*葬送の教室*

2010年10月13日
ものすごい強度。
圧倒とかを超える体験、体感、というか。
だから、だからこそ演劇なんだと言える、この強さ。

戦ってたな。
事実、歴史と。

だから、なんつーか、私は、
そうやって出されたものを、身体ん中にいっぱい留めておく係。
留め係を全うしたい。
でもちょっと出す。再び。