スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緒月遠麻ディナーショー

2015年05月15日
はらちゃん、全部見終わったので宮崎の話でもします?
あ、『泣くな、はらちゃん』これは見た方がいいです。
7、8、9、10話と越前さんの気持ちになったり、はらちゃんの気持ちになったり、百合子さんの気持ちになったりしながら、こんな世界でごめんね、だけどありがとう…って、ずっと泣いてたら終わりました。

胸がチクチク。
両思い。だけど、両切ない。

はらちゃんは、知りました。
片思いは美しいものだと。
はらちゃんは、知りました。
世界のほとんどは片思いでできていると。
はらちゃんは、知りました。
越前さんが自分ではない別の人を好きになっても、それで越前さんが幸せなら、自分も幸せだと。
それを愛を呼ぶのだと。

そう言われると、愛かも、って少し思ってね。

宮崎行くの面倒臭かったんですよ。
飛行機好きではないし、せっかく行ったことのない土地に行くのに、その日一日のランチとディナーはフレンチのコースになっちゃうわけで、チキン南蛮とか出てこないし。

チキンなんばーーーーーーーん。

一目でも会いたいと思うのは恋かもしれないでしょう。
会えなくても、たまにとっても憎らしくても、それでも、何が何でも幸せに…と思えたら、もう愛じゃない?

会えないなら会えないでいいと思ってる。
いや、正確に言うと、そう思いたい。
まだ100%そんな風に思えてはいないよね。
ただ絶対に嫌いにならない人だというのは決まっているのだ。



だけど…宮崎楽しかった!
行くまで本当面倒だったけど、いざ降り立ったらとっても良い土地だった!
そして同窓会みたいでした。
真波さんのファンにも会えたし!
懐メロコーナーでいきなり「学園天国」歌われて、私のテンションがキョンキョンで方向性を見失ったりしたことも含めて楽しかった。

生バンドも入り、思っていたより構成もちゃんとしていたし、ゆきのさんが、
「きたろーの主演が見たかったから…(涙)」
って泣いてくれたところで、私も一番涙が出そうになりました。
真波さんは相変わらず、緒月さんの前だと朴訥ひらがな喋りで、そのくせ踊り出すとただのイケメンを遥かに超えてイケメンだし、私はそんな真波さんが大好きだし、そんな真波さんの隣にいる緒月さんが大好きだし、ももこさんも楽しそうで。
素敵な同期に、素敵に愛されているのがひしひし伝わってきて、これだけ愛される緒月遠麻本人もやっぱり素敵なのだと再認識。
何度も何度も繰り返し確認してきたことを、また宮崎でも。

あと、もうファンはそこを含めて、納得するなり、整理するなり、スルーするなりしていくしかないのだと思いますが、本人の受け身の姿勢のまぁ揺るがないこと!
ディナーショー開催に踏み切ったのも、ゆきのさんたちに言われたからだし、5月に入って事務所が決まり表にも出てくる気もゼロではないのはわかったけれど、「私は女優として生きていく!」って強い意志なんてなさそうだし、あってもなんか不思議だし…

この方はこういう方!!!!!!

と何個も!付けて、これからも過ごしていく。
私とは諸々が根本的に違う。
でも私にとっては、

芸能活動を続ける=芝居を続ける=こちらに思いを向けてくれている

なので、中途半端に向けられるぐらいだったら、いっそ何もない方がマシ、とか思うから、だから宮崎行くの面倒だったんだと思う。

でも表に出てくるなら愛だから応援するし、味方でいるし、出てこないなら出てこないでいいし、でもどっか道端で困ってるところを見掛けたら、愛だから絶対に助けるし。


私の思いも世界を作る美しい片思いのひとつに。


ってことでどうよ。
初主演おめでとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。