スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/24 ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢

2010年04月25日
2010年4月24日『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』@東京宝塚劇場
<雪組>


16時公演を観劇。

客席の拍手が舞台上の熱気も押し上げたな。

って感じがする公演だった。
プロローグ、いつもは入らないキムさんの出で拍手が入ったのに私はウルっときた。
入れずらいにしても、でもあそこはキムさんにも入れてあげたい。

水さんがいて、ゆみこさんがいて、キムさんがいて・・・

の雪組!
今の雪はやっぱりそうだから!!

キムさんに入った拍手を聞いて、
私は雪ファンなんだっていうのを、
この公演、そう、この公演で、やっと実感できた気がする。

今までは緒月氏に対する好きがあって、
更にそれを雪組に対する好きが大きく包んでた感じだったのかな。
でもこの公演、そのバランスが崩れて・・・というか、よくわかんなくなった。

純粋に、単純に組全体が好き!!
って前みたいに思えなくて、なんか喉に骨突っかかってるみたいな、
嫌な感じ、モヤモヤした感じがずっと自分の中にある。
今もそれは変わらないけど、でも、ちょっと楽になったかもしれない。

『私たちファンが送り出す!!』
そんな愛と気合いに満ちた拍手でした。
本当に宝塚の拍手の音は特殊だなぁ。

今日はカピターノさんの鳥には蝶がついてた。
なんかブルーでキラキラ光るの。
花帆さんにはグリーン。
『いや、ここでオープニング、手振らなどうする。』
って席だったので、ここぞとばかりに手振ってきました!いぇーい。
まぁ、あれは振り返してくれたでしょう。
なんかこっちも手振るのに夢中で一瞬で終わっちゃった感、強いけど。

本当に自分で勝手に右往左往した公演だったなぁ(笑)。
最後まで右往左往して終わりにします。
楽は見られないけど、11:30しっかり見て、
もう手、じんじんするぐらい拍手してきちゃっていいんじゃない?
いつもは隣とかに爆竹拍手をする方がいると、
『こわ。』って思うけど、明日はこっちから爆竹仕掛けるぐらいでもいいかと。
あー終わるんだなぁ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。