スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*戯伝写楽*

2010年05月02日
『戯伝写楽』@青山劇場

作:中島かずき
演出:荻田浩一
音楽:立川智也
出演:橋本さとし、大和悠河、葛山信吾、ソニン、東山義久、岸祐二、小西遼生
辛島小恵、高谷あゆみ、林希、石井一彰、遠山大輔、海老澤健次、コング桑田、山路和弘


な、な、な、なんなのーーその声はっっ!!!!

タニさんの演技の感覚には少なからず信頼を置いていたのに、
声にビックリ仰天だよ。
もともと浮遊感があって全然良い役だけど、
声、浮遊するどころか、宇宙にまで飛んだ。
戻って来い、戻ってきて(願い)、大和悠河。
あのパリ写真集といい、あなたは一体どこに行くの?
作らなくていい。そのまんまで充分に魅力的なのに。
これって好みの問題?

ずっとソニンの花魁に付く男の子が気になっていて、
なんか、あそこに『春琴』が見える・・・
と思いながら、真ん中のタニオカの声が受け入れられないので、
余計に脇ばっかり見てたら、そういうことになった。

オギーっ!!

愛=死な世界が。
そして歌詞がやっぱりオギーで、軽くオギーに酔えた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。