スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/10 バンデラスと憂鬱な珈琲

2009年11月11日
2009年11月10日『バンデラスと憂鬱な珈琲』@世田谷パブリックシアター

作:福田雄一/マギー
演出:マギー
出演:堤真一/高橋克実/小池栄子/村杉蝉之介
    中村倫也/高橋由美子/段田安則


映画でやれば面白かったんじゃないの?
よくわかんないけど、ロードムービー的な?

なんなんだろうなぁ。
付き抜け方が中途半端な上に、
会話の笑いの持って行き方が、全く私好みではない!
クドカンと大差ないようにも感じるけど(印獣見たばっかだから比べる)、
クドカンは良い!でもこれはダメ!
この違いはなんだ?

もう、感覚の違いでしかないんだと思うんだけどさぁ・・・

イチイチ笑いがあざとく感じられてしまったので、
「え?ここでこんなにウケるんだ?」
と、客席の反応に疑問。
疑問を持っちゃ~、もうダメだ。
同じようには笑えなくなる。
自分と違うところで笑いが起きれば起きるほど、ひく。

笑ったの、堤さんのアクションクラブから、SPのくだりぐらいだよ。
(↑やっぱりファン。内輪ウケに反応。すみません。)

ネゴシエーターも珈琲も、なんら話に関わってないじゃ~ないですか。
コーヒーなんて「鳥のう○こ」って言わせたかっただけじゃん。
「鳥のう○こ」でもなんでも良いけど、
そんな程度の事で、笑わせてくれたりする、くだらない舞台は大好き。
でも中途半端にくだらないのは、見ていて居心地が悪い。

核爆弾積んだ戦闘機が一人の司令官の指示だけでロシアに・・・
って展開もリアリティないし、しかも理由が不倫。
それで、あたふたしてる大統領たちの、あの緊迫感のなさにもイライラ。
いや、別にリアルな手に汗握るような芝居を求めてる訳じゃないけれど。
「余所余所しい感じで聞いてください」とか「ロボットになって聞いてください」とか、
いいから!別に、ってなっちゃった。
堤さん演じるバンデラスも、急ぐんならマジで急げよ、と。

出ている役者さん、みんな良い役者さんだと心から思っているけれど、
この脚本をやるには、しっかりし過ぎだったんじゃないかとも。
テイスト的に一番合うかな、と思ったのは村杉さん。
あのくらいの小劇場的ゆるさがないと、キツイ気がした。
高橋克実さんの代わりに、松尾スズキとか、
高橋由美子さんの代わりに、犬山イヌコとか。(あ、高橋、高橋。)

段田さんはそれでも、しなやかに対応していく人だから、
ちょっとした違和感も、そのしなやかさで埋めていたようにも感じた。
あぁ、本当に段田安則の演技が、あの声が、好き。
舞台で見る段田さんは、本当に魅力的。

堤さんがマクベスやってるの見て、清村盛を思い出す。
マクベスじゃなかったかもしれないけど、
何かシェイクスピアの台詞言う場面あったよね?
『タンゴ・冬の終わりに』の大切な記憶。
タンゴ~は、私の中で一番大切な舞台かもしれないなぁ。
清村盛の繊細さや、脆さが、胸に突き刺さったままだ。

無理矢理まとめると、
私のツボにはハマらなかっただけで、
ハマる人は普通にハマって楽しめる舞台にはなっているとは思う。
堤ファンで、ツボにハマるなら、余計に楽しめるのでは?
堤ファン歴も6年ぐらいになったのかなぁー
なんだかんだ、好きです。
Comment
No title
あれ? 居たんだ?
私も昨日の夜、観てたんだけど?
もしかして、昼だったりした?

アタシは普通に面白かったし、笑いました。
チケット代に見合ってるかどうかはともかく。
No title
★ぷらむさん★
あー昼です、昼。
ニアミス!

目の前の2人が明らかにつっつんファンで、ウケまくってたんですよ。
そういうのも気分的に影響しちゃったかもです。

って私もつっつんファンなんですけどねっ。(笑)
膨大なヅカ記事に埋もれない内にコメントを…。

今回も観れずじまいな感じ(泣)
ちょっと前にネプリーグでバンデラスチーム出てて、つっつん顔がプリントされたお揃T着てましたね~

欲しいとは思わなかったけれど(苦笑)
まぁ元気で、舞台に映画に活躍してくれたらいーやというスタンスに収まりつつあります、はい。
No title
確かにツッコミ所のある芝居でしたが、今回の見所は何と言っても
つっつんが歌って踊るラストシーンだと思います。
あの姿が見られただけで今回の芝居は満足です(笑)

ちなみに芝居が終わった後、会場の外にいつもの格好(笑)の
古田さんが座りながらタバコを吸っているのを見たんですけど、
私は古田さんを横目に通り過ぎることしか出来ませんでした。
古田さんに握手してもらえたなつさんが羨ましい!
No title
★はなさん★
膨大なヅカ記事に埋もれつつありますが(笑)返信を。
(ただ今、ご贔屓さんフィーバー中でwすみませんなんかww)

>元気で、舞台に映画に活躍してくれたらいーやというスタンスに収まりつつあります、はい。

私もそうかもしれません~
舞台は必ず、演劇好きの血も騒ぐし見に行きたいけれど、
映画とかはタイミングが合えば!って感じになってきてるのが実際。
でも、お互い好きなのには変わりないですよね。うん。
つっつん、ずっと好きだ。(唐突に告白)

★ごまさん★
>今回の見所は何と言っても
つっつんが歌って踊るラストシーンだと思います。

(笑)それはもう!
最後列ながら、どセンターだったんですが、
若干はにかみながら、でも吹っ切れた様子で歌う堤真一を、
真正面から眺めてニヤニヤしてました。
シャツのラインがなで肩なの確認して、『あぁ、つっつんだ♪』と思ったりw

古田さんに突撃できたのは、友達と一緒だったからってのも大きいです。
一人じゃ私も無理無理!
あの渋谷マルイの前の横断歩道で信号待ちしてたら、
隣に居たのが古田さんだったんですよ。
パッと見て、友達と、

「え?ってかさ・・・」
「だよね??」
「うん。絶対そう。」
「だよね、だよね?」
『キャーーーー!!!!』

みたいな状態でしたw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。