*ワンダフルタウン*

2010年10月30日
『ワンダフルタウン』@青山劇場

音楽=レナード・バーンスタイン
演出=荻田浩一
音楽監督=島健
キャスト 安蘭けい / 大和田美帆 宮川浩 照井裕隆 星奈優里 矢崎広
青山航士 / 花王おさむ 初風諄 / 別所哲也 ほか


私はこういうミュージカルが苦手でねぇ~。
オギーが本気を出したら、もう少しまともになると思うんだけど、
でもオギー、そこまでやる余裕ないんじゃないかと。
結構休みなくお仕事してる印象。
次、次、次、で一本の作品にかけられる労力減っているのでは?
鈴木裕美さん辺りが演出したら、
もう少し日本人向けな内容として見られるようになる気がする。

話の展開が良くわからん。

あと、私にとってもしかしたら
「笑い」
っていうのは合う合わないを判断する上で、すっごく重要なのかもしれない。

笑いが合わない人もダメだろうし、
そうすると笑いが合わない作品もダメだろ。

合わない。
ワンダフルタウン、ことごとく合わない。

それはともかくとして、
とうこさんと大和田美帆ちゃんのデュエットがすこぶる綺麗!!!!
これは聞いて大満足。
っていうか、大和田美帆ちゃんが凄い。上手い。
とうこさんが上手いのは知ってる!
とうこさんの低音、大和田さんの高音、声も合ってる。

『ガラスの仮面』といい、どんどん地位を確立していきそうな大和田美帆。
「七光りとは言わせない」っていう、意地と根性を感じるし、
かといって、それが嫌味に見えるかっていうと全然そんなことなくて、
もう“大和田美帆”個人として誰もが見てくれるようになるに違いないわ。
カッコイイっすね。

とうこさんのドレス姿とか、
「私が一番よ」っていう生意気なんだけどキュートな女っぷりとか、
それはもう見られて嬉しいし、やっぱり安蘭けいが好きだとは思うんだけど、
根本的に肌に合わないミュージカルを見ると、
『あぁ、やっぱりミュージカルは基本的には、あれ、ね、苦手?』
と思いますね。
主流がこっちの方にある気がするからかな。

それこそTSとか、三谷さん『オケピ!』とか、
作品の幹がしっかりしてる『エリザベート』とか、
生理的に合うものだと、音楽の凄さと物語の巧さに惹き込まれて、
『ミュージカルも良いなぁ』
って思えるわけだけど、そうじゃないと。





三谷幸喜か。
・・・まっつと緒月氏と誰か娘役一人・・・リサ?リサがいいかな・・・
『You Are The Top』見たいな(笑)。

市村正親→緒月、浅野和之→まっつ、戸田恵子→リサ

で、よろしくお願いします。
稀にみるよなご尊顔♪