*Diana-月の女神ディアナ-*

2010年10月25日
『Diana-月の女神ディアナ-』@東京芸術劇場小ホール1

構成・演出・振付:謝珠栄
脚本:篠原久美子
作曲・音楽監督:林アキラ
ミュージカル台本・作詞:T.S
出演:姿月あさと、湖月わたる、今拓哉、平澤智、水谷あつし
ミュージシャン:飯野竜彦、たまきあや


謝先生は凄いわ。

このミュージカル見て、
「これからも生きていこう」
と明日への力を得る人が必ずいると思う。

そんな“ミュージカル”をしっかりと作れる凄さ。
ストレートプレイを演出しても謝先生の力強さ、熱さ、正しさを持ってしたら、
きっと良いストレートプレイが見られると思うんだけど、
歌があって、踊りがある、ミュージカルの道を進むのが謝珠栄なんだなぁ。
ミュージカルっていうのが、謝先生にとって、
自分の得意なことを一番生かせる場なのかもしれない。

今さん、平澤さん、水谷さん

上手過ぎて、踊りキレキレ過ぎて、さすがTS。

ズンコさん、わたるさんも良い。
宝塚って土台があって、
でもそこから何歩も先に進んできた今の二人だから出来る芝居。
姿月あさとの歌は言わずもがな。
わたるさんも女性として、歌うことにもはや違和感はない。
背の高さも、まったく感じなくて、女優さんだなぁ、二人とも。

ズンコさんのふわふわした雰囲気の生かし方に納得する。
こういう方がまず似合う、しっくりくる。

最後の布ばさーっで、野田秀樹を思う。
なんていうか『キル』、再演『贋作・罪と罰』とか。

「命」に真摯に向き合うミュージカル。
重い、かもしれない。重いのは当たり前か。
でもその誠実に向き合う姿勢にぐっと胸を打たれた。