スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎観光

2015年05月16日
2015051619294261e.jpg
宮崎の観光記録もー!
いや、ほんと、空港到着から、いやもう、羽田から?いやいや、便決める辺りから?
あ、ホテルの予約も?翌日の観光も?なんだろう、ぜんぶ?ぜんぶだね!
おんぶに抱っこで、いろいろ周りの方々が手配をしてくださいました。
みなさま大変お世話になりました。多謝。(ぺこり)

まず東京で一人暮らし、実家宮崎、前倒しGWで里帰りする友人と同じ便で空港到着。
便合わせてくれたのー。
そのままお母様が迎えに来てくださり、車でホテルにチェックイン。
行った方は特にわかると思いますが、車で送っていただけるなどVIP待遇。
ちなみに部屋は前乗りしていた緒月ファンの知人がツイン取ってくれていて、ここでも人任せ発揮。

2015051619294491e.jpg
開場まで小一時間お茶するぐらいの時間はあるね〜ということで、そのままホテル近くの喫茶店に連れて行っていただき、のんびりコーヒーとクッキー。
友だちのお母さんともお話できたし、なんか気候も良いしでまったりしちゃって、この時点でもうだいぶ満足。
なんなら、そのまま友だちの家に押し掛けて、お父さんにも挨拶したり、夕飯ご馳走になったりしてもいいんじゃないかという気持ちに。


ん?あ、ちがった。
緒月さんのディナーショー観に来たんだっけ、わたし。
そーだ、そーだ。


危うく宮崎に来た理由をのんびりトークと美味しいコーヒーで忘れるところでしたが、すんでのところで思い出し、会場まで送ってもらいました。

<ランチ>
20150516193803483.jpg 20150516200853a82.jpg 201505161938044a6.jpg 20150516200915a9e.jpg 20150516201345567.jpg

<ディナー>
201505162009274cb.jpg 20150516200934302.jpg 20150516200938793.jpg 20150516200944ba9.jpg 2015051620094734e.jpg

食事はこんな感じ。
ランチは緒月さん、テーブルに残されたデザートの86に思いきり反応して、「これね。86ね。」とドヤ顔していきました。

2015051619293980b.jpg
その日はまぁお腹もいっぱいなので、地ビールと地元っぽいお菓子だけ買い込んでホテルでバリバリポリポリ飲んで食ってたら、蒼の乱の舞台挨拶のチケット販売があったの情報キャッチしきれず、新宿で生天海の機会をみすみす逃しました。
バリバリポリポリしてっからだよ。

20150516193400fa7.jpg
さて翌日!
私たちのための奇跡の86レンタカーで(また)迎えに来ていただき、行くぜ!宮崎観光!
まずは鵜戸神宮。

「運玉ってのがあってね。願い事しながら、それを投げて水のところに入れるの。(カメラロール見せながら)ほら、松雪さんも鵜戸神宮来て、運玉投げてたんだよ。」

と、松雪ファンの友人地元民に昨日喫茶店で画像見せられた、松雪泰子も訪れた鵜戸神宮!!

201505161929462db.jpg
波がそこそこ打ち付ける断崖絶壁の中に神社があり、でも伊豆とかあぁいう雰囲気とは違って、周りの草木が南国テイストで、いってみたらヤシの木とシダ植物で南の土地に来ているのを実感。
実際には「松雪泰子!」とは言わず「船越!船越!片平なぎさ!」と連呼しながら橋を渡ったり、階段降りたり、運玉投げたりしました。

20150516205056b5d.jpg 2015051620510763e.jpg
誰も見てくれなかったけど、私、一投目で運玉入れたんだよ。
ちゃぽん。
って、入ったんだよ。
でも、投げるのに必死で願うの忘れたよ。
むしろ、運玉入れ、って願ってたよ。

201505162054383a8.jpg 20150516205432cdb.jpg
お昼の前にサンメッセ日南に寄り、イースター島から正式に許可され作られたモアイに出会う。

モアイ、ね。

2015051620544424d.jpg 201505162054444bf.jpg
軽い丘登り。
頂上までは行かずに、高台から眺める景色を堪能し、次はお昼ご飯〜〜。

20150516203751396.jpg
事前に調べてくれていた、えぷろん亭、へ。
日差しが差し込む一軒家風のアットホームな内装に、海に面したソファー席。
贅沢なり。
201505162057148ff.jpg 2015051620571457c.jpg
海鮮丼頼んで、三人でチキン南蛮分けました。
美味い。
清々しい。

ほどよくのんびりした後、青島へ。
鬼の洗濯岩、青島神社。
2015051620592558e.jpg 20150516205923c21.jpg 
20150516205923876.jpg 201505162059189ab.jpg

ど定番観光地と美味しいモノを詰め込んで、帰途。
ラジオから流れる「RIDE ON TIME」山下達郎が旅行気分を昂めてくれ、にくい。
天気にも恵まれ、ひとつの時代を一緒に駆け抜けた同期ファンと、走ってた時代にちょっと戻れたような、楽しい観光も出来た。
東京・大阪開催でなくて、よかったなって。
普段の居場所から離れた土地に行った時の開放感があってよかったっ。

私よりも早い便で帰る二人は空港へ。
運転、諸々、本当に有難うございました。
とっても楽しかったです!

私はもう少し遅い便だったので、宮崎駅で降ろしてもらい、同じ便で帰る知人と共にお茶して一服。
その間に必死に食べログ検索して、駅近の良いお店を見付ける。

20150516204845d71.jpg
粋仙さん

宮崎駅から徒歩5分ほど。
高架下にあるぱっと見プレハブに近いというか、そんなお店なのだけれど、開店早々17時に伺って中に入るともうカウンターでおっちゃん二人が飲み始めてて、テーブルにも数組お客さん。
若い男性スタッフがキビキビ働き、木場勝己にワイルドさを加えた、私好みのマスター(推定56才)が炭火で地鶏に火を入れる。
調理しながらも、予約の時間、配席、組数なんかが頭に入っているようで、パッとスタッフに指示。

このマスター、仕事ぶりもめっちゃイケメン。

『喋りたいなぁ〜、いつ喋りかけようかなぁ〜〜?』と機会を伺っていたら「どこから?」ってマスターから聞いてくれたので「千葉!」と元気良く返答。

「今日は予約のカウンター、向こうまでみんな県外だよ。食べログ見て来るね、みんな」
「うん、見た(笑)この地鶏焼きはなんでこんなに黒くなるの?」
「炭火で焼くからね〜、その煙っていうか、それで黒くなるんだ。朝シメの鳥仕入れてるから生でも食べられる鳥だよ」

201505162043032c7.jpg 20150516204320125.jpg
201505162043291bb.jpg 20150516204336901.jpg 

ササミの刺身やらも食べたけど、鶏肉って生ではあんまり食べられない。
地鶏焼きは、特別柔らかいかっていうとそういうんじゃなくて、硬くはないけど弾力があって、そのままずっと噛んでても鳥の旨味が消えないのに驚いた。
美味しい鶏肉ってこういうものなんだろうな。
中がピンクなのがわかる半生ぐらいの火入れだし、だからもちろんパサパサなんてしてないし、炭火の香り、香ばしさと相まってずーっと口の中が美味い。
美味しいものを食べている時間て本当に幸せ。

せっかくだから普段飲まない焼酎いってみよう!とメニューとにらめっこしてたら、お兄さんが飲み易いのをちゃんと勧めてくれて、その土地らしいお酒も堪能し、〆に冷汁もきっちり食べて、お店をあとに。

「ごちそーさまでした。美味しかったです!!」
「おう、また来なよ!」
「うんー!宮崎楽しかった!また来たいっ。ご馳走様でしたっ。」


マスターの「また来なよ!」で、この宮崎訪問一番のキュン頂きました。







緒月はどうした。



以上、宮崎観光レポでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。