スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/3 哀しみのコルドバ/Red Hot SeaⅡ

2009年05月04日
korudoba

2009年5月3日『哀しみのコルドバ/Red Hot SeaⅡ』@

作・演出・出演→こちら


余裕じゃなかっただろうに、
余裕綽々な顔してスキャットする、
未涼亜希を見に、市川へ。

まっつ、やっぱり好きだー。

そしてみわさん、久しぶりの男役。
なんだか随分長いこと、みわっちの男役姿を見ていなかった気がして、
「やっぱ、みわさんは男役でしょ!!」
と、嬉しく、わくわく。

誰が出てるのか良くわからず見に行った。
とりあえず、まっつはいる。ってのだけは知っている。ぐらいの状態。
で、芝居冒頭の群舞見てたら、
『めおちゃん、居んじゃん!!』
と、そこでまたテンションUP。

花組は『オグリ』と全ツに分かれてるわけだけど、
もの凄くめおみつるバウ『フィフティフィフティ』の印象が強くて、
めおちゃんはバウなんじゃないか?ってどうも思ってたっぽい。

めおちゃんの芝居の役が、またくさくって素敵でさー。
めおちゃんがやるから良いんだよね。
「私のところにはあなたが休むことができる、風や、林があります。」
的な台詞。
はずかし~。でもめおちゃんが言うと素敵~。

行くでしょ。
すぐ行くって言っちゃったら体裁取れないから、
とりあえず、その場では断るけど、私だったら絶対めおちゃんのところ行くね。
宝塚らしく、キュンとできました、真野さん。

コルドバは私、ビデオ持ってたかなー。
もってるような気もするんだけどなー。
キャラ的にゆう君よりも、ヤンさんの役だな。ってのはもの凄く感じた。

影と内に秘めた情熱が必要な役。

っていうか、影があった方が、何倍も格好良く見える役。
ヤンさんには影があったけど、ゆう君にはあまり影がない。
そこがちょっと物足りなかった。

ゆーひさんは、ヒゲ、マントでそこにいらっしゃるだけでも、私は嬉しい。
好きな顔だよなぁ、本当に好きな顔。

大空祐飛、未涼亜希、桜一花。

この辺、私の中の花組3大好きな顔ですよ。

天海祐希から宝塚に入っているので、
TCAとかでかな?ヤンさんが歌うエル・アモールも聞いたことがあって、
「あ、この曲か!!」
と。まぁ、ヤンさんのコルドバを見てた訳じゃないんだけど。

古さは感じつつも、でもそれなりに骨組みのしっかりした作品で、
なんだか、やっとまともな作品が見れたな。感があった。
あ、ぺは面白かったと思うけど、あれ一本物だしさ。
再演でも、割とまともな作品、と思ったらそれ全ツだし、宝塚わからん!

まぁくんとめぐむ。
どーも、めぐむの立ち位置というかが緒月さんとかぶり・・・
今回、芝居で二人一緒に居ることが多かったから余計に。
路線の長身美形カテゴリーさんと、
路線外長身個性的に男臭くカテゴリーさんで・・・
あの二人、並べてみたら面白いかも?とか思ったんだけど、ダメか。

ポジションがかぶるからなのか、
扇めぐむ、気にしちゃうかも。
ぺの時も、気になった。
頑張ろうね。(笑)

遅ればせながらショーでしゅん君とだいもんが居ることに気が付き・・・

にしても、Red Hot Seaは面白いわ~!!
これで全ツ回るのは、人数少なくても賑やかさMAXで、
とてもとても楽しんでもらえるんじゃないだろうか。

大空さんが、ところところでスターオーラ出しまくってて、キラキラで、
イケメンで、オラオラしていて、
嬉しくて涙が・・・
あの姿を真ん中で見ることができる?
嬉しくて涙が・・・

でもゆう君の下に居ることができた花組。
花組の大空祐飛も覚えておかなきゃいけないな、って思う。
良い空気感、感じるもん。
下級生トップに上級生2番手。
最初はやりづらそうだ・・・誰もが心配した関係なのに、
もう全くそんな心配は感じない。
良い雰囲気、花組も!(「も」って言いたい雪ファン。笑)

ショーはもう、終始楽しく。

あの、妖精みわっちと、めおまぁ君、3人のシーン。
あそこでみわっちのピンマイクが取れちゃったかなんかで、
音拾いづらくなってて・・・
途中から、ピンマイクを普通のマイクっぽく持って歌いだしたみわっちが、
めちゃくちゃ可愛かった!!
はける寸前に「ごめんねっ☆」
って謝っていって、尚更可愛い、みわさん。

まっつが向ける最大の笑顔は、まとぶさんが相手。
客席に向けて、あんな笑顔見せない。
って顔をまとぶさんになら見せるまっつがツボ。
あと、壮くんがやってた、悪役をまっつが!?

悪ぶってたから悪く見えたけど、
銃で撃っちゃった後が激弱でした。
壮くんの持つナチュラルな悪役感みたいなのはなく、
人を殺してしまった事実に一瞬にして怯えてたような。
ヒジョーにまっつらしい。

まっつ話で芝居に戻ると、まっつが演じてた役はプレイボーイなんだねー。
それも、「っぽく」見せてしまう、未涼さんが好きですよ。
ゆまちゃんの頬を、手で包み込んだりしてて、
『ひゃーーーー』です、私。
まっつのくせに、生意気なっっっ!!!!
(↑ドキっとしたのが悔しかったらしい)

まっつの歌声から始まる芝居も嬉しいですね。
落ち着きます、まっつさんの声。

うん、行って良かった!花組全ツ。

パレードがデニムじゃなくて残念ではあったけれども~
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。