FC2ブログ

3/25 さくら/シークレットハンター 2回目

2007年03月27日
さくら


2007年3月25日『さくら/シークレットハンター』2回目@宝塚大劇場

ささ、怒涛の3連続更新、ラスト。
作品見た感想の前に、客席見た感想ですよね。
開演5分前を過ぎた頃、1階席に座るほとんどのお客さんが、後ろを向く。

オサ、トド様、あやね・・・らの行列だ!!!!

ひょえーーーー
私の初大劇場の記念すべき日に、
花組トップと理事を見ることができるなんて、マジでラッキー!!

会場のざわめきと共に、真ん中二つの通路を、
等間隔で花組メンバーと理事が歩く。
ってか、オサ、理事、あやねだけ左側の通路から客席に座り、
他は右側通路から座ったよ。
さすが宝塚、そういうものか。

もうすぐ開演。しかし、おそらく2回目以上の人は誰もが思う。
「このショーと芝居・・・遊びどころがないゾ!!」

<さくら-妖しいまでに美しいおまえ>

ち、ち、近い!!
宝塚を近くで見ることが、今の私にとって、
こんなに嬉しいものだとは思わなかった。

4列目。下手の花道に誰かが来ると本当に近い。
ど、どうしよう・・・と焦るほど近い。

冒頭、銀橋を渡る安蘭けいの流し目を軽くもらえた気がした。

気がしただけで、こんなに嬉しいんか!!

うわーー2階席とは全然違う。

肉眼で見えるものがオペラグラスサイズ。

ひょえーーー

トウコさんは額に汗して、一つ一つの場面を丁寧にこなしていく。
あすかちゃんは、それにしっかりとついていく。
銀橋での二人の踊りとか、いいよな。いいコンビ。

遠めから見たほうが、見た目には綺麗な場面はたくさんあるけれど、
複数回見るんだったら、近い席と遠い席両方混ぜたい。

ホント、近くで見ると面白さの種類がガラっと変わる

歌舞伎もそうだし、宝塚もそうなんだなぁ。

宝塚と歌舞伎は、近くで見ることに価値がある
ってことを強く感じた観劇旅行。

とにかくいつもと比べ物にならないぐらいの近さに終始、ドキドキしっぱなし。
いやー面白かった!!

あ、初舞台生口上。
初大劇場で、初舞台生口上も見れた。
私も千葉からはるばるここまで来て、
すがすがしい気持ちでいっぱいですよ。(笑)
93期だと、ギリギリ私とタメの子とかもいるのかな?
音楽学校時代を含め逆算するのがめんどうなんだよな。
2年前が私18だから、いるか。
私とタメのジェンヌがいる期は89~93期になんのかな?
ま、どうでもいいや。

ここから未来のスターが出るんですよね。
宝塚の歴史を感じましたね。
頑張ってほしいな、93期。

<シークレットハンター-この世で俺に盗めぬものはない->

安蘭けいは英真なおきから生まれた!!

これだ。
これも近くで見たから、二度目だから気がつけた。
1回目見たとき隣のお姉さん達が、
ダゴベール(安蘭けい)の母登場シーンで笑ってた理由はこれなのか。
1回目見た時はわかんなかったからさ。

組長、強いなぁー

たぶん楽しんでるなぁ、母役を、くみちょは。
はしゃいでるもん。

ダゴベールの父:英真なおき
ダゴベールの母:英真なおき


・・・あー組長の配役表ホント面白い。

席が近いからっていうのもあるにはあるけど、2度見ても面白かった。
最後のシークレットを知ってから見ると、
マックス(涼紫央)のやけに冷静な対応も納得はできる。

この芝居に出てくる銃は、
物語上都合の良い場面でしか、殺傷能力を発揮しない、銃

皆殺しになると都合が悪いので、イグナシオ(和涼華)(あ、好きな芸名だよね)が、
一番やばそうなマシンガンをぶっ放しても、みんな無傷。

かと思えば、ダゴベールは簡単に撃たれ、
そしてその後、地味にジョエル(立樹遥)はジェニファー(遠野あすか)に撃たれる。
非常に目立たなく、銃を撃ち、そして見事肩に命中させるジェニファー。
なんか、普通に撃ったよね?
2時間ドラマとかだと、
「よ、よくも、しんいちを撃ったわね(落ちている銃を拾う)許さない・・・(銃を犯人に向けるが、途中で涙目で銃を手から離す。カラン。)」
とか、そんな感じじゃないですか。
そんな感じもなく、フツーに銃拾って、ただバーン!命中!みたいな。
危ないよ。
ダグが撃たれたから撃ったってのが理由だろうけど、
だったらもっと取り乱していいかと。
ジェニファーって、本当の王女だっけ?を護衛するために、
訓練受けてた子、ではないんだよね?

その銃の都合良さが、2度目にして気になった。

ま、ジェニファーはともかく、一番問題なのはイグナシオのマシンガンだよね。
ただイグナシオのキャラ付けとしては、マシンガンって小物はあってるんだけどね。
イグナシオの髪型、めちゃくちゃ格好良いよね。

イグナシオの姉さん的存在、マリア(南海まり)。
この子、麻乃佳世に似てる!!
1回目のショー見たとき、しいすずの桜の場面で、
農民の娘みたいな感じで出てきた時、
「あ、あの子ヨシコちゃんに似てて可愛い。」
と気になり、でも1回目のシークレットハンターの時には、
マリアが同じ人だとは気がつかず。
これ、我ながら鈍いんだけどさ。
で、2回目見たときに、やっと顔と名前一致。
あの役をつけられるってことは、もしや男前な娘役か。
星組の娘役気になる人、一人目に南海まり決定。

2度目にしてやっと、安蘭けいがくみちょから生まれたことに気がつけたし、
フィナーレだとね、花道を下級生がかけていくと、その風が当たるのね。
風ごときでオロオロできる、自分は幸せかもしれないです、もはや。

クンバクンバクンバクンバチェーロ~♪
では、斜めから見てるから真ん中の安蘭けいと上手の涼紫央が、
こう上手い具合に一度に見れて、美味しい席だった。
この男役総踊り、カッコイイよなー
第一、エル・クンバンチェロって曲が好きだし。
(91年のTMPでまりこさんと、ゆりちゃんが歌ってるの、聞いてから。)

れおんが研8(だよね?ノバボサで「えいてぃーふぁいぶ!」言ってんのが、この期だから。)だっていうのを知って、感心した。
研8で、あの男っぽさと色気出せれば将来有望。
もともと有望なんだろうけど、ホント有望。
良い意味で素顔と男役のイメージが違うなぁ、柚希礼音。(あ、この芸名も好き。)

ま、銃の話は、すぽっと頭から抜いて、
真ん中に立つトウコさんや、陽気なれおん、
ナルシスト入ったしいちゃん、ブレザーがやけに似合うすずみん、
2役を全力で楽しんでいる組長らがいる星組を楽しむ。

まだまだ知らない人ばかりだけど、
私が、星組好きなのはわかったので、月の次に力入れて、
勉強していきたいわ。



以上。旅行中観劇の感想でした。
クリックよろしくお願いします。

これから先、ちょこちょこ旅先で撮った写真もUPしよう。
恥を捨てて、大劇場とりまくりましたよ。
Comment
どっちにコメントしようと思ったけれど、こちらにコメント。
おそらくものすごく長いコメントになると思います、星担なので♪(いつからなったんだ~!?)(怖いな、ホント。笑)

まず、組長!私はのえるさんよりも好きかもしれません(笑)今回は父・母で笑い所が多いかも知れませんが、女役も素敵なんですよ~。歌も上手ですし。普通のショー(和物でなくて)で踊りもものすごいダンディーで、ついつい見入ってしまいます。

南海さんは、ヘイズコードで口紅の銘柄(?)を叫んで後ずさりしていた人です。(観ていないのでなんとも言えませんが…。)コメディーも出来て笑顔がチャーミングな方です。ヒロインやっても良いんですよ~。歌が上手なのですが、ソロあったのかな?

柚希さんは、本当にオーラありますよね。「陽」って感じで、いかにも星組のスターさん。私はそんなに身長が高くなくてもとにかく上手い人に惹かれるのですが、ちえさんも好きw(呆)

星組は本当に濃い人・目立つ人が多いと思います。特に中堅~ベテランが充実しすぎてます。面白いですよ♪あと、すずみんはブレザーが一番似合う男役さんだと思いますが、黒塗りすずみんも良いんですよ~。素敵ですw

…とまぁ語ってみました。すみません(汗)




★さおりさん★
あぁーユズキのキは希かぁ~訂正完了!
おっ、星担ですか。ったくお互い、いつ「担」なんていう単語も覚えたんだか。のえるさんより、星組長が好き…わかる気がするな。そういえばヘイズで、口紅の名前叫んでる子いましたね。そうか、あの子かぁー。今回の公演見ても、層の厚さ濃さ感じましたよ。月が割とあっさり系だから、濃いめ星はバランス的にもちょうど良い。(食べ物か!)すずみんは肌白いよね。それで黒塗り似合うのか…。目線はもらえなかったけど、見てたら好みの色気飛ばしててねぇ…(笑)やっぱ好きだわ。

管理者のみに表示