スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/24 再会/ソウル・オブ・シバ!!

2009年10月25日
2009年10月24日『再会/ソウル・オブ・シバ!!』@さいたま市文化センター
星組


たーのしかったーーー!!!!

私も伊達にヅカファンやってないもんね。
石田作品のイラっとくる不快部分なんて、
なかったことにしちゃえばいいんだもんね。
スキルUP、スキルUP!悲しきスキルUP!!

ってことで、自身のスキル向上、ご贔屓への愛並びに86期への愛、
ことさらに凰稀さん頑張ってる!に涙、
隣にあかし、うざったいほど熱く存在に涙、
チエさんのイケメンっぷりに涙、
とりあえず夢咲ねねに涙、
宝塚が愛おしくて泣けてくるぜよ。

ショーは心の中で、
「どいちゃん、やっばい。」
「どいちゃん、ヤバイ。」
をどいちゃんが出てくるたびに呟き、ニヤニヤ。
なんだろう、贔屓に感じるようなグッとくる魅力は感じないんだけど、
あの端正なダンスがたまらなく好き。
表情も好き。
鶴美舞夕が好き。

しーらんも良い。
可愛い顔してバリバリ星男なのが、これまたたまらん。
目線の使い方とかに、時折、涼紫央を感じて、
あぁ、面白いなぁ、と。

じゅんなも美声を披露していて、とてもよろしい。

テルとあかしの姿を見て、終始うるうるしっ放しの私は、
結局、贔屓の事が好きなんだと思った。
考えの、見方の基本が贔屓目線。
私は、あの人ではないのに、でも「同期が」って思うのだよ。
イタタタタですけど、非常に宝塚らしいですね。
そこ、楽しみます、これからも。

凰稀さんは支えてあげたくなる人で、
あかしは、愛しきライバルって感じ。
宝塚って世界に置いて、もう凰稀さんとは同じ立場で切磋琢磨できないけれど、
あかしとは張り合って、向上していきたいよね、っていう。
お互い組の中で欠かせない男役になろうよ、と。
だから、一緒に頑張ろうぜ、あかし!
ドラゴンボール集めようぜ、あかし!

つい先日まで自分が雪組にどっぷりだったせいなのか、
自分の中の宝塚に対するスタンスが、
凄く近いものになっていたのを感じた。
全国ツアーだから、
周りのお客さんは、きっといつもよりヅカファン濃度が薄いんだろうな、と思うと、
自分が濃いめのヅカファンだという実感が増した、というか。

まぁ、ただ単に、自分のタカラヅカ好きを、強く実感しただけなんだけど。

上手く付き合えば(それが最大難しいんだけど)、
最高の夢を見せてくれるのが、宝塚。
バランス保ちながら、これからもこの夢の世界を支える、
いちファンでいたいと思いました。まる。

あ、そだそだ、たのしかったー!!
って叫んで終わりにするところだったけど、
私は、凰稀かなめの演技が好きです。

ギャラを持っていった時、
サンドリーヌが本当にジェラールの事好きになってたことに気付いて、
『サンドリーヌ・・・きみ・・・』みたいな顔して、
でも何も言葉をかけてあげられなくて、切なそうにはけて行く時とか、
本当に愛おしそうに相手役を見つめてる時とか、
姫の内なる優しさというか、心をとても感じます。
星組さん、これからも姫をどうぞよろしくお願いします。
Comment
No title
GRAPHのテルベニ可愛いすぎ!
和んだわー。
No title
★ピース★
あれ、相方ファンとしては、ベニーに嫉妬ですよww
いつもウチが隣だったのに!みたいな。
でもベニーも大好きだからさ、単純に嫉妬してる場合じゃあない。
楽しまなきゃ損なの!!(笑)
GRAPH立ち読みで真っ先にあのトークのページ探して、開いたからねw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。