スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/5 薔薇に降る雨/Amourそれは・・・

2009年07月06日
sayonara

2009年7月5日『薔薇に降る雨/Amourそれは・・・』@六本木TOHOシネマズ

終わりました。

不思議と陽月華が宝塚を卒業した。
って実感は、まだなんとなくではあるけれど、でもある。
だけど、大和悠河が宝塚を卒業した。
って実感。

これ、実感する日、来るんだろうか。

大和悠河だよ?
大和悠河。
あのタニちゃんが、タニオカが、ゆーが様が。

私なんて宝塚実際に見始めてホント間もない訳だけど、
でも、昔からずっと見てきたような、そんな気がするのがタニで。

私がヅカファンになったのは、ギリギリ繋いでくれる人たちが、
今、スターとして活躍していてくれたからだ。

何度も書いているように、私の宝塚は久世星佳から始まってる。
その時代の下級生、ミズ、ゆーひ、タニ。
更に見始めた頃には、嘉月絵理だとか、美郷真也、
あと専科の汝鳥さんだとか、邦さん、マヤさん・・・
ここを頼りに現役ヅカファンになった。

この人たちが今と昔とを繋いでくれていなかったら、
ここまで宝塚にハマらなかったかもしれない。
「かもしれない」だからわからないけれど、
でも、10年前下級生だった生徒が10年経ってスターになる、組を支える立場になる、
そういう宝塚の成長を見る面白さを、わかり易く私に教えてくれたのが、
それこそ、水夏希、大空祐飛、大和悠河。

専科のお姉さま方は、脈々と続く宝塚の、
変わらない良さを教えてくれた。

そのタニちゃんが、卒業してしまった。

なんだか時間の流れが早過ぎて、ファンとして付いていけていない気がしちゃう。
でも、タニはキラッキラしていて、全く悔いはなさそうで・・・
いわゆる退団オーラ出してるタニちゃんを見ると、
付いていけてないのに、卒業の事実が迫ってくる。

はやっ、早いっての!

前回の雪組では白羽ゆりを、前々回、星組では安蘭けい・遠野あすかを、
見送ったばかりなのに、また見送らなくちゃいけない。
余韻に浸る余裕もなく、どんどん別れが・・・
これ1ヶ月公演なのも関係あるのかな?

本当に余裕がない、気持ちが付いていかない!

私がそこまでヅカファンじゃなかったからなのかな?
わたるさん、コムさんとかの時期のが、
落ち着いていたような気がしないでもないんだけどなぁ。

やっぱり私は陽月華の演技が大好きだった。
7年前のイヴェットと今現在のイヴェット。
その変化をしっかりと見せてくれたウメ。

みっちゃんが、ウメちゃんとの芝居の時、泣いていた。
つーっと左の頬に涙がつたっているのが、大きなスクリーンに映った。

無鉄砲に生きるんじゃなく、
自分の居る場所、居るべき場所で最善を尽くして生きる。
思い通りにいかないことだらけだけど、
それでも、自分のやるべきことを果たそうとする。
そんなイヴェットの姿を見て、フランシスは一回りも、二回りも大きくなって・・・
素敵だったなぁ、イヴェットな陽月華。

夜会の時、白いドレスで現われるイヴェット。
息を呑む美しさとはまさに!
画面いっぱいに真っ白なウメ。
芝居の雰囲気的にもそうなんだけど、
でも、その美しさをスッとした空気で見つめる客席。

陽月華が好きだから、これからも彼女を、
なんらかの形で見続けていたい。
今まで出会った娘役で一番好きだ、ウメちゃんが!

中継後、なんとなく袴姿も見て、卒業を実感しようと日比谷に行ってきました。
それなりに退団者の姿も見れ・・・
もう、陽月さんらしくて、たまらなかったのが、
タニオカーを目撃した際の、陽月さんですよw

結構前から通りにはキラキラゴージャスなタニオカーが止まっていて、
ウメより前に出た下級生も全員、その車見てるはずなんだけど、
特に反応はなく。

だけど、ウメはウメだった。

帝国側の横断歩道を渡ろうとしたら、目に入ってきたキラキラの車。
余りの凄さに、

(・・・えっ、えぇ!?すごっっ!!)

って感じで2度見した、あの人。(笑)

ナチュラル過ぎな反応をした陽月氏のこと、やっぱり好きだと思った瞬間。

大階段を降りてきた後の挨拶も、
宝塚に対する愛がいっぱい伝わってきて、泣けた。
で、もう千秋楽も終わってしまいましたが、
これだけはもう一度言っておきたい。

なんで、腹に布あるのか!と。

フロリダ?の場面の陽月さんが猛烈に好きなんだけどねぇー
腹の布がねぇー邪魔。
あの男前さが、本当にめちゃくちゃ格好良くて大好きだった。

『Amourそれは・・・』、これ見てて『ル・ポァゾン』思い出して。
ル・ポァゾンも、途中王子様とお姫様のメルヘンチックな場面とかあったりして、
で、また格好良いシーンが入って・・・
みたいな、そんな流れで、とにかく思い出した。
ロマンチックレビュー。

そうだ、最後に流れた曲がフォエバータカラヅカ、でした。
フォーエバータカラヅカ、宝塚が永遠でありますように。
陽月華の願い。
私も一緒に願う。

トップ娘役なんて、私らファンから見たら、遠い遠い立場に居る人だったのに、
ウメの「宝塚が好き」って気持ちは、なんだか私たちにとても近いような気がして、
それがすっごく嬉しかった。

なんか、このまま書いても書いても、陽月華の話になりそーだな。(笑)

無理矢理終わらそ。

退団したみんなが幸せならそれで良し。
これからのみんなの人生にも幸あれ。
そして宝塚が永遠でありますように。
Comment
星奈のゆりりんだけは、いつもナマ腹見せてましたね。
なんで彼女だけだったのか謎。ダンサーとしての、こだわりがあったんだろうか。
布があるのは、たぶん早替えしやすい~とか、裏事情があるんだろうな~と思ってるんですが。
No title
★ぷらむさん★
久しぶりにコメントいただいたのに、生腹ネタ。(笑)
いやいや、ありがとうございます。

確かに、星奈さん、ダル湖で生腹!のイメージあります。

確かに布で上下繋がってた方が、早替わりはし易そうかも。
でも、陽月華の生腹拝みたかったです~
もう、猛烈に格好良かった!あそこのウメちゃんは!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。