スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*カラスの歩く速さ*

2010年05月04日
『カラスの歩く速さ』@下北沢駅前劇場

作・演出:石曽根有也
出演:林和義 古川悦史 草野とおる 山口森広 宇津井香織 笹峯愛
   高嶋由奈 瓜田尚美 今村裕次郎 石曽根有也


興味津々、リアルっぽい夜。

ホストクラブが舞台の話で、
同じ系列店で働くママとか、隣が風俗店だったりで、
そこの女の子とかがお店に出入り。
その中の人間関係、心理描写。

堕ちるしかない感じ。
でもそこにいくまでの、それぞれの理由を垣間見る。
そこがリアル。

パフィーの曲をこう使うか!とか、
時系列をちょっと巻き戻して「もし」の世界を見せたりとか、
役者さん一人ひとりもすっごい上手いし、台詞の間も良くて、
会話も時たま、意図的にトンチンカンだったりするのが笑える。
でも、夜の世界のリアルさに触れられただけで、
いや、それだけでも充分面白かったことは面白かったんだけど、
「演劇」である理由ってなんだろうって。

演劇ってむずかしいねぇー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。