スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AQUA5コン、小ネタ集2

2009年06月13日
AQUA5コン、小ネタ集2。

・初日のお客さんは、とりあえず探り、探り。

・先輩「もっとキャー!とか言ってくれるかと思ってた。」

・少々、不満げ。

・いや!こっちはどの程度盛り上がっていいのか、探ってたの!
 マジ、ごめん!先輩!!

・(明日頑張る!!)
 との客席の声に「ホント?(笑)」みたいな、嬉しげ水先輩。

・翌日。中日。友会優先公演。
 初っ端、凰稀さんから映像がスクリーンに出るんだけど、
 そこから(キャー!!)

・初日はそれもなかったんだ。

・トリのチカさんでは、更に、
 (キャーー!!!!)

・「昨日、もっと盛り上がるのかと思った。とか言ったのを、
  昨日居たお客さんから聞いたのか、それとも昨日も居たのかw、
 今日のお客さん、凄いっっ!!!!大丈夫!?最初から?」
 
・「辛くなったら、こう『く、苦しい・・・』みたいな、
  ジェスチャーでアピールしてください?あとしゃがむとか・・・(キム)」
 「しゃがんだら、見えないから。(水)」

・↑冷静。

・ということで、中日はテンション高く盛り上がりました。
 今日は友会優先公演ということで、先輩から、

・「今日は友の会優先公演なんですよね?みんな会員?うん、うん・・・・
  友会最高ーーーー!!!!

・まさかの友会略し。
 ゆみこさんんも「と、ともかい、って言っちゃいましたね?!」みたいな、
 反応してた気がする。

・「いや、いつもは、『宝塚友の会、会員のみなさま~・・・』とかそんな感じだからさw」

・「友会最高!!!!」って言われてキャー!!って盛り上がる、
  客も、客だよな、って思うけど(笑)、その辺ノリで、本当ノリで。

・ひろみちゃんは終盤のトークになると、一人で上手端に移動して行って、
 ちょっと前に出て、上手のお客さんとまったり交流し始める。

・初日は作ってきたうちわを手渡して受け取って、
 「うわーすごいねぇ。ありがとー」みたいな。

・それを見つけたチカさん、
 「何、もらったの?見せてもらってるだけ?
 ・・・奪わない!何奪ってんの!!
(オネェ)」

・奪わない。って(笑)

・楽もやっぱり上手にふら~っと寄って、お客さんとまったりし始めるひろみちゃん。
 真ん中の方で先輩たち喋ってるのに、ふら~っと寄ってく。
 そこが可愛い、彩那音。

「プチトークするのやめてっ!端の方で!!」

・また先輩からツッコミ。(笑)
 まったくもう、すぐ寄っていくんだから。
 すぐ、勝手にまったりしちゃうんだから。
 みたいな。

・の、くせして、給水タイムでは、上級生、ひろみちゃんに全部説明まる投げ。
 『水飲んでるから、ひろみ、説明しといて。うたばんの事とか。』
 みたいな。
 ヘッドマイクをひょいと上に上げて、喋りませんからね~アピール。

・そんなまる投げ上級生の態度に、
 「え、え!?え、(笑)」とオロオロしてるのが、また可愛い彩那音。

・でも最終的にはしっかり喋ります、彩那音。

・更に喋るの我慢できなくて、喋りだします水夏希。

・というAQUA5の面々。

・初日かな?最後のトークの時はAQUA5うちわをみんなが持って出てきた。
 キムさん曰く「まろやかな風が来る」うちわ。

・うちわを持った水夏希ってのが、また面白かった。
 喋りながらフツーに自分のこと仰いで、
 「いや、だからさぁ~」みたいな、おねぇトーク全開。
 更にはうちわで、自分の肩、トントン叩きながら喋り出して・・・
 夢見るヅカファンの前ってこと、全く意識なし。
 ただ、ただ水夏希。

・いや、ウチのトップさん、どんだけフリーダムですか、っていう。

・いや、だから好きなんですけどね。

・千秋楽は自らおねぇであることを認めた先輩。
 ここはネタとして外せない。
 どれだけチカさん達と客席とが近かったか、っていう証明ですよ。
 客席からチカさんに向けてすげぇ声が・・・

(おねぇ~!!!!)

・って。(爆)

・さすがに一瞬、良く先輩がする面食らった表情になったけど、
 周りもちょっとビックリはしてたけど、
 でも、本当にご機嫌さんだから、何言われても、
 この人、笑いに変換していったから・・・

「ちょっとぉ~!(笑)
 トップ男役に向って、おねぇって言ったなぁ!?」
 

・(爆笑)

・「・・・ん、でも、いいよ。もう好きに呼びな。」

・優しくて、面白くて、最高に男前なチカさん。

・ゆみこさんとか「いや~懐が深い。」「さすがですね。」口々に褒める。

・まんざらでもない、夏男さん。

・そういやたまにみんなテルのこと、「テルオ」、「テルオ」って言ってたのが、
 可愛かったなぁ。

・トークのまったりタイムの時、
 キムさんが、いきなり左腕の力瘤を披露。
 いわゆる、上腕二頭筋。

・「何してんの、キム。」
 「いや、上腕二頭筋見せて!って書いてあったから。」

うちわ作った人、GJ!!!!
 応えたキムラさんGJ!!!!

・まったりの延長で、キムさんに向って、お客さんが
 (大好き~!!)とか言ったのかな?

・ニコっとして、「大好きっ」って返事したんだけど、
 その後、めっちゃくちゃに照れて、夏希さんの後ろに隠れたキムさんが、
 めっちゃくちゃに可愛かったです。

・「あら、ごめんなさいねぇ、隠れちゃって。」
 と、おねぇフォローを先輩がしていた気がする。

・クラブのママっぽいのかな、チカさんは。
 しかもそんなに高級じゃないクラブのママ、みたいな。
 どうしよう、トップさんがママって。(笑)

・私、実は、初日・中日・千秋楽とゆみこさんの「永遠に」で、
 泣きそうになっておりました。
 その後の水さんの「たったひとつのHistory」もヤバくて。

・「永遠に」は

 今 あなたのそばに ただ あなたのために
 ずっと 二人の愛を 抱きしめられたら もう 離さない

 とかの歌詞が特にダメで、
 しかもゆみこさん、こういう歌詞の時に、
 すっごい優しい表情で、たくさんの「ありがとう」が詰まった表情で、
 お客さんを見てくれていて、遠かったけど、
 でもその姿見て、歌を聞いてるだけで、気持ちがいっぱい伝わってきて、
 ダメでした・・・泣きます。
 また、当たり前だけど、彩吹真央は歌が上手いから。
 とうこさんが居なくなった今、路線一番の歌手じゃないの?ゆみこさんが。

・先輩に気を取られて忘れがちだけど、3番手の音月桂も、
 ここのところ、更に歌唱力が増している気がするので、
 雪組、実はかなり歌える組のような。ってか、歌えるよ、未来優希100人力。

・レイチェルの高音も無理なく出せる、音月桂だからなぁ。

・晴華みどりもいます。

・チカさんの「たったひとつのHistory」は水夏希の今までが詰まってるようで・・・
 
 信じてくれるその眼差しが 背中を押してくれた

 ってところでまたね、この人も、優しくお客さんを見てくれて。

・あんな顔されたらさ、そりゃこれからも信じてついてくから!
 ってなる。ならなきゃおかしい。

・コンサートが終わりに近づくと、
 「もう二度と出てこないからね。」
 とお客さんに念を押す、水さん。

・(えぇーーーー!!!!)

・の大反対に触れ、
 「・・・いや、出てくるかもしれないけどぉ~(笑)」

・とすぐ変わり身。
 「はやっ。(笑)」と隣の関西人に突っ込まれ、また笑いを誘う。

・アンコール、歓声と共に出てくると、

「歓声には応えずにいられないっっ!!」

・と超ご機嫌な先輩。
 大劇場の公演では、
 こうやってダイレクトに歓声で思いを伝えることってなかなか難しいけど、
 でも、コンサートの時と同じ気持ちで、雪組の舞台を見て、
 盛り上げていきたいと心から思う。
 水さんは、それを大切に思ってくれる人で、
 大切にしたい、って言葉にしてくれる人だから、特に。

・大劇場も盛り上げようの一環で、
 劇場のお姉さん目くらまし、の提案が、水夏希ご本人様から出ました。

・リオ・デ・ブラボーはとにかく盛り上がるショーにしたいと話し合っている、
 水先輩とサイトー君。

・「こっちがサンバー!!って言ったら、お客さんもサンバッ!!って返すとかさ」
 「いやいや、でも劇場のお姉さんに怒られちゃいますから。」
 「えーそっかぁ、面白いのに~あ、じゃあさぁ、スッて戻るの。
  一瞬、キャー!ってするんだけど、スッて戻って(姿勢とか表情も正す)、
  お姉さんが間に合わないぐらいでさ、で、見られても『なにか?』って。
  あと、こっちで盛り上がって、と、思ったら、あっちで、とかさ、ポツポツやれば、
  お姉さんも注意できないよ。(ひろみちゃんが右往左往するお姉さんの真似。笑)
  で最終的には、お姉さんも諦めて、一緒にやってもらう。」

それで行きましょう。

・リオブラ盛り上がりそうだから、全ツ組がいいなぁ。
 で、回れる範囲で一緒に回って、超盛り上がりたい~
 本公演もだけど、ここは地方だろう、更に盛り上がるなら。

・お金貯めよ。(決心)
 一緒にツアーしてくれる人、見つけよう。
 とりあえず、名古屋、名古屋。

・銀座に母に「婚期を逃した。」と言われた先輩とゆみこさん。

・「あれ、でもその部分放送されましたっけ?」(彩吹)
 「されてない?いや、したよー、だって次の日さ、
  会う人、会う人みんなに、『残念だったね』って言われたもん。(笑)」(水)
 「じゃあ、今日居るお客さんみなさんが、フィアンセということで」(音月)

 (キャーー!!)

 「・・・一夫多妻。」(水)

・ボソっと四字熟語みたいなの、しかも一夫多妻って挟む先輩が良い。

・ひろみちゃん、最後の感想の時に、
 「凄く楽しくて、幸せで、良い夢が見れそうです。今日の夢が見たい。」
 って。

「うん、良い夢だった!!」(ご満悦)
 「いやいやいや、夢じゃないですから!今日のお客さんもみんな。」
 「あーそうか、うん、夢みたいだった!」 

・基本、会話中で突っ込みというか、
 暴走に手を差し伸べて、押さえてるのは、彩吹さんです。
 暴走水、抑制彩吹の構図です。どの会話も。

・本当に、本当に、特に10日の千秋楽は、
 私にとっても夢みたいでした。
 現実だったけど、今思い返しても、あれは夢みたいな時間で。

 夢だけど、夢じゃなかった~!!!!

 さつきとメイになって叫びたい気分です、今もやっぱり。
 こんな気持ちになれて、本当に幸せ。

 宝塚好きになって、雪組好きになって、AQUA5も好きで、本当に良かったっ。

以上、こんなところで、小ネタ集終り。

Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。