょっと差が縮まってきたぞ!
Comment

管理者のみに表示