FC2ブログ

6/30 船上のピクニック

2007年06月30日
2007年6月30日『船上のピクニック』@さいたま芸術劇場小ホール

作:岩松了
演出:蜷川幸雄
演出補:井上尊晶
出演:さいたまゴールド・シアター
[石川佳代/宇畑稔/大神信/大串三和子/小川喬也/小渕光世/葛西弘/加藤素子/神尾冨美子/上村正子/北澤正昭/倉澤誠一/小林允子/小林博/佐藤禮子/重本恵津子/柴田紘子/関根敏博/田内一子/高階菖子/高田誠治郎/高橋清/滝澤多江/宅嶋渓/竹居正武/谷川美枝/田村律子/茅野弘子/寺村陽子/遠山陽一/徳納敬子/杜澤充英/中島栄一/中野富吉/永橋敏子/中村絹江/西尾嘉十/林田惠子/百元夏繪/美坂公子/宮田道代/森下隆一/森安恵/吉久智恵子/渡部純二/渡邉杏奴(五十音順)]

e+のサイトから持ってきただけですが、どうせなら全員分の名前をね。

まずは舞台ですが、
意味がわかりませんでした!

でも、意味わからないのにも色々あると思うのね。
決して不快感が残る意味のわからなさではなかった。
嫌いじゃないな。

パンフレットの販売はなかったけれど、
パンフレット的な冊子がチラシと一緒に、座席の上に置いてあった。
その中の蜷川さんの言葉。
「船上の45人のドラマはメタファー(隠喩)にあふれています。」
隠喩っていうのは、

「…のようだ」「…のごとし」などの形を用いず、
そのものの特徴を直接他のもので表現する方法


で、あるらしい。
どこがどう隠喩なのか、掴んでやろうと2時間強見続けていたけれど、
掴み切れなかった感が強い。
掴む糸口もあるようで、ないような・・・
掴んだら消えるような言葉の連続がもどかしくもあったけれど、
でも、嫌いじゃなかったんだと思う。

この戯曲を上演するの、大変だったろうなぁ~
一筋縄じゃいかないって、コレ。
一人一人が台詞の持つ意味を自分なりに解釈して、
更にその上で他人の解釈を受け入れて・・・
そうやって積み重ねていかないと、
ただ決められた台詞をただ喋るだけの芝居になりかねない。

「台詞を言うだけでいっぱいいっぱいなのかもな。」

と感じたことは何度かあったけれど、
でも、決められた台詞を喋ってるだけの芝居にはなっていなかったと思う。
それぞれが役を感じて、その場に立っている。
っていうのは、終始一貫して伝わってきた。

手を抜いてくるはずがない。ってのはわかっていたけれど、
船上の設定の舞台、手すり部分の錆にまで、
きちんと気を配っている舞台美術を見て安心する。
パンフもどきの冊子で確認したら、衣装は小峰リリーさんじゃないか。
凄いなぁーリリーさんが、衣装。
振付のうらんさんも蜷川演出の常連さんかな。

そしてゴールド・シアターの役者さん達はどうなのか。
こちらも第一声を聞いて大方安心。
1年間本当にキチンと訓練してきたんだろうな。
声もそうだし、立ち振る舞いもそうだし、
みんなそれぞれ舞台に立つ者としての技術を身につけてきたというか。
見ていてヒヤっとする時もあったけれど、
でもなんか、面白い。

登場シーンでこれは強く感じたんだけれど、
全員が55歳以上。当たり前だけど、
この人たちには55年以上生きてきた人生の重みがある。
一人一人が背負ってきた人生の重みが交差していくような、そんな感覚になった。
もっともっと上手くなって欲しいな。
そしたらもっともっともっと面白い。

中間発表は過去二回あったけれど、これが一応第一回公演となる。
面白いから二回目も見に行きたいなぁ。
面白そうな役者さん、何人もいたし。
登場人物は劇団員全員だから46人。
でも、46人それぞれの役としての性格が見えてきたような気がするよね。

ひょうきんでめちゃくちゃ身体使えそうな人、
ものすっごい渋くて良い声してる人、
独特な上手い間と雰囲気を持ってる人、
声良しで、更に容姿も綺麗な人、
高畑淳子さんチックなキャラの人、
声が鷲尾真知子さんに似てる人、
温和で優しそうな人、

とにかく色んな人がいる。

いーなーもう、私もこういう年の取り方したいなぁ。
みんな格好良いんだもん。
「したいなぁ」と憧れるより、「しよう」。
年を重ねるにつれて、そりゃ身体の機能は衰えるだろうし、
今とは色々違ってもくるだろう。
でも、気力を衰えさせてどうする。
「55歳以上なんですってねー凄いわね~ワタシには無理だわ~」
と、社交辞令で会話するような年のとり方はしたくないのよ。格好悪い。
一生懸命なエネルギーを感じたら、
それを自分にはないものと否定するのではなく、
自分のエネルギーに変換出来るような、そんなゴールドになりますわ、私も。
35年後の私が理想とする気持ちの持ち主が、
このさいたまゴールド・シアターのメンバーの中にたくさんいるのかも。
蜷川幸雄も含めてね。



意味はわからなかったけど、刺激にはなりました。
じぃさん、ばぁさんに負けちゃいられねぇ!
25位以内に再浮上。ありがとうございます。
引き続き?クリックしてランキングあげてやってください。
Comment
いたいた!高畑淳子さんに鷲尾真知子さん!高畑淳子さんなんて、そのまんまって感じだったよね~!

我らもあんなかっこいいバァちゃんになりましょうではないか!!
★なっつんさん★
なりましょ、なりましょ!!
本当カーテンコールの表情が良かったですよね。憧れですよー素敵でした。

絶対に思い浮かべてる役者さん同じですよね。(笑)
なんか、普通の役者さんとは一味も二味も違って、興味深かったです。
第二回公演がいつあるのか…
いつ、というか、あるかないかもわかりませんが、期待して待ちたいです!!
面白かった~

管理者のみに表示