スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/21 十二月大歌舞伎 昼の部 夜の部

2010年01月12日
2009年12月21日『十二月大歌舞伎 昼の部 夜の部』@歌舞伎座

昼夜、歌舞伎座に居るのは辛い。
一人『コースト・オブ・ユートピア』だ。(しかも3階B席。狭い。)

昼の部はクドカンの『大江戸りびんぐでっど』、
夜の部は野田秀樹の『野田版 鼠小僧』。

この二人の名前が歌舞伎座に並ぶのであれば、
見に行かないわけには行かない。
でも一日で両方見切ってしまいたかったので、昼夜連続観劇。
そして、一人コースト・・・と。
ずっと一人で寂しかったからたい焼き買って食べた。

大江戸りびんぐでっどは、ゾンビとなった人々を“派遣”と呼び出した所に、
妙な社会性があったとか言えばいいのか、少しハッとさせられた。
けど、そもそも私が睡魔に勝てなかったので、何も言えず。
(『東京月光魔曲』も眠くなるし、ここでもだし、12月しっかりしろ、自分。)

『野田版 鼠小僧』は映像では見た。
三太、重要だ。
清水大希君、上手かったんだ、やっぱり。

とりあえず見ておかねばという気持ちが先走った感じで、
情感とか、こちらもきちんと受け止められた気がしない。

ダジャレ交じりのしつこいぐらいの言葉遊びは、
あえて歌舞伎を意識したからなんだろうなぁ~
なんておぼろげに思う。

突っ走る勘太郎の目明し、あの走り出すと全く周りが見えなくなる、
妙なキャラクターに惹かれる。
勘太郎好きだ。結婚おめでとう。

筋書きに野田さんからの文章が載ってるので、
歌舞伎に限らず、久々、パンフレット的なものを購入。
このパンフレットの野田秀樹の文章ってのが、毎回好き。
上手いよなぁ、面白いよなぁ。
確かにいつまで「さよなら」って言ってるんだろうって思うよなぁ。

今の歌舞伎座に数えるほどであっても、足を運べたこと。
劇場の匂いを感じられたこと。
一つ財産になると思う。

初めて歌舞伎座に入ったのは、それこそ野田秀樹が見たくて、
勘三郎さんのお披露目の『野田版 研辰の討たれ』で、幕見席。
劇場に入った瞬間、ザワザワ血が騒ぐような・・・
そういう瞬間がたまにあって、すっごく好きだから、演劇も好き。
Comment
No title
幕間にクドカンと野田さんが(それぞれ)しゃべっているというイヤホーンガイドは聞いた?

んでもって、『鼠小僧』には鶴松くん(元・清水大希君)は出てないの? その他大勢で。昼の部の千歳は良かったでしょー?
No title
★ぷらむさん★
なんて遅い返信!
ごめんなさい。

ガイド聞いてないです~
ぷらむさんは聞いた??
正直な所、借りるのももったいないと思ってしまうし、あれ、苦手です。
なんか耳が塞がれて、むずむず気持ち悪い感じがしてw
でも、野田さん喋ってたんじゃ、借りればよかったかな、いやでも・・・w

昼の部の鶴松君は、良かったような覚えあります~!
(これも返信遅いから遠い記憶になってしまいましたが)
踊りの上手さとか良くわかりませんが、『あ、好きだな。』って思うことは良くある鶴松君です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。