*ザ・キャラクター*

2010年08月06日
『ザ・キャラクター』@東京芸術劇場

作・演出:野田秀樹
出演:宮沢りえ/古田新太/藤井隆/美波/池内博之/チョウソンハ
    田中哲司/銀粉蝶/野田秀樹/橋爪功


久々に真っ向勝負を仕掛けて、
仕掛けた分だけ、返ってきた感じで、
見終わってぐったり。

あぁ、でもこのくらいのテンションで見るのが結局は楽しいし、
絶対に必要なことなのかもしれない。

宮沢りえに野田秀樹の魂が宿った。

宿せる彼女が凄い。
そして、全てを俯瞰しながら、
宮沢りえに自分の言葉を言わせておきながら、
役者としても舞台に存在してる野田さんが怖い。
一体どこを見て、何を考えているのか。

舞台上の全てが野田秀樹の叫びだなぁ。

野田さんの舞台は頭で理解しようとするよりも、
言葉を感覚で捉えて、肌で感じて、
そこで得た感覚を頭で咀嚼し直す方が、
しっくりと身体に馴染む。

無防備に飛び込めれば、飛び込めるほど、
深く、美しく、鮮烈に刻まれる。