色気と風格

2010年06月24日
あの贔屓なんで、まぁ当然の如く贔屓目なんですけど、
でも、一際(あ、一際って付けた)格好良かったと思ってしまったんですけど、
ご贔屓さんが違う方、どうでしょう。

いまだかつてない、色気と風格。

を、感じたような主に『ロック・オン!』稽古場。
一番、格好良いと思っているから贔屓が贔屓なんだけれど、
ちょっと、なんか、首筋が良いよね。
稽古着全身黒も良いよね。
今まであんな色っぽかったっけ?
全く幼さがない、落ち着いた大人だー。

リアルに長椅子に座る未来優希さんの姿を確認しようとしました。
水さんのソロとかを、
貫禄たっぷりに長椅子から見つめるハマコさんの姿がデフォだったから、
本当に無意識に長椅子に目をやって、
そしたら、ハマコさんがいなくて、そこでまた実感した。
あの存在感が、もうココには存在しない。
東京でも貸切の司会やってくれたら、いいなぁ。

当事者ではなかった雪ファンとしてですが、
でも、稽古場風景を見て、音月桂がトップに決まって良かった。
っていうのも、改めて思った。
星の御曹司が柚希礼音なら、雪は音月桂で間違いない。うん。

実は初日は見に行くのですよ、えぇ。
明日のこの時間は夜行バスに乗っているはず。
あんまり実感ないんだけど、本当にもう初日なのか。

以下、ちょっとした拍手に対する返信を。
思い当たる方が読んだら、わかるかな?程度のものですが。

(拍手コメントは、基本的にはもう返信しない方向でいこうと思っています。
 自分比で追いつかなくなっちゃってたので、申し訳ないとは思いつつ、
 でも、わがままを貫き通そうかと。いただいたコメントは、参考にさせていただいたり、
 嬉しく読んでます。ありがとうございます!
 これかも、呟き程度に使っていただけたら幸いです。)

↓↓↓

しようと思えばできる、というのが本当のところではあるのですが、
でも、直接参加したい旨、是非手紙で伝えてみてください。
東京はまだまだ余裕で間に合いますし!
手紙を出すところから始めるのも、またいいものじゃないかと思います。
入る勇気がないというのも、すっごくお気持ちわかりますが、
そこも一歩踏み出せば、また違う楽しさも待っているのではないかと・・・
個人的には、オススメできる場所ですよ(笑)。
なんというか、本人が醸し出す雰囲気と似通っているというか。
それでも、やっぱり勇気が出ない!という時は、
メールフォームからでも軽くご相談くださいませ。