12/22 曲がれ!スプーン

2010年01月12日
2009年12月22日『曲がれ!スプーン』@紀伊國屋ホール

作・演出:上田誠
出演=石田剛太・酒井善史・角田貴志・諏訪雅・土佐和成・中川晴樹
    永野宗典・西村直子・本多力・山脇唯


なんでも見たい。
特に小劇場強化だ!
ということで、名前だけは知っていたヨーロッパ企画を初観劇。

うーーーーーん。

隣の席の女の子(制服着てたから女子高生っぽい)に気を使った。
中盤以降、気持ちは冷める一方で、全く笑えなかったから。
隣の子は、すごく楽しそうに笑いながら観劇していたので、
私の冷めっぷりが、彼女を嫌な気持ちにしないかと、変な気を使う。

野田秀樹が、あれは、そうか、『走れメルス』をWOWOWで放送した時の、
インタビューだったのかな?
最近の若い作家は、わざとテンポを遅らせたり、ずらして、
妙な間とかで笑いを作る、その間、いらねぇーからイケっ!!って俺は思うのね。
みたいな話をしていた覚えがあって、それを思い出す。

会話の返答を意図的にずらして笑いを生む感じだったので。

最初は新鮮で面白かった。
でも、徐々に肌に合わなくなってくる。
そればっかりはどうしようもない。

超能力者、エスパーが集まる喫茶店。
そこでひそかに開かれたエスパー達の集会w
サイコキネシス、透視、テレポート・・・
様々な能力の使い手が集まって起きるハートフルなドタバタコメディ。

1度では好みかそうでないかは判断しきれないと思うので、
機会があればまたいずれ。
Comment

管理者のみに表示