スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAP YOUR HANDS!!@情熱のバルセロナ/RIO DE BRAVO!!

2009年12月17日
今回もやってみよう。やるでしょ。

雪組全国ツアー
『情熱のバルセロナ/RIO DE BRAVO!!』
緒月遠麻にCLAP YOUR HANDS!!


とにかく今回の全ツの緒月氏に拍手!な方は、
どうぞ、拍手ボタンクリックして、コメント残してやってください。
色んな方がコメント読めた方が面白いと思うので、是非、公開コメントで!
コメントなしで、拍手だけも、もちろんどーぞ!

何回か、拍手ちょうだい記事UPしてきましたが、
個人的には、今回が一番拍手したい。
ラファエルにしても、ショー全体にしても。
どんどん大きくなるなぁ・・・

12/17 オヅキを一番上にしていいですかね。
まだ、どこにいるんだか・・・
ちっちゃくちっちゃく、ミクロで受容まで一回りしたのかな。

続き・・・からは、まとまりないけど、
ちょっとオヅキトーマ語りでもしてみますか。
まぁ、隠す必要もないんだけど、長くなりすぎるとあれだから。

浜松で新潟から2週間ぶりぐらいで全ツを見て、
『あーやっぱり面白い人だなぁー』ってしみじみ思ったんですよ。
どこで思ったかって、ショーのディック。
もっと細かく言うと、

「ラァイバルッはアイツぅぅ~♪」

って歌った瞬間。

市川、新潟とは比べ物にならないほど、歌い方が芝居がかっていて、
あ、2週間で緒月遠麻のディックを作ってきたんだ、って思った。
この人は「演じる」方向が定まると、
舞台の上で楽になれて、無心になれるんじゃないかと。
「演技」ってなると即思い浮かべるのは芝居だけど、
緒月さんの場合特に、ショーでも同じ、演じることが必要。
ディックってキャラが確立されてきて、気負いがなくなって、初めて生き生きしてくる。
「自分」が自分でも見えなくなった方がいい。

この「演じる」姿勢が基本の人。っていうのと、もう一つ。

これ、観劇回数を重ねる毎に確信に変わっていったけど、
私が一番好きな緒月遠麻が見られたのはパピヨンだったと思う。
ジャネイロも、もちろん大好きだわ、好きに決まってるけど、
一番緒月さんらしさを感じたのは絶対にパピヨン。
しかも、後ろで、その他大勢で踊ってるとき。(笑)

自分に多くの視線が集まるとか、そういう場面じゃなくて、
逆にそこまで注目されない、でも自分は出られて嬉しい!って場面で、
一番良い顔してるんだわ。
もー、なんなのこの人。

「役」をまとわないと舞台の上でオロオロする人で、
基本あまり注目され過ぎず、で、好きな場面に出られたらそれだけで嬉しい人。
みたいだ、私の中の緒月遠麻は。
舞台を見た上で、それだけで感じる姿だけど、
でもやっぱり舞台って、その人そのものが出る所でもあると常々感じるので、
まぁ、近すぎず遠からず、当たってはいるんじゃないかと。

「自分」を出そうっていう欲をあまり感じない。
だからこの人、宝塚に入らなかったら、絶対芸能人にはなれなかっただろうし、
そもそも、なろうとも思わなかっただろう。
(リクルートスーツ着て受験した人だしw)
でも、それでも、スターであることを求められる「宝塚」って場所に10年居られた人だから。
努力して、でもどこか自然に身につけてきただろう、
そんな宝塚のスター部分がジャネイロだったんじゃないかな。

ディックを演じて楽になるなら、
ジャネイロでも「音月桂」を演じてしまえばいいのに。
って、浜松1回目の客席で思ったわw

でも結局、両方の緒月遠麻が好きなんだと、全ツでまた実感。
ジャネイロな緒月さんも、パピヨンな緒月さんも両方。
でも、パピヨンであの顔してて、で、ジャネイロだった緒月さんだから、
ファンなんだと思う。

宝塚に入ってくれて良かったなぁ。
出会えて良かった。
ファンになれて幸せだって、この全ツ中何度も思った。
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
毎回、楽しく拝読させて戴いています。
私は宝塚観劇は長いのですが、皆様の様に上手く文章化できません。
ブログは読むだけで書き込むものではないと
自分で律していますのに、緒月遠麻サンへの拍手が
私のパソコンからは出来ませんので、
あつかましくも書き込んでいます。
果たして送信できるか自信ありませんが。
私が鳳蘭サン退団で宝塚から遠ざかった頃、剣幸サンのラファエロで
ファンに復帰しました。
ただいまのゴヒイキの緒月サンのラファエロ役を市川で観て
浜松まで珍しいことに出掛けました。
柴田先生はいい女にはリンダと名付けると当時の生徒サン達が
歌劇誌で喋っていたのを思いだしました。
水代玉藻サン(名役者)がルイス伯爵を演じていたとはすっかり忘れていました。
すいません、昔話が長くなりました。
ブログを読み、緒月サンの人となりに言葉が与えられ
くっきり明確になりました。
これからもブログを楽しみにしておりますので
無理のない範囲で続けてくださいね。
長文を失礼します。
Re: フェアリーなのだ
★くまぞうさん★
> でも実はカタチから入るタイプでガチガチに作り込んでから舞台に立っているな~。と思った時があって、より愛おしくなった(笑)

なんかこう、緒月さんは役者として好きってのもあるんですが、
久世さんとかに対する好きとはまた違うんですよね。
緒月さんの方が、良くも悪くも宝塚度(生徒度)が高くって、
久世さんはもう、完全プロ認識だったので。
でもだからこそ、気を惹く人なんだろうな、と。

> 押し出しの良さと気品のバランスが個人的に大好きだ~!!!

言われてみて・・・確かに品あるかも!
品って言葉で緒月さんを見たことなかったけど、
絶対に下品にはならないのは確実だし、うん。なるほどぉ。

26日が集合日です。
ゆっくり休んでいただきたいものです。
Re: No title
★テシさん★
初めまして!コメント本当にありがとうございました。
すごく嬉しかったです。無事届いておりますよ~!

> ブログを読み、緒月サンの人となりに言葉が与えられ
> くっきり明確になりました。

ここがもう、なんだか本当に嬉しくて。
ブログでは、ただただ「好き」って騒いでるだけですが、
それがちょっとでも緒月さん本人のプラスになっていてくれたら、
同じファンとして、こんなに嬉しいことはない!
まぁ、あくまでも、ただのいちファンの私から見た緒月遠麻像で、
本当のところはもっと別にあるだろうな・・・
とは思ってはいますが、でも嬉しかったです。ありがとうございます!

> これからもブログを楽しみにしておりますので
> 無理のない範囲で続けてくださいね。
> 長文を失礼します。

楽しみにしていただけてるという反応をいただけると、
これもまた本当に嬉しくってですね・・・
いやいや、こんなブログでいいんですか!?
って感じではありますが、これからも楽~に続けていきたいとは思ってます。
また覗いてやってください。

コメントありがとうございました!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。