スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも、さみしい。

2014年10月05日
3年半で変わったことか。
まだまだあったな。

今朝、カフェオレ飲もうとブレンディ(低糖)を牛乳で割っていたら、
ハエがいたので、ご挨拶をしました。

こんにちは!

今日で1年と10ヶ月。
忘れる。
という感覚は遠い。
1年と10ヶ月前の涙が止まらなかった朝。

ついこの間も心の中に勘三郎スペースを持つ友人たちと、
つい勘三郎さん話になり、3人が3人とも『あぁ…』ってなってました。
気持ちをその場で言葉にしなくても『あぁ…』ってなってるだけで、何か通じる。


歌舞伎も普通に見るけど、でも特別歌舞伎ファンではないです。
私は野田秀樹ファンなので、その点ではかなり勘三郎さんの存在は大きく、大きくなるんですけどね。
演劇ファンの心の中に空いた穴で、
その穴の中に今もたくさんの人の気持ちが詰まっている。
想いがたくさん過ぎて、まだ『居る』感覚が続く。
むしろ、暗いはずの穴の中がみんなの想いの結晶で光り始めてるよね。
それでいいんじゃないかな?と。





神様ってそういうもんなんじゃないかな、って。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。