スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉今日子×市川真人トークショー

2015年11月10日
海馬がんばろう、と声を掛けながら、「小泉今日子×市川真人トークショー」を思い出してみようかと思います。
こう頭の前の方の、ちょっと上の方に浮かぶコイズミ像を気合いだけで落とし込む。
マジ気合いで。

今考えても、なぜ横浜くんだりまで行かなければならなかったのか、その理由が少しもわからない。
神奈川近代文学館ってどこ。
いっそのこと鎌倉文学館じゃダメだったの?

…っていうか、都内じゃダメだったの?中央公論社さん?

と、なったのは、ひとつ、その立地のせい。
小高い丘の上にありました、神奈川近代文学館。
雨の中、階段を登り、木の実を食べないように気をつけつつ、辿り着いたのは、文学館がある港の見える丘公園。
晴れた日に来たら、さぞ気持ちの良い公園だろう。



しかし港見えねーし。
雨だし。

念のためツッコミつつ、文学館へ。
期間展示は柳田國男。

「やなきだ くにお」か。

と無駄につぶやいて、会場へ。


小泉さんが来るからもう少し、客席も浮き足立つかなと思ったら、意外とそうでもなく、
年齢層も30代より上、普段から読書してますオーラが漂う人々が多かったような印象。
そこに果敢に混ざる。
普段から演劇見てます的な感じで。

またおそらく会場選び同様、中央公論社さんが謎の配席をぶちかましておりまして、
本人とも面識あるんじゃないかな?ぐらいの関係者を最前ど真ん中に座らせるというアグレッシブさを見せていた。
担当されていた鵜飼さんはわかる。
まぁでもあとは記者の方とかかな?とりあえず、最前列はやりづらそうだった。

始まるまで、落ち着いた客層なので、それほど騒がしくもなく、こういうイベントではもう長年カメラマンしてます的な、
あえて業界感出し出しなカメラマンさんが「聖子がなーあの時は〜」と他のカメラマンに語るのを、
周りのお客さんが、ほぼみんな静かにして聞いている、というような、ワクワクドキドキの開演前!


「じゃあ……あっ、ただいまから、小泉今日子書評集発売記念イベント〜……」

みたいな、開演の挨拶に「あっ」てマイクに入っちゃうような、ゆるっと感の元、小泉さんと市川さんが紹介され、登場。
(でも、しょひょうしゅう、ってちゃんと言えてたの偉いなって思った)













やだ、まさかの黒ワンピ。











黒ワンピな小泉今日子を見た瞬間、喉まで出掛かった言葉をグッと飲み込んだけれど、口から出ちゃったファンの方も数名。



「かわいい」




ですよね。わたしもそう思う。


「顔ちっちゃい」


ですよね。わたしもそう思う。







だけど、それが、いつもの小泉今日子さん。





自分でヘアメイク、なときは、手軽だけれど、TPOを選ばず、でもオシャレにも見える引っ詰めたポニーテールがデフォなんだろうか。
ぴしっとまとめられた髪が小顔を、それ以上に潔さを強調する。

首は隠して、腕隠さず(潔い)。
無駄のないラインの黒のワンピースに、ゴールドのバングル。(たぶんウエケンさんライブの時と同じ)
動くとキラッと光るゴールド系の品の良いピアス。



いい。






あ、靴も見たい。




やっぱ自分も女だし、あの方憧れの女だし、ファッションとしても全身像を把握しないと、そのあとのトーク入ってこない。
なので後ろの方、ごめんなさい。
ちょっと動いて、靴も確認させていただきました。

また10㎝はある黒のオープントゥ履いてて、身長かさ増し。






いい。




黒似合うし、アクセサリーのチョイスとか、ワンピースのラインとか、好みすぎてたまらない。
これから、この姿の小泉今日子が1時間超、書評集にまつわるいろいろな話をしてくれるのかと思ったら、静かにトキメいた。




野田秀樹の講義とかトークショーとかに行っても、たいていそうなのだけれど、こういう場に行くと人間観察みたいになってしまう。
本人が話している内容だけでなく、その話す姿とか、身振り手振り、目線、表情…自分が読み取れるだけの情報を読み取り、感じ取り、この人どんな人なんだろう?を自分なりに深めるのに全身全霊をかける。
芝居見てる時と大差ない。闘いです。
『ボクらの時代』で貴一さんが言ってたように実像でないところを見ようと、その努力だけはする。



すごくすごく面白かった。
興味深い、という、面白さ。
やっぱりそうだよね、がまた埋まっていくような脳みその快感。
役が入ってないから、よりストレートかも。




まず市川さんから目を離さないです。
市川さんの目を見て、その質問の意図を逃さず汲み取ろうとする。真っ直ぐ。

どうだろう…?
と考えてるときは、ちょっと瞳が上を向く。

すごく笑うほどでもない、でも会話の中のちょっとした笑いポイントでは、必ずと言っていいほど「ふふふ」って可愛い声出す。
この「ふふふ」は間を埋めるクッションみたい。

マイクを両手持ちして喋るのが未だに板につくのに、無造作に肩に手をやり、下着なんとなく直してるっぽいのやめて(笑)
終盤になってくると集中切れてきたのか、痒いのか、耳の裏から首筋触りながら喋り出すのもやめて欲しい(笑)


表情も印象に残る。
特に笑顔。
あれは大袈裟に言ってみれば「作り笑い」を極めた、芸能生活30うん年が織り成す伝統芸ではないかと。
他者との摩擦が一番少なくてすむ笑顔があれじゃないかなぁ?考え過ぎ??
作り笑いを超えて、身体に染み込んでるっぽい感じがグッとくる。
作らずに自然にあの顔で笑える、無意識で出てくる芸。
「ふふふ」と同じ感じで、同じ顔して笑います、小泉今日子。


でもそれが見ていてイヤじゃない。




話す言葉からは聡明さが。
心底上手いなぁ…とその場では笑いながらも、後々感心しまくってしまったのは、上下関係の話になったとき。

市川さんは「小泉さんは、キチッとしている感じがするけれど、天狗になったりしなかったのか?チヤホヤされましたよね??」と問いかける。

「うーーーーん、自分より年上の人が、私が持ってる荷物を、持ちますよ!とか言われたこともありましたが、いや、いいです(汗)って普通になりますよねぇ。年上ですし。」

「あぁ、そういう感覚をお持ちなんですよね」

「体育会系とは違うところで、上下関係を学んだというか…」

…はっ!とする市川さんと客席。

この発言対する反応をパシッ!と受け止めて、ものすごい良い球投げまくってきたんです、小泉さん。

「あの時代がいまの私を作った」
「…厚木というのは良い街で」
「あ、先輩!お疲れ様ですっ!!ジュース買ってきましょうか?!」
(いきなり立ち上がり、市川さんを気遣う)

「ヤンキー」という言葉を一言も発さずに「ヤンキー」ネタをバンバン投げてくれた。
思い通りにウケる客席の反応、楽しむみたいに。
マジな部分もいっぱいあるのかもしれないけど、ここ反応見て、話盛ったんだろうな、って思うんですが、真相はわかりません(笑)


市川さんも同じく聡明な方で、客席の反応を流れに組み込みながら、小泉さんの言葉を本で生きてる人として聞き出してくれた。
すごくすごく読んでくださって、自分で感じた気持ちを問いにして、小泉さんに投げ掛けてくれた。
また小泉さんに四十九日のレシピ書評を読んでくださいとお願いしてくださったのは、素晴らしくありがたく、

「老眼で……」

とつぶやきながら、本と目の距離を調節する、小泉今日子(49)までオマケで見ることができた。
今度は老眼鏡かけて本読んでる小泉今日子も良いんじゃないかと思う。

市川さんにもどうもありがとうなのです。
相乗効果でより刺激的なトークショーだった!


と、とりあえず疲れてきたので、一旦挙げますね。
加筆修正はしたりしなかったりするかもしれないですが、とりあえず、あたしにノートパソコンください。
iPhoneで文章書くのは辛いです。
というのが、「小泉今日子×市川真人トークショー」の現時点の最新感想。
 | HOME | 希望のホシ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。