ティボに会いに行くんだ

2010年12月16日
お正月を宝塚で迎えるために、突っ走っております。
お正月を宝塚で迎えるって、バカ極まりないですが、
ヅカファンとして1度はやってみたいかなーって。

色々ご縁があり、なぜか『YUGA OPERA』を見に行ったり、
代打で凰稀さんのお茶会行ったりしておりますが、
公演中の星組はまだ1回しか見ていなかったり。

タニオカオペラは凄かったよ!!!!!!

オギーさんが大和さんをどう思っているのかが、わからない。
この上なくあのキャラクターを愛でてらっしゃるのか、
もう荻田さん的にも手に負えないと思ってらっしゃるのか、
そのどちらもなのか。
オギーの素直な意見を聞きたい。

ただ一つ言えるのは、確実に言えるのは、

「美しいことは正義。」

だと。
何着ようが、何歌おうが、

大和悠河は美しい。

まったく凄いなぁ、悠河さんは。

代打で当日ピンチヒッターを頼まれた、凰稀さんのお茶会には、
バイトをほぼスッピンでやり過ごしたくせに
(どうせ客はおっさんだけだもん)(頑張れ女子)、
お茶会の為だけに、きちんとメイクし直して家を出ました。

お茶会にお着物姿で現れた凰稀さんは終始ご機嫌で、
握手の時には良い香りがしました。
香水とかでなく、凰稀さん自ら発してる香りなのでは?(香水だよ)
登場とかで「キャー!!」って騒がれちゃって、スターさんな、かなめ氏。
ゲームの時にハズレくじ引いたら、あの方、「(ちっ)」って舌打ちしましたよ。

なんて素敵な!!!!(笑)

いじけたり、怒ったり、(お客さんを)いじったりしているかなめ氏がとても可愛い。
これまた美しい生き物を見る事が出来て、癒されましたー。

んで、今日は『モーツァルト!』。
香寿たつきの「星から降る金」に泣いた。
タータンさんの声域にハマる歌だったりするのかな?
もの凄くクリアに上手い。言葉の一つ一つがしっかり聞こえる。
宝塚「歌劇」団OGだということがファンとしても誇り。
そんな歌声。

ヴォルフガング。井上芳雄氏がブラックな毒舌キャラだということが、
この1年でよくわかったので、どうやら普通に芳雄好きになっているらしい。
今まで芳雄君は、優等生だと思っていたのだ。
いや、本当に真面目に舞台に取り組む、そういう意味では優等生に違いないが。
歌、すげぃ。

ってことで、もうあと2週間ぐらい、体調不良にだけは気をつけつつ、
今年いっぱい走りきりたいと思います。
たぶん、この勢いでいくと、年末には頭から煙が出始めて、
お正月ロミジュリ初日でショートするんじゃないでしょうか。
プッツンした状態で見るロミジュリ、ティボもそれはそれでオモシロいかと。

倒れなければ、なんでもあり。
まだまだ出来ること、たくさんあるぞ。
やらなきゃいけないことも、やるべきこともいっぱいだ。
気付いたらここまできてた、こんなことできるようになってた。
とか、そんな風になってたらいいんだけど。
気付いた時には、できるようになったことも、過去のことだからねぇ。
先へ、前へ、上へ。