FC2ブログ

3/29 太陽にくちづけ7

2007年03月30日
taiyou


2007年3月29日コンドルズ『太陽にくちづけ7』@東京グローブ座

構成・映像・振付:近藤良平
出演:青田潤一 石渕聡 オクダサトシ 勝山康晴 鎌倉道彦 古賀剛
   小林顕作 高橋裕行 橋爪利博 藤田善宏 山本光二郎 近藤良平 

これで、コンドルズを見たのは3回目かな?
もう何がなんだかわからない記憶が曖昧な、ヤバめな状況が最近続く。
何をいつ見たのかがサッパリわからないw

で、で、今日のコンドルズさん。
見た席が悪かったせいもあるかもしれないけれど、
これまでよりあっけなかったように感じた

今までは、意味わからないし、とてつもなくくだらないシュールなネタに爆笑して・・・
と思ったら身体の動きに感心、感動し・・・
「笑ったし、ちょっと凄いもの見たわ~」と思えたんだけど、
今日は笑えたことは笑えたものの、不完全燃焼。
パリの空よりも高くより、何倍も面白いけれど不完全燃焼。

ダンスの凄さ。っていうのも感じにくかった。
やっぱ躍動感とかがじわっと染みて来るのが醍醐味なのに、
それは2階から斜めに見下ろしてちゃ感じられないかもしれない。
2階、3階で見るとしてもせめてセンターだな。
とりあえずコンドルズを見るには、席が悪かったんだよ、たぶん。

それでも近藤良平の身体には、惹き付けられる。(あと藤田さんね)
今回は『The Bee』を視野に入れて近藤さんを見ていたけれど、
さらに期待は高まりましたね。
あの身体能力、表現力が、野田秀樹の世界でどう生きるのか
でも、もしかしたら殺されちゃうかもしれないしさ。
浅野和之、秋山菜津子はどう見ても安全パイなんですよ。
近藤さんが、どっちに転ぶかが本当にわからない。そこが楽しみでもある。

メンバーのプロフィール見ると本当に謎の存在だよなぁ、コンドルズ。
実はみなさん、なにかしらエリート。

毎回思うんだけど、コンドルズの公演って客層が掴めない。
今日私の隣に座っていたのは、間違いなく50過ぎだろうおじさんだし、
基本的に若い人が多いけど、でも小劇場の感じとはまたちょっと違うんだよな。
コンドルズには、コンドルズ固定のファンがいるのかな。

私は見てて「面白いなこの人たち!」と思うだけで、
特別ファンっていうわけでもないから、
熱狂されると「あらあら、ちょっとどうしよう。」って感じになるだろうな。
ちょっとその不安がいつも隣にある。

今日は、物足りなさを感じたものの、
やっぱりこれからも見て行きたいな~と思える存在であることは変わらず。



良かったら、クリックして、
ランキング押し上げてやってください。

なんだか最近、胸をかきむしられるような熱い舞台に出会ってないな。
『タンゴ・冬の終わりに』と『ロープ』ぐらいだよ、
感情が高ぶってひっちゃかめっちゃかな状態になったのは。
そろそろ、ひっちゃかめっちゃかになりたいわ!
『写楽考』は期待していいかな。

堤真一、雑誌にインタビュー乗りまくりだから買わないと!
とりあえずクロワッサンと、Top stage辺りは買っておこうかな。

そういや『タンゴ・冬の終わりに』録画失敗!!
最悪だよ、本当に最悪だよ、私!!
孔雀と一緒にどっかに飛んでったほうがいいかもしんない。
早く再放送プリーズ、DVD発売プリーズ。 
Comment

管理者のみに表示