スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉今日子〜音楽編〜

2014年10月12日
わたし、糸井さんがTwitterで小泉さんのパンツエッセイを褒めていて、少々の悔しさを感じております。
素敵なモノを素敵だと言うと、それをたくさんの人に広めることができるのが羨ましくも、少々悔しくもあり。
同時にやはり糸井重里氏もただ者じゃないんだよな、と納得しつつ。
(来年でほぼ日手帳を使い始めて、私も10年目!)

最近ウォークマンで流しているのは小泉さんの曲ばかり。
動画を漁っていて、たまたま聴いた『Sweet&Spicy』。
歌詞にオトナの可愛らしさ満載で、曲も好きで、なにこの人?!と思ったら「作詞・小泉今日子」。
そうですよね、書ける人なんだから歌詞も自分で書くよね…久々打ちのめされて、久しぶりにTSUTAYAに向かいました。

『Koizumi Chansonnier』、『Nice Middle』、『K25 〜KYOKO KOIZUMI ALL TIME BEST〜』あたりのアルバムをサクッと借りてきて、聞く。
あ、『潮騒のメモリー』もね。

なんとなく知っていた曲は「なんてったったアイドル」や「学園天国」、「ヤマトナデシコ七変化」とか、他数曲くらいかなぁ。
実際聞いてみると、当たり前ですが、これまで生きてきた中で耳にすることのなかった、

名曲多し。


歌、すごくうまいとは言わないけど、少しハスキーで、時々めちゃくちゃ可愛い声。
生歌とかだと絶妙に音程ズレた感じがもはや魅力で、若くして、アイドルにして、攻め、と、キレがあるコラボレーションもたくさん。
やらされてる感とそこも受け止めてる感と許される範囲で無理なくとがってる感。

オトナだわ。

そんな曲とたくさん出会いました。
さらに年を重ねてからの曲には、そこに抜け感やぽかんとした生活のあったかいフォルムも加わって、今の「小泉今日子」が見えてくるよう。

かわいいのに、かっこうがよくて、ちゃんと生活を送っているのが垣間見れるのに、めちゃくちゃげーのーじん。

とりあえずライブやろうか。
行きたい、行きたい。すごく行きたい。
歌が聞きたい。
演技も見たい。
文章も読みたい。
マルチな方。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。