スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/16 ザ・ダイバー

2009年09月16日
2009年9月16日『ザ・ダイバー』@東京芸術劇場小ホール

作・演出:野田秀樹
出演:大竹しのぶ/渡辺いっけい/北村有起哉/野田秀樹


とにかく、哀しくて、悲しくて、
仕方がなくて、
座り込んで泣き出したいの我慢して、家まで帰ってきた。

心を、胸の辺りをえぐられたような感覚。
感動でもないし、怒りでも、痛みでもなくて、
胸に残るものの正体がわからない。

なんだろう、なんだろう、これ・・・?

と問いかけてみて、
一番しっくりきたのは、哀しい。って言葉だった。
なんで悲しいのかも良くわからないけど、とにかく泣いてしまいたかった。
『生まれたての赤ちゃんみたい』
って思ったら、それもしっくりきた。

生きてるってことは、よくわからないけど哀しいことなのかもしれない。

なんだか野田秀樹に出会ってしまった自分も哀しく感じられた。
野田さんに、野田さんの芝居に出会わなかったら、
私、今、何してたかな。
全ての出来事が今の自分に繋がるけれど、
野田秀樹の存在は私の中で、とてもとても大きいらしい、やっぱり。

はぁ。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。