11/5 印獣

2009年11月06日
2009年11月5日『印獣』@PARCO劇場

作:宮藤官九郎
演出:河原雅彦 
出演:三田佳子/生瀬勝久・池田成志・古田新太/岡田義徳、上地春奈


「ハッピーがターンしない。」

あぁ、好き。
私、この台詞がかなり好き。

ハッピーがターンしないけど、オモシロイ芝居。
間違いなく面白い。
なんで、惹かれるんだろうなぁ。

生瀬さんのカーテンコールの姿にキュンとした。マジで。
三田さんに向けた笑顔が、大人で!紳士で!
「こんなふざけた芝居を受け止めてくれ、
 一緒に舞台に立っていただき、本当に感謝してます。」
みたいな笑顔を三田さんに向けました、生瀬勝久は。

それまでは役として見てたから、売れたことのない携帯小説家で、
最終的に一番、病んだ心を印象に残す人だったんだけど、
カーテンコールで一気に「生瀬勝久」を見た気がして、マジでキュン。
生瀬さん、素敵過ぎる。

古田さんの投げキスにもときめく。
情熱大陸見てますよ、ビデオ撮ったよ、もちろん。
個人的にDVD化するから、許してよ、ふるちん。

やっぱり、ふざける事に全力を賭けられる人たちが作った舞台だから、
惹かれるんだと思う。
ふざける事に、とことん真面目というか、覚悟決まってるというか。

脚本のクドカン、演出の河原さん、
で、ねずみの三銃士、流れる空気感が全員似ている。
そっくりだ。
だから、あんなゆるいのに、クオリティの高い舞台が出来上がる。
凄いことだ、凄いことだぞ、これは。

で、この舞台、地方も回るじゃないですか。
それがまた、
「あ、美味しいお酒が飲みたいのね」ツアーみたいな感じが、
もう、そこはかとなく・・・どころじゃない騒ぎで漂っていて、それもまたよし。

今回、驚いたのが、やっぱり三田佳子さんだけど、
あの役に三田佳子を持ってきたのは、凄いなぁ。としか言いようがない。
色んな意味で凄いなぁw
最終的には女優としての「業」みたいなものを感じた。

でまた、なんていうんだろう、古田さんを始めとした、
周りの三銃士さん達や河原さん、三田さんに対しても厳しい。
たぶん、ここまでやって欲しい。っていうような事は、
なんの遠慮もなく要求してきたんだと思う。
「三田佳子だから」が通用しない場所。
でも、それが彼らの三田さんに対する最大の敬意だなっていうのも、
もの凄く感じたので、見ていて気持ちが良い。

初日打ち上げの映像が情熱大陸であったけど、
あれで、三田さんが古田さんにキスしてたのが、最大の証拠だと思う!
やっぱり、ちゅーしたくなるぐらい格好良いよね~古田さんは!

物書きの三人が、大女優(になりきれなかった人)の家に監禁され、
自叙伝を書くことを要求される。というお話。
監禁する為に、三人を連れてきた編集者も、自分の娘を女優に拉致されていて、
もう誰が悪なのか、なんなのか、わからなくなっているような危ない状態。
その姿を心配していた三人も、徐々に監禁された生活の中で、
自分を無くしていって・・・。

脚本クドカンだし、演じるのが古田さん達だから、
そりゃ笑いも存分にあったけど、怖いよね。
人を拉致してまで、女優であり続けようとする女も、
監禁されて自分を忘れる人も。
エスカレートする怖さ。

あぁ、そうだ、最初の、繰り返される音。
あれが、この舞台のそのまんまの音だと思った。
慣れて麻痺。
麻痺してきたところに、歪み。

良いもの見させて頂きました。
Comment
No title
情熱大陸を見て古田さんがホラー好きだったのを初めて知りました。
なので、印獣も49日後…もちょっと雰囲気が似てる芝居だなと思ったことに納得しました。

芝居が始まる前とラストに流れる音ですが、
同じ音なのに聞いている時に自分が思ったことが全く違いました。
始まる前は芝居への期待感を高めてくれる音だと感じましたが、
ラストはこの後どうなるの~!とドキドキし、怖さを増幅させられました。

古田さんはやっぱり見たい!と思う俳優ですね。
記事違いですが、来年の「薔薇とサムライ」私も楽しみです。
古田さんと天海さんにはガッツリ絡んでほしいですね。
No title
★ごまさん★
そういえば何年か前、友達とPARCO歌舞伎、
三谷さんの『決闘!高田馬場』を見に行った時、渋谷で古田さんを見掛けました。
ディズニーストアにあの格好で入っていって(笑)、
今思えば、ナイトメア見てたかも~?
・・・そう、後をつけて(ごめんなさいっ古田さん!)、握手してもらっちゃいましたw
で、その後はPARCOで同じ芝居を見てた、と。(笑)

映像の中の古田さんって、あんまりキチンと見たことがないんですが、
もうとにかく舞台に置いては、絶対に見逃したくない俳優さんなのは確か。
堤真一出演舞台も見逃さずきているけれど、
よくよく考えれば、古田さんも演劇好きになってから見逃してないかも?

『薔薇とサムライ』は、めっっっっちゃくちゃ楽しみです!!
天海さんの舞台は『テイクフライト』で撃沈したのでw、
もう新感線なら手放しに期待ができるっ。
これはもう久々に宝塚以外を複数回観劇ですよ。(笑)

管理者のみに表示