不意にロックオン稽古場

2010年06月05日
いつもより早起きして7時のニュースを見ていたら、
って、スカステニュースなんだけど、
番組の最後の方で、いきなり『ロック・オン!』の稽古場風景が流れ出した。
スカステニュースというと、

トップさんと組長さんで稽古場情報(軽く期待)

スカイレポーターと何人かで稽古場情報(もう少し期待)

稽古場風景(かなり期待)

がいつもの順番なので、
スカステ見てても何が起きたのかわからず、一瞬固まった。
結構マジで。

「え?雪組だ。超ロックオン連呼してっけど???」

固まるより先に録画ボタン押せば良かったものの、
実際固まったので即押すのは到底無理で、
30秒ぐらい経ってから、
「あ、あ、録画しとこ、録画録画・・・」と赤いボタンを押しました。

狂うなら荻田まで、オギーほどのひねりがないなら、
オーソドックスな、『ミロワール』みたいな、単純なショーが大好きなのです。
『ダンシング・フォー・ユー』とかありだし、
『Passion愛の旅』もありありだし、
『Heat on Beat!』も、もう全然OK。
中村一徳、酒井澄夫、三木章雄のショーは結構大好きだと思う。

で、『ロック・オン!』これ、好きそう、私。

やっときちっと踊る緒月氏が見れそうだ。
イル・カピターノさんは、あれは一人小芝居。

真波さんを中心に、退団者男役が前に出る瞬間がありそうだったり、
とりあえず色々カッコ良さそうなので、
ショー、すごい楽しみになった!!

にしても、本当にあずりんはいなくなってしまうのか。
雪組の美形ポジ(濃い目担当)の礎として活躍していくのが、
これからの梓晴輝なんじゃないのか?
緒月さんを横目に、どれだけ今まであずりん、あずりん言ってきたか。

忘れられないのが全国ツアー市川。
通路側の席に座って見てて、いよいよ来ました、リオブラ客席降り。
『あ、私らのところはきゃび様ストップか!よし、きゃび様!!』
と思ったらきゃび様通り過ぎちゃって、ものすごい梓晴輝席になった。
全国ツアーの解放感もあり、めっちゃアピールしまくったら、そりゃもちろん構ってくれて、
ずっとこっち見てポンポン振ってくれて、去り際にウィンクもしてくれたんだ。
良い思い出だー

やっぱり雪組が一番愛おしい。
隅から隅まで、もうほぼ名前と顔が一致。
それだけでも愛着はぐーんと増す。