スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30 オペラ・ド・マランドロ

2009年08月01日
2009年7月30日『オペラ・ド・マランドロ』@東京芸術劇場

脚本:鈴木勝秀
演出:荻田浩一
出演:別所哲也/マルシア/石川梨華/東山義久(DIAMOND☆DOGS)田中ロウマ
   DIAMOND☆DOGS(森新吾・小寺利光・原知宏・中塚皓平・咲山類・TAKA)
   野島直人/小此木麻里/岡本茜/荒木里佳/JuNGLE
   小林勝也/杜けあき/石井一孝


気がつけば2日連続でミュージカル。
でも、こっちは見ていて恥ずかしくないのはなんでだろう。
同じようにいきなり歌って、踊って・・・
が成立している世界なのに、しっくりくるといえば、そう。

アンサンブルのテンションというか、
雰囲気も関係してるんだろうな。

見ていて、

あ~私の中の荻田浩一テイストってのは、
それなりに確立されてるんだ!

ってのを実感。

だからこそ存在する相反するもの。
権力者と雇われる者たち。
遊びと本気。
正義と悪。
その土地の不安定さと相まって、
全てがシーソーのように揺れる。

その間に立つ、おかまちゃん。(中性)
男でも女でもないから、彼?彼女?だけ、
何にも、誰にでも捕らわれてない感じ。
その代わり、相反するものと深く、深く関わることもない、っていうか。

オギーだなぁ。
もっともっと、自分自身が鋭い時に見ていたら、
もっと色々感じ取れて、それはもう、また更に面白かったと思う。

本筋が行われている時に、
そこに関わる人を、すっと舞台奥を上から下へ歩かせたり、
「今行われている行為のその裏に、この人がいるんだよ。」
って匂わせる演出。憎いなーと思う。
やり過ぎるとしつこくなると思うんだけど、そんなこともなく気にならず。

あ、イケコ先生が見に来てた。
やっぱり気になるのかな、荻田浩一がさ。

オギー、このままもっともっと有名になってくれないかな。
日本のミュージカルを、ショーを代表する演出家になってくれないかな。
オギーはこれからそうなっていくべき人だと、私は思っております。

宝塚に居た期間はその為に必要な期間だったと思う時もきっとくる。
冒頭は簡単なショーシーンから始まるんだけど、
『タランテラ』の中詰めみたいな、白いスーツで、中、原色系のシャツでさ~
色合いといい見せ方といい、宝塚に通じるものがあって、格好良かったんだよなぁ
ラストもサンバで締めて、ちょっとフィナーレチックに。

この盛り上げ、騒がし技術は外でも充分使える!!
これは良さ、だ!!

劇中劇という形で物語が進むのに、
そこからリアルが垣間見れてしまうという二重構造な展開も、
これまた荻田チックで良い。

別所さんは軽い色男。
石井さんと並ぶと、見栄えがして、二人ともとってもカッコイイ。
石川リカは、石川リカでした。一人アイドル。
マルシアと並ぶと食われるんじゃないかと(色んな意味で)、ドキドキ。
舞台で見るマルシアはエネルギッシュな良い女優さんだー。

小林さんとカリンチョさんの夫婦が、重い部分背負いながらも、
一貫してコミカルでステキ。
もう見るたびに、良い女優だ!!と一回は言いたくなる杜けあき様っ。
彼女に贔屓が声褒められただけでも、嬉しく思う。
もうカリンチョさん、すげー素敵!すげー素敵!すげー変な頭!

存在が可愛いのに、締める所はきちんと締めてくれるし、
もってくとこは、もってくし、でも引き際も知っているし・・・はぁ~
現役男役だった時の映像をチラっと見ても、全く惹かれない人であったのに、
女優の杜けあきさんには惹かれます。

踊ってても、歌ってても、必ずカリンチョさんを目で追う。
安寿ミラを見る時と同じような状態に陥ってるぞ。
カーテンコールとか、仕草が可愛いから、また見ちゃうんだよ。
安心して「好き」っていえる女優さんがOGで、ヅカファンとしても幸せ。

誰が誰だかわからないものの、DIAMOND☆DOGSの面々が、
芝居に、歌に、ダンス!と場面を盛り上げてくれ、
見た目にも楽しめるミュージカルに。

舞台美術良いよ!
二村周作氏じゃなかったけ?また。
チラシどっかいっちゃったから、わからないけど。
汚すのが上手い人なんじゃないかな、っていっつも思う。
リアルな汚れ方。
全体のバランスも、格好良いし。

お誘いいただいて、見に行くことができた、『オペラ・ド・マランドロ』。
芸達者な役者さんたちと、その役者さんを動かす荻田浩一の演出。
楽しめましたよん。

オギー、応援してる。
アレルギー反応の出ない、
最高にカッコイイ、でも痛くて、哀しくて、でもだからこそ楽しい、
ミュージカルと、ショーを、
これから、もっともっと増やしてやってください。
Comment
No title
>女優の杜けあきさんには惹かれます。

男役時代の映像にはまることはなかったんですが、
(あ、歌はちょっと好きかも、って思ってた)
めっちゃ素敵な女優さんだぁ~って観るたんびに思いますね。
変な頭なのに、髪型だけが目立ったりしないとこがステキ。
変な頭に負けてない!!(笑)

小此木麻里ちゃんが好きです。

石井一孝も好きです。
あれでもうちょい薄い顔だったらなぁー。(←失礼)

なんか、うまく言えないんですけど、オギーだなーって思いました。
オギーだなーって思って、それがすごく嬉しかったです。
No title
★青瑪瑙さん★
あ、青瑪瑙氏も男役時代の映像にはあまり興味は持たず・・・ですか。
なんだか、女優・杜けあきはふんわり力が抜けた感じがして、毎回良いなぁ~って思います。
変な気負いがなくて、自由に楽しんでる感じが好き!

こう思っちゃうのは自分がヅカファンだから・・・ってのもあるとは思いますが、
でも良いなと思える女優さんがOGで、嬉しい限り。

石井さん、私、きちんとあの人が石井一孝ってわかるようになったの、最近ですよー。
クリエの『デュエット』でやっとw
絶対何かしてくれる人だ!みたいな安心感がある。

『渋谷アリス』の時もオギーだ!!って思えたのが嬉しくて、
んでやっぱり今回もオギーだなって思えて、私も嬉しかったです。
話もですが、オープニング辺りのちょっとショー的な演出も、あれオギーっぽかったですよね。
また『渋谷アリス』みたいなショーが見たいなー

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。