8/15 太王四神記ver.Ⅱ

2009年08月15日
2009年8月15日『太王四神記ver.Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』@東京宝塚劇場
<星組>


初日から一日明けて、見てきましたよ!
新生星組を!!

いつ凰稀さんが出てくるのか・・・
いつか、いつかとドキドキする緒月ファン。(笑)
出てきて、嬉しくてウルウルし、
トップであるちえちゃんと演技を交わす姿を見てウルウルし、
銀橋ソロで、普通に涙。

ずーっとテルキタを見てきた訳ではないけど、
でも、最後の最後で間に合って、組替え前最後のムラの千秋楽も見ることができた。
私の席から見て、一番印象に残ってるのは、
緒月氏の涙ではなく(オペラでも確認しきれずだったから)、
『君を愛してる』のラストで、づっくんの方から、ぐっちゃんに絡みに行ってた姿だ。
トントンッ!って肩叩いて、一緒になって笑顔でお祝い。
ありゃー可愛かった。

そんな贔屓と共に成長してきた(と思われる)凰稀さんのヨン・ホゲ。
最初はタムドクと親友同士。
自分が王になるなんてこと少しも考えてなかった。
でも王になるという意識が生まれた後、
それからの追い込まれていく様がなんとも・・・

ちえちゃんのタムドクはもう、紛れもなく王なんですよ。
存在が王様。
タムドクとしてもそうだし、柚希礼音としてもそう。

その事実をどんどん突きつけられて、
突きつけられる度に、険しく、ムキに、そして冷たくなっていくホゲ。

良い。
凰稀さん、良いよ。

立ち回りシーンとかで「ぅおおぉらぁぁぁ!!」的に、
吼える凰稀かなめって良いな。良いわ。
最初の無邪気なホゲも可愛くて好きだけど、
そこから終盤に向けてのギャップがね、たまらんよね。
ともみんには申し訳ないけど、サリャンが殺されて、
足に縋ってるのを一瞥して「っ触んな。」みたいなのとか、良いよね。

もうこれは雪組をガッツリ見るようになってから、
ずっと思っていたことだけど、凰稀かなめは心ある演技をする。
しないように思われそうだけど、かなり気持ち込める人だと。
ビジュアルも魅力だけど、
私はあのビジュアルを持ってして、きちんと気持ちを込めて演技しようとする、
そんな凰稀かなめだから好きなんですよ。

新天地星組で、パンッと新しいエネルギーを得て、
変わろう!って気持ちを持ってして、舞台に立ってるだろう、かなめ氏。
発散しているエネルギー量みたいなものが、増したんじゃないか?
って今日見ただけでも思う。
まだまだまだ2番手として、求められる事は多いけど、
でも、その増したエネルギーを感じられる事が、何より嬉しい。

古巣・雪組ファンとしても、
その雪組の同期ファンとしても、
んで、宝塚ファンとしても。

なんだかとっても親心というか、
暖かい気持ちでかなめちゃんの事を見てしまう。
雪組だけじゃなく、星組にもより想えるジェンヌが増えた!
それ幸せだ。

幸せだって思う分だけ、
もうかなめ氏が雪組じゃないんだって思うと寂しいよ。
でもやっぱりそれ以上に嬉しい。
マジで、「どうだ!!!!(自慢)」って感じだったもん。
どうぞ末永く星組の凰稀かなめをよろしくお願いいたします。

さてさて、柚希礼音さんのタムドクさんですよね。
タムドンは、ナチュラルボーンでタムドンだなぁ。
星組の王になるべく育てられた柚希礼音と、
チュシンの王になるべく育てられたタムドクとが、
私の中で面白いようにかぶる。

本当に大きくて、暖かくて、優しい人なんだけど、
なんていうか、結局、庶民の気持ちの本当の部分までは、理解できない。
理解できないっていうと冷たいかもしれないけど、でも、うん、そんな感じがする。
生きてきた世界が違うがための冷酷さ、みたいな。
私はそれが、柚希礼音の中にも、タムドクの中にも「ある」と思う。
「ある」ことが良いとか、悪いとかではなくね。

トップとしてとうこさんが居て、
2番手を務めてはいたけれど、埋められない学年差だったりがあって、
なんとなく萎縮していたんじゃないかな?っていう部分が、
自分がトップに、立場が変わった事で、解き放たれたような。
既に大物感があって、華やかだけど、
これからもっと色んな華を咲かせそうな期待感と勢いがある。

星組のこの期待感と勢い、若さは大きな魅力!
組全体を見るにしても、本当に楽しみ。

ねねちゃんはね、書庫の場面の演技にて、
段取りっぽさを感じてしまい、むむむとなり、あまりその後は気に留めず。

パンフレット買ってなくて、
星組お気に入りの汐月君がどこにいるのか、フィナーレまでわからず。
ずっと探してたんだけどなぁ。
部族の息子の緑って違うかな?
死んでしまった姿でしか確認してないのが、口惜しい。

みやるりのスジニは上手いし、可愛いし、良い感じだけど、
みやるりのガッツリ男役が見たいよー。
デコと美貌を見てかしげさんを思い出す。
なんで、星は真風ばかりで、ガッツか、みやるりに新公主演やらせないんだよ。
真風はまだまだ機会あるじゃないか。

真風君のチョロにもほんのりと段取り感。
でもやっぱりあの姿形は舞台で目立つなぁ。
(めおちゃんのチョロを今もう一度見てみたいw)
これからも日々、ガンバレー。

あかしのコ将軍。
噂通り格好良い。
でも一番は、玄武じゃん!?
あの黒髪オールバックには弱いわー。
86期が色んな所で重要な役割を任されていて、嬉しい。
華美ゆうかちゃんとかもねぇ。

あと私はどいちゃんが好きで。
どいちゃんのダンスが好きで。
それこそ玄武とか、どこ見ていいのかサッパリ状態になりましたよ。
すずみんも見たいし、あーでも、あかしも気になり、
ってか、どいちゃんどこ!?ベニーもどこにいんねん!!
みたいな、オペラが忙しいです。

紅はあの役、可もなく不可もなくだったかなぁ。
素のキャラからして、想像しやすい役柄ではあったので。

とまぁ、こんな感じで、これから週1ぐらいのまったりしたペースで、
星組さんを楽しんで行きたいと思います。
Comment
No title
もうね、親心で見ちゃう気持ちめっちゃわかります。「どうよ、うちの相方!」って感じで胸張って。凰稀さん、かっこよかったもん。
あと、私もどいちゃん好きです。玄武はほぼどいちゃん見てました。
星組さん見る楽しみもできてうれしい。
もうすぐ緒月さんに会えるのはもっと嬉しい(^o^)
No title
あ~・・・・私の思ってることすべて書いてくださって、嬉しい。
自分のブログでは上手く書けないんですよ・・・「なんで~?>自分」状態です。
確かにエネルギーは強く出てました。あの雄叫びも凄い。今までにないかなめ氏でした。
それに戸惑ってる自分かもです。
初日に劇場内で会ったかなめ氏以外のファンの方が皆、よかったと言ってくれて、嬉しかった。
No title
★risuさん★
ホント「どうよ!」気分になりますよね。
ソロモンでとなみさん挟んで銀橋渡ってた姿とか、
凍てついた~とか色々思い出しつつ、最終的に「どうよ!」って。(笑)

本当に玄武はどこを見たら良いのかわからなくなって、
オペラが右往左往しましたww
私も次はどいちゃんのみに注目しようかな。
花の時は迷わず、まっつでいけたんですけど、星は迷います。
凰稀さんいないから、余計にw

★kaoriyaさん★
ブログ覗かせていただいても、ほんのり迷走してますよねw?

>それに戸惑ってる自分かもです。

戸惑う、かぁ~。
私の中には戸惑いってのはなかったかなぁ。
ただ今までと違う、変わろうとしてる、変わった。
っていうのは感じて、頼もしく思ったし、でも変わっていくのがちょっと寂しくて・・・
みたいな、そんな気持ちはあったかもしれません。
「遠くに行かないで~!」みたいな。(笑)
あーでも、確かに遠くに行っちゃった感はあったかも。
視点が緒月だからなんですかね、コレ。

管理者のみに表示